Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7154「雨がシビシビ」

84歳になる母が、

「こないだな、『雨が、しびしび降る』って言ったら『それどういう意味ですか?』って言われたんやけど、この『しびしび』って、元々はどこの方言やろか?」

すぐにスマホで調べると、

「奈良方言」

と答えている人が出て来ました。さらに調べると、

「京都でも言う」

と。うちの母は、

「三重県の伊賀上野の出身」

です。以前は、

「雨が『ピリピリ』降るって言ってた人がいたんやけど、あれはどこの方言やろか?」

と聞いてきたことがあります。その際に調べたら、

「兵庫県・但馬地方の方言」

ということになりました。それにしても、なぜうちの母は、

「雨が小降りな様子の擬態語」

に興味があるんでしょうね?

さてこの「しびしび」に関してさらに調べると「但馬方言辞典」という兵庫県北部の但馬地方の方言を集めたサイトにこのような記述が。

http://www2.nkansai.ne.jp/users/ytaniguchi/tajima50sa.htm

*「しびしび」=しとしと。(例)今、雨が しびしび降っとるで。

兵庫県豊岡市・美方郡香美町香住区での使用を確認。

『京都府ことば辞典』(堀井令以知編著、おうふう、平成18年)によると、使用地域は京都市・京丹後市久美浜町・京丹後市網野町・京丹後市峰山町・京丹波町・宇治市となっている。

雨が降るさま。「ぱらぱら」ではなく、霧雨状態の雨を言うことが多い。

ありゃ。やはり元々は「京都の言葉」で、それが奈良や兵庫・但馬に広がったのかな?

気候も似ているということなのでしょうかね?

(2019、5、6)

2019年5月10日 12:46 | コメント (0)

新・ことば事情

7153「自まつげ・地まつげ」

ことしの1月31日に書きかけました。当時はまだ「平成」でした。

「メイベリン」の「マツエク」=「マツゲエクステンション」のCMを見ていて引っかかった言葉です。

「『じまつげ』になりすまして」

この中の、

「じまつげ」

の「じ」は、漢字で書くと

「地まつげ」「自マツゲ」

どちらでしょうか?

「自分のまつげ」

という意味なら、

「自まつげ」

でしょうね。

「自毛(じげ)」

という言葉は俗語かもしれませんが、耳にします。『広辞苑』を引いてみたら・・・あれ?「地毛」

で載っているぞ!意味は、

「もとから生えている髪の毛。鬘(かつら)に対していう」

それだそれだ!そうすると「自まつげ」ではなくて、

「地まつげ」

が正しいのか?『現代国語例解辞典』『新明解国語辞典』『デジタル大辞泉』『新潮現代国語辞典』『NHK日本語発音アクセント新辞典』も、

「地毛」

しか見出しが載っていません。

『岩波国語辞典』は「地毛」も「自毛」も見出しにありません。ちなみに『新聞用語集2007年版』や読売新聞社の『読売スタイルブック2017』『共同通信記者ハンドブック第13版』『NHKことばのハンドブック第2版』、そしてこの4月に出たばかりの『朝日新聞用語の手引き・改訂新版』といった「用字用語集」にも、「地毛」「自毛」共に載っていません。

ところが『精選版日本国語大辞典』(2002年)を引くと、何と、

「地毛・自毛」

両方の表記が!(ただし用例は「地毛」のみで、「1913年」の小説からの引用です。)

そして『三省堂国語辞典』は、「地毛」は空見出しで「地髪(ジガミ)を見よ」となっていて、「自毛」が見出しとして載っています!

*「自毛」=自分のかみの毛。(例)自毛植毛

とありました。

そうすると、元々は「地毛」と書いたものが「自毛」に変わってきているのか?

ところが!

さらに衝撃的な記述を見つけました!

ことし(2019年)1月10日に出たばかりで小野正弘主幹編集の最新国語辞典、『三省堂現代新国語辞典』では、

「地毛」

だけを見出しに取っており、その説明文の中に「注意」として、

「『自毛』と書くのは誤り」

と記してあるではないですか!

同じ三省堂の辞書で、しかも『三省堂国語辞典第7版』(2014年1月発行)の編集の中心になっている飯間浩明さんは、この『三省堂現代新国語辞典第6版』(2019年1月発行)の編集者の一人でもあるのです。まさに身を裂かれるような出来事!

「地毛」かあ「自毛」に変わる勢いが強い中で過ぎてきたこの5年で、また揺り戻そうという流れがあるのか?

「じげ」の行方に注目です!

(2019、5、6)

2019年5月10日 12:45 | コメント (0)

新・読書日記 2019_060

『「声」とメディアの社会学~ラジオにおける女性アナウンサーの「声」をめぐって』北出真紀恵、晃洋書房:2019、3、30)

著者は、関西のラジオのフリーアナウンサーから大学の先生(東海学園大学教授)になった人。不勉強で存じ上げないが、同世代か少し先輩に当たるのではないだろうか?

ラジオとテレビで少し世界は違うが、同じ関西での話がたくさん出て来るので、同時代の同業界人としては共感しやすい。

そんな放送業界での「女性アナウンサーの立ち位置・待遇に関する同時代的かつ歴史的視点での論文集」。

「論文」なので少し堅苦しく回りくどく、面白いかと言うと、そうでもないというのが正直なところ。興味深くはあるのだが。

これを基にしたエッセイを書いた方が、絶対に面白いのに...とは思いました。


star3_half

(2019、5、7読了)

2019年5月10日 12:22 | コメント (0)

新・読書日記 2019_059

『死んでも床にモノを置かない。~片づけ・掃除上手がやっている「絶対やらない」ことのルール』(須藤昌子、すばる舎2019、3、2、27第1刷・2019、4、13第3刷)

「死んでも床にモノを置かない。」

こんなことを言われたら、

「私はもう、死んでいる・・・。」

というように片づけが苦手な私。タイトルのインパクトに惹かれて買ってしまいましたがな。1時間で読めました。大体、うちの妻がやっていることと同じでした。私がいつも叱られていることです。つまり、自分からはできないことばかり・・・。

でもこういうのを読むと、ちょっとやってみようかな?という気持ちが一瞬、芽生えるので、まあいい機会だから、やってみるかな。

シンプルな片づけ術は、

「やらないことを決めること」

だそうですよ、皆さん!


star3_half

(2019、5、7読了)

2019年5月10日 12:21 | コメント (0)

新・読書日記 2019_058

『ゴジラ音楽と緊急地震速報』(伊福部達・監修、筒井信介・著、ヤマハミュージックメディア:2012、1、10)

「令和」に入って初めて読み終えたのは、「ゴジラ」「緊急地震速報」の本だった。

あの「♪チャンラャーン」という、不安を想起させる『半音階』で上がるチャイム音。あれを創った・決めたのは、「ゴジラ」の音楽の作曲者として有名な「伊福部昭」の甥である「伊福部達(いふくべ・とおる)東京大学名誉教授・北海道大学名誉教授」だった。

伊福部達は、福祉工学の専門家。聴覚障害者の人に伝わりやすい音とは?などの研究を行って来た。その実績などから「緊急地震速報」の作成を依頼されたのが、2007年4月だったという。その際の条件は、5つ。

  1. 注意を喚起させる音であること

  2. すぐに行動したくなるような音であること

  3. 既存のいかなる警報音やチャイム音とも異なること

  4. 極度に不快でも快適でもなく、あまり明るくも暗くもないこと

  5. できるだけ多くの聴覚障碍者に聴こえること

だったそうだ。なるほど。難しい条件ですね。

それでたどり着いたのは、叔父である作曲家・伊福部昭の作品、

「『シンフォニア・タプカーラ』の第3楽章・Vivace(ヴィヴァーチェ)の冒頭」

だったのだ。

この功績が認められて、伊福部達は今年3月、「第70回日本放送協会放送文化賞」を受賞している。その受賞のテレビニュースをたまたま見ていて、伊福部の名前を見つけ、

「そうか、緊急地震速報の功績でもらったんだ!」

と気付き、本書をしっかり読もうと思ったのだ。

その前に、実はよく行く谷町四丁目のビルの地下にある中華料理屋(まるで、ドラマ「私、定時で帰ります。」に出て来る「上海飯店」のような感じですが)の入り口のドアのチャイムが、まるで「緊急地震速報」で、お客さんが来るたびに、

「♪チャンラーン、チャンラーン」

と不気味に鳴るのも、気になっているのだが・・・。

ちなみに「♪チャンラーン」が半音階ではなく、同じ高さの高めの音だと、

「♪チャンラーン!林家こん平でーす!」

になります。あれも一種の「ゴジラ登場」のようなものだったか・・・。


star4

(2019、5、4読了)

2019年5月10日 12:19 | コメント (0)

新・読書日記 2019_057

『河鍋暁斎 暁斎百鬼画談』(安村敏信・監修解説、2009、7、10第1刷・2015、8、30第2刷)

兵庫県立美術館で開かれている『河鍋暁斎展』のグッズ売り場で購入。

大きな図録が2500円で、この文庫本が1080円。文庫本としては少し高いが、カラーの写真も多く、その意味ではお得。

絵を見ていると「鳥獣戯画」のようでもあり、「浮世絵」のようなものもあり、「屏風絵」のようなものもあり、「水木しげるの妖怪」のようでもある。ネットで検索したら、実際に過去の展覧会で、河鍋暁斎の絵の中に『目玉の親父』や『鬼太郎』をコラボさせたグッズもあったそうだ。その画像を見てみると、何の違和感もなく溶け合っていた。

骸骨が酒を飲んでいる絵画は「妖怪もの」と言うよりは「人間の骨格標本」を正確に書いたものではないか?そういう意味では「ターヘル・アナトミア(解体新書)」のようでもある。変幻自在の画風だなあと思いました。

以下、読んですぐに書いたメモです。

『鳥獣戯画から北斎漫画、水木しげるからジブリ宮崎駿・千と千尋の神隠しに繋がる系譜。蛙を題材に取る、魅力を感じるのは草野心平を想起させる。骸骨の絵は、ターヘルアナトミア、解体新書。人間を書くのに、その骨格をわかっていなくてはならないという意図か。そして骨格が分かると、肉は皮相に過ぎず、骨格のみで描いた方が、より伝わると感じたのではないか。』


star4

(2019、5、4読了)

2019年5月10日 12:18 | コメント (0)

新・読書日記 2019_056

『河鍋暁斎展図録』(兵庫県立美術館、2019、4)

いつもよく行くスペインバルで、知り合いの落語家さんが連れて来た、後輩の落語家さんが、

「きょう、これ行って来たんですよ!僕、大好きなんです『河鍋暁斎』。良かったですよ!」

と教えてくれたのが、今、兵庫県立美術館で開かれているこの「河鍋暁斎展」だ。

「かわなべ・きょうさい」

と読む。幕末から明治初期に生きた絵師であり、浮世絵師であり、はたまた漫画家?明治3年に東京・上野で、酔っ払って不敬な絵を描いているのが見つかって官警に取っつかまる前は、

「狂斎」

と名乗っていたそうだが、逮捕にこりて「狂」の字を「暁」に換えた。でも読み方は、そのままで、

「きょうさい」

だ。こういう人の存在を、全然知らなかった。美術展も、ほどよく空いていて、見やすい。

が、展示の中の説明文に"不親切さ"が目立った。たとえば、

「麹町四丁目の依頼で描いた」

とした横に、

「現在も麹町三丁目の町会が持っている」

と写真のキャプションに書いてあり「三丁目」か「四丁目」かがわかりにくい。どちらも間違いではないようだが、説明不足。

また、

「関心ごと」

という表記が2回も出てきたが、これは正しくは、

「関心事」

で、読みは、

「かんしんじ」

であろう。そして、

「『下絵』では蒸気機関車の煙突から煙が出ているが、『完成図』ではその上に天女が舞っている」

と説明文にあるのに、どこにも「完成図」の写真すら展示していないのは、不親切すぎる。そして、それを説明できる係員も学芸員も不在だった。

そういう意味では、珍しく不親切な展覧会だった。


star4

(2019、5、4読了)

2019年5月10日 12:17 | コメント (0)

新・読書日記 2019_055

『平成新語 出どこはどこ?』(中村三郎、柏書房:2019、4、10)

サブタイトルは「平成を象徴する言葉の『起源』!」。

ほとんど同時代で経験してきた言葉たちだから「ああ、あった、あった」という感じで懐かしく、それこそ「高校時代のアルバム」をめくるような手つきで読み進めた。

再確認していく感じ。中には「へー、そうだったのか!」というものもありましたが。

「言葉」によって「平成30年史」を振り返った感じでしたね。


star4

(2019、4、29読了)

2019年5月10日 12:15 | コメント (0)

新・読書日記 2019_054

『日本の国難~2020年からの賃金・雇用・企業』(中原圭介、講談社現代新書:2018、4、20第1刷・2018、5、21第4刷)

1年前に出た本なので、もう、少しズレている部分もある。たった1年でこんなに変わったのか!ということを再確認しながら、もう来年=2020年に迫った「国難」とはどんなものが来るのか、と読み進めた。衝撃に耐えねばならないし、できればその国難を避けたいと思う。

「世界金融危機再来の恐れ」「30年前から放置されてきた少子化による労働力不足問題」。虫歯のように進行か。そして「雇用」の問題、「賃金」の問題。生き残る自治体、転げ落ちる自治体。本当にこの先、日本はどうなってしまうのか?これに対する対策を、本気で丁寧に真摯に向き合っているのか?口先だけではないのか???読めば読むほど現実の政治に対して不安は募るばかりだ。


star4

(2019、4、16読了)

2019年5月10日 12:05 | コメント (0)

新・読書日記 2019_053

『ベートーヴェンを聴けば世界史がわかる』(片山杜秀、文春新書:2018、11、20第1刷・2018、12、10第2刷)

西洋音楽の歴史は、当然のことながら、その時代背景と無関係ではない。

言われてみれば当たり前のことだが、言われるまで気付かなかった。

「絵画」に関しては、その昔、スペイン・マドリードのプラド美術館に行った際、時代ごとに並べられた絵の作者(画家)の「所属国」が、

「その時代の"世界を支配した国"である」

ことに気付き、

「画家のパトロンはお金持ち、つまりその時代に栄えていた国なのだろう」

と推測が付きましたが、いろんな意味で「音楽」はその傾向がもっと強いのかもしれません。そういった視点で音楽家・作曲家の曲と人物を読み解いていく。面白そうではありませんか!!実際、面白かったです!

グレゴリオ聖歌は「一神教」だと。ポリフォニー・楽器は「多神教」につながっていくと。「オペラ」は「俗」の世界だと。それはそう思う。カトリックの大本「バチカン」を抱える「イタリア・ローマ」で、「俗世間の音楽」として「オペラ」が人気を博し成長を遂げた。「俗と聖」、おお、まさに「ダヴィンチ・コード」「天使と悪魔」「インフェルノ」「オリジン」などで知られる作家、ダン・ブラウンの描く世界ではないですか!

そして「ベートーベンの時代」の交響曲は「うるさい」音楽でその「うるさい」のが「新しかった」のだと。

ワーグナーの時代にナショナリズムの勃興があり、それが結びついて行くのを見ても、音楽と時代は共に寄り添って影響し合っているのだなということが、よくわかりました!勉強になりました!


star4_half

(2019、3、28読了)

2019年5月10日 12:04 | コメント (0)
/************* DO NOT Sitecore **************/