Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7095「達陀帽いだかせ」

3月15日のNHKのお昼のニュースの関西ローカル(大阪局発)で、お水取りが終わったばかりの奈良・東大寺二月堂で、

「達陀帽いだかせ」

という行事を紹介していました。「達陀帽」は、

「だったんぼう」

と読むそうです。看護師の「戴帽式」のようなものかな?

赤ちゃんに「達陀帽」を被せると元気育つという行事だそうで、

「泣き相撲」

みたいなものかなあ。

この「だったん」「達陀」と書くようですが、一般的には、

「韃靼」

と書く「だったん」のことですよね。

「だったん」と聞いて思い出すのは、やはりボロディン作曲のオペラ「イーゴリ公」から、

「韃靼人の踊り」

と、大阪府堺市の三国丘高校出身の詩人「安西冬衛」の「春」と題した短い詩、

「てふてふが一匹 韃靼海峡を 渡って行った」

ですよね。

「韃靼人」で検索してみたら「タタール」が出て来ました(「韃靼人」から転送と)

それによると、

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

タタール(Tatar)は、北アジアのモンゴル高原とシベリアとカザフステップから東ヨーロッパのリトアニアにかけての幅広い地域にかけて活動したモンゴル系、テュルク系、ツングース系およびサモエード系とフィン=ウゴル系の一部など様々な民族を指す語として様々な人々によって用いられてきた民族総称である。日本では、中国から伝わった韃靼(だったん)という表記も用いてきた」

だったん、だそうです。

ということは、奈良の東大寺では当時この「達陀帽」は、

「シルクロードを通って達陀(韃靼・タタール)から伝わって来た舶来もの」

だったん、だな!と、ちょっと驚いたのですが、

「正倉院の宝物」

もシルクロード経由なのですから、特に驚くには当たらないのかもしれません。

と、これをここまで書いた翌日、たまたま「ワイン会」があって、そこで出された料理に、

「タルタル風」

の物がありました。そう、

「タルタルソースのタルタル」

です。

「この『タルタル』は『タタール=韃靼』から来ているのですよね?」

とレストランのソムリエの方に伺ったら、

「ちょっと不勉強で・・・シェフに聞いてまいります」

と一旦、厨房に下がってから、戻って来て、

「おっしゃる通りです。タタールでは『馬の肉』を使ったそうですが。」

とのことでした。

「韃靼」「タタール」「タルタル」

に触れることができた週末でした。

(2019、3、20)

2019年3月21日 19:48 | コメント (0)

新・ことば事情

7094「『別居婚』のアクセント」

3月17日、ロックミュージシャン・俳優の内田裕也さんが亡くなりました。79歳でした。去年9月に亡くなった妻の女優・樹木希林さん(75)の後を追うように・・・。

それをお伝えした3月18日の「ミヤネ屋」で、放送前にナレーター松尾さんから、内田裕也・樹木希林夫妻が取っていた結婚スタイルである、

「別居婚」

のアクセントについて質問を受けました。

「『別居婚』のアクセントは、『中高アクセント』の『ベッ/キョ\コン』でしょうか?それとも『平板アクセント』で『ベッ/キョコン』でしょうか?」

これに対して私はこう答えました。

「これもどちらもあると思いますが、そもそもは、『別居(ベ/ッキョ)』と『婚(コ\ン)』がくっついてできた言葉なので、最初はその2つの意味を際立たせるために『中高アクセント』で、

『ベッ/キョコ\ン』

だったと思います。それが『できちゃった婚』のように複合語が『1語』として広く認識されるようになると『平板アクセント』に変わります。しかし『別居婚』は、それほど一般的ではないですから、『中高アクセント』の、

『ベ/ッキョ\コン』

で良いと思います。」

と答えて、そのように放送されました。

合掌。

(2019、3、19)

2019年3月19日 18:55 | コメント (0)

新・ことば事情

7093「『裕也さん』のアクセント」

3月17日、ロックミュージシャン・俳優の内田裕也さんが亡くなりました。79歳でした。去年9月に亡くなった妻の女優・樹木希林さん(75)の後を追うように・・・。

それをお伝えした3月18日の「ミヤネ屋」で、放送前にナレーター藤田さんから質問を受けました。

「内田裕也さん、『裕也さん』というのは、『頭高アクセント』 で『ユ\ーヤサン』でしょうか?それとも『平板アクセント』で『ユ/ーヤサン』でしょうか?」

そこで私は、こう答えました。

「一般的には『頭高アクセント』の、

『ユ\ーヤサン』

でOKです。内田裕也さんに近しい人たちの間では、『平板アクセント』で、

『ユ/ーヤサン』

と言うでしょうが、それとは区別しても大丈夫です。」

ということで、「ミヤネ屋」ではVTRのナレーションは、

『ユ\ーヤサン』

になりました。

合掌。

(2019、3、,19)

2019年3月19日 18:47 | コメント (0)

新・ことば事情

7092「正義としつけ」

このところ報道が続く「虐待事件」。悲しさと怒りが同時に湧き起こります。

特に、虐待をしていた親が、

「しつけのつもりだった」

と言うのを聞くと「アホか!」と怒りが湧き上がるのですが、ある時、ハタと思いつきました。

「『正義』と『しつけ』は同じである」

と。どちらも、

「自分は正しい」

と思っており、

「相手が自分の言うことを聞かない場合には、それを通すためには暴力を使うこともやむをえない」

と考えます。

国家にとっての「暴力」は「軍事力」であり、「軍隊」や「警察力」は、マックス・ウェーバーによると、

「暴力装置」

と呼ばれますよね。「自衛隊」も、まさにそれに当たるのですが、以前そう言ったらメチャクチャ批判を受けた国会議員がいましたが(この間、亡くなりましたね。合掌)、あれは批判する方が勉強不足だったのでしょうね。

「国家」を守るために許されている「暴力」というものが、各国には存在します。もちろんそれが、恣意的に使われたり、暴走しないように、

「シビリアン・コントロール」

がブレーキになるのですね。

そして、ひとたびその目を「国家」から「個人」の「家庭」に移すと、「家庭における正義」の一つが、

「しつけ」

なのではないでしょうか?

「正義」というものは、「家庭」や「学校」「会社」などでの「教育」において伝えられ、学ばれます。

その「教育」が、「シビリアン・コントロールなし」に「暴力」を使って行われてはいけないのですが、なかなかそのことが理解されていないということが、一番の問題だと思います。

(2019、3、14)

2019年3月15日 12:44 | コメント (0)

新・ことば事情

7091「かみたばこ」

3月14日の日本テレビ「スッキリ」の「平成を振り返るシリーズ」で、

「たばこ」「喫煙・禁煙」

を取り上げていて、なかなか興味深いものでした。「平成」に入ってからもまだ「たばこ」を吸う人は多数派だったんだなあと。「国会」でも審議中に吸っていたんですね、分煙もせずに。「平成」も終わろうとしている現在からは、考えられないような・・・。

VTRからスタジオに降りると、

「加藤浩次 禁煙まで あと44日」

という文字が。司会で愛煙家の加藤さんは以前、

「50歳の誕生日を迎えたら禁煙する」

と、見栄を切ったみたいなんですね。その誕生日、すなわち「禁煙決行」まで44日・・・。「平成」の終わりまで、あと48日。

そこで往生際の悪い加藤さんは、日テレの森圭介アナウンサーに向かって

「ねえ森くん、ニコチンとかタールのないやつ、吸ってるよな。」

と話を振ると、森アナウンサーは、加藤さんに、

「きのう加藤さん、『かみたばこ』は、吸っていませんでしたよね。」

と相槌を打ちました。しかしこの、

「かみたばこ」

に引っかかりました。

森アナウンサーは、加藤さんが最近は「加熱式たばこ」を吸っていて、

「紙巻きたばこ」

は吸っていないと言いたかったのでしょう。しかし「かみたばこ」と言うと、インドなどで吸って(噛んで)いる、

「噛みたばこ」

とイメージしてしまいます。ですからここは正確に、「巻き」を付けて、

「紙巻きたばこ」

と言った方が良かったのではないかなあ、と思いました。

「加熱式たばこ」は、

「熱を加える」

わけですが、そのたばこ本体を、

「くわ(咥)える」

ものでもありますね。同音異義語。

(2019、3、14)

2019年3月15日 12:44 | コメント (0)

新・読書日記 2019_036

『続・横道世之介』(吉田修一、中央公論新社:2019、2、25)

心温まる青春物語。

2012読書日記233『横道世之介』(吉田修一、文春文庫:2012、11、10)で読んで以来、7年ぶりかあ・・・。

前作は、長崎から上京してきた「大学生」の世之介の青春だったんだよね。

で、駅のホームで線路に転落した人を救おうとして亡くなった、と思っていたので、

「え?実は世之介、死んでなかったの?夢オチ?」

と思ったら、前作は「大学時代まで」しか、詳しく描いていなかった。

今回は、大学は卒業したけど定職に就かずに「自分探し」をしている、20代前半からの世之介。「大学その後」だったんだよね。時代で言うと「1993年(平成5年)」。そしてあれ(1993年)から27年たった現在(=2020年)から、俯瞰してその時代を見る。20世紀の最後のあの時代を。「平成」も終わろうとしているし。「文体」も俯瞰しているような感じで書かれている。

もし、これをまた映画化するなら、私のイメージでは以下の様なキャスティングでお願いしたいです。

【横道 世之介】菅田将暉

【桜子】   深田恭子or木下優樹菜

【コモロン】ハマロンor大泉洋の若い感じの人

【浜ちゃん】尼神インター・渚

【桜子の父・重夫】國村隼

【桜子の兄・隼人】賀来賢人(「今日から俺は」)or溝端淳平

【隼人の親友で車椅子の光司】伊藤健太郎(「今日から俺は」)

【亮太(子役)】****

【日吉 亮太(マラソン)】=竹内涼真

【世之介の隣の部屋の中国人】=バカリズム

【強面の散髪屋】キム兄

参考までに、前回、実際に映画化された際のキャストは以下の通り。

【横道 世之介】高良健吾

【社長令嬢・与謝野祥子】吉高由里子

【入学式で知り合った同級生・倉持一平】池松壮亮

【倉持と結婚した阿久津 唯】朝倉あき

【同じアパートのヨガのイントラクター・小暮京子】江口のりこ

【世之介が一目ぼれした年上女性・片瀬千春】伊藤歩

【世之介の同級生の友人でゲイ・加藤雄介】綾野剛

【倉持が唯と暮らしていたアパートの隣人の韓国人留学生・キム君】

【世之介と一緒に上京した同級生・小沢】柄本佑

【世之介の高校時代の恋人・大崎さくら】黒川芽衣

あ、今見てみたら、「國村隼」さんは前回、ヒロイン・与謝野祥子(吉高由里子)の父役で出てる!ということは「社長」か!今度は「下町の自動車工場の社長」でどうか?私のキャスティングでもやっぱり「ヒロインの父親役で社長」だ。

前回、横道洋造(世之介の父)は「きたろう」さん、横道多恵子(世之介の母)は「余貴美子」さん。贅沢なキャスティングですねえ。


star4_half

(2019、3、13読了)

2019年3月15日 11:56 | コメント (0)

新・読書日記 2019_035

『残業学~明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?』(中原淳+パーソナル総合研究所、光文社新書:2018、12、20第1刷・2019、2、20第5刷)

ここ数年の「働き方改革」と、それを法律的に後押しするために、この4月からの「改正労働基準法」の施行を控えて、管理職としては「働かせ方」つまり「残業」に関する意識改革が求められています。(一般社員は「働き方改革」。)

そのためにも、この本を読んで勉強弁こうしようと思いました。もう「残業」は「学問」になっているんですね!

「働くとは何か?」

という根本問題について考えることが、私は必要だと思いますが。

この本は、「ゼミ」みたいに、学生の質問に先生が答えるような形で各章が進行しますので、読みやすかったです。

中でも、欧米と日本との働き方の違いで、日本は終身雇用制を保つために「内部労働市場型」を採用し、欧米は「外部労働市場型」であると。日本はそれを欧米のような「外部労働市場型」に変更しようとして、なかなかうまく移行できなくて悩んでいるという説明は、腑に落ちました。そもそも「外部労働市場型」が日本社会に合っているのかどうか?という疑問は残ります。

「内部労働市場型」は、各企業(会社)が新入社員を正社員として取り、その人たちを会社の内部で育てていく形(終身雇用制)で、不況の折は残業が減り、好況の(景気が良い)時は残業が増えるという形で、失業者を減らし企業内で労働力の調整を図るというもの。

それに対して「外部労働市場型」は、企業と労働者の結びつきは弱いが、「その職種のプロ」として、1つの会社で仕事がなくなっても、同じ職種の別の会社で雇ってもらえるというような、転職が比較的的自由な働き方です。その職種のプロは「ギルド」のようなものを組織するかもしれません。そっちの方が、「日本の企業のような結びつき」は強いのかも。

最近の日本が、国全体の雇用形態をそういう方向へ進めようとしているのは、テレビのコマーシャルでも「転職サイトなどのコマーシャル」が多いことを見ても、容易に想像がつきますね。どっちがいいのか?うーん、日本は「外部労働市場型」に全部しちゃうと、上手くいかないような気がするんだけどなあ・・・。

そんなことなどを考えさせられた一冊でした。


star4

(2019、3、6読了)

2019年3月15日 11:55 | コメント (0)

新・読書日記 2019_034

『俺たちの定年後』(成毛真、ワニブックス:2018、11、25第1刷・2018、12、10第2刷)

そろそろ私も「定年」が気になるお年頃。60歳・還暦まであと2年半ですから。こういう本も読んどかないと、と思って手に取ったのですが、こういう本は「目次」を読んだら、大体内容はわかる。ということで見てみたら、

  1. 60歳になったら、新しい人生を歩み出せ」

  2. 定年したら、サラリーマン的生活は捨てろ」

  3. 近所を歩けば次々と楽しみが見つかる」

  4. 60歳からは愛想よくしようなんて考えるな」

  5. 自分を拡張する10のツールを手に入れろ」

  6. 計画は壮大かつほどほど綿密に立てよ」

ということで、まあ、「そうですか」という感じで、成毛さんの世代と私たちの世代では、違うからなあと感じましたとさ。


star3

(2019、3、4読了)

2019年3月14日 20:41 | コメント (0)

新・読書日記 2019_033

『中島みゆき全歌集2004-2015』(中島みゆき、朝日文庫:2018、12、30)

すごいなあ・・・。

このシリーズは「1975~1986」「1987~2003」そしてこの「2004~2015」。なんと「40年間」の中島みゆきが作った歌の歌詞が3冊に。さらにその後4年経ってるからね。なんとも。

さすがにこの2004年~2015年の曲は、知らないのも多い。知っていたのは2006年の「宙船(そらふね)」。TOKIOのために作ったけど、セルフカバーしてるよね。それと2011年に出たアルバムに収録されている「荒野より」「バクです」「帰郷群」「ばりほれとんぜ」など。CD持ってるから。さらに2013年の「愛詞(あいことば)」、2014年の朝ドラ「マッサン」のテーマソング「麦の歌」など。まあ、数えるほど、収録された詞の数は、

2004年=20

2005年= 3

2006年=11

2007年=13

2008年=32

2009年= 1

2010年=10

2011年=24

2012年=12

2013年= 3

2014年=38

2015年=11

全183曲の歌詞。と書いてあるが、足したら175曲だけど。まあいいいか。同じ曲に手を加えてあるのもあったからね。

それにしても、何、これ。もちろん、年に1曲とか3曲しか作っていないときもあるけど、38曲も作った年(2014年)も、しかもつい最近!何という旺盛な制作力!!創造力!!ホームランバッターのホームランの数を、またイチローのヒットの数を見ているかのような。

「作詞、作曲を手掛けた作品が、4つの年代でオリコンシングルチャート1位を獲得している唯一無二のアーティスト・中島みゆき」

スゴイ!としか、言えない。


star4

(2019、3、7読了)

2019年3月14日 20:39 | コメント (0)

新・読書日記 2019_032

『BLUE GIANT SUPREME7』(石塚真一、小学館:2019、3、5)

ジャズの漫画です。第7巻。

ヨーロッパの小さな町のジャズフェスティバルに出て、そこにたまたま出演してくれた有名ミュージシャンに認められ、力一杯演奏することで少しずつ「未来」が開き始めた主人公・大たち。しかし、そこに日本の妹から涙声の電話「お父さんが倒れた・・・」。ツアーの途中で一旦リタイアを余儀なくされた大。その間に"ピンチヒッター"で派遣されたサックス吹きが、なかなかの実力者・クセ者で・・・。うーん、おもしろいやんか!


star4

(2019、3、10読了)

2019年3月14日 20:38 | コメント (0)
/************* DO NOT Sitecore **************/