Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7326「『竹とうろう』か?『竹どうろう』か?」

2016年の1月17日「阪神・淡路大震災」の日に、神戸の東遊園地に「1・17」を形どって並べられた「竹灯籠」を、

「竹どうろう」

「灯籠」濁って「どうろう」と読むのを聞いて、これは「濁らない」で、

「竹とうろう」

ではないのか?と思ってメモをしたまま、ほったらかしになっていました。

それからさらに4年経ったきょう、2020年1月17日、「阪神・淡路大震災」から、

「25年」

の節目の日を迎えました。25年も経ったのか・・・。

「スッキリ」の中での神戸からの中継で、読売テレビの女性記者は、

「竹とうろう」

と「濁らず」に読んで(話して)いましたが、ABCテレビ(朝日放送)の男性アナウンサーは、お昼のニュースで、

「竹どうろう」

と「濁って」話していました。これはやっぱり調べなきゃ!と思って辞書を引きましたが、複合語である「竹灯籠」を載せている辞書は見当たりませんでした。そこで、

「あ、そうか、あの手がある!」

と思ったのは、『広辞苑』の「逆引き機能」です。これで「とうろう」「どうろう」を引いてみました。すると、

「〇〇とうろう」

という「濁らない」ものは、

「額灯籠」

「1つ」しか載っていなかったのに対して、

「〇〇どうろう」

「濁る」ものは、

「石灯籠」「遠州灯籠」「折懸灯籠」「篝灯籠」「影灯籠」「春日灯籠」「金(かな)灯籠」「絡繰(からくり)灯籠」「切籠(きりこ)灯籠」「桜灯籠」「玉菊灯籠」「辻灯籠」「釣灯籠」「花灯籠」「牡丹(ぼたん)灯籠」「盆灯籠」「舞灯籠」「回り灯籠」「錑(もじ)灯籠」「雪灯籠」「雪見灯籠」

というように全部で「21」も載っていました。

やはり「複合語」で使う場合は「濁る」のかなあ。

ちなみにこの日のNHKお昼のニュースで、大阪局(BK)は、

「竹で作った灯籠」

として「濁る・濁らない問題」を避けて(?)いました。確かにこれが、一番分かりやすいかもしれません。文字数は多いけど。

(2020、1、17)

2020年1月17日 16:29

新・ことば事情

7325「おし照る」

1月16日、皇居では「歌会始の儀」が行われました。

「ミヤネ屋」でも、その様子などをご紹介しようと準備をしていました。

その際に、皇后さまの過去のお歌(皇后さまのお歌は、皇室用語(=宮内庁)では「御歌(みうた)」、天皇陛下のお歌は「御製(ぎょせい)」と言いますが、放送では「お歌」と言います)も、VTRの中に出て来て、平成5年(1993)6月のご成婚の2か月後の、平成5年(1993)8月、滋賀県を訪問された際に琵琶湖畔で読まれたお歌、

『君と見る 波しづかなる 琵琶の湖(うみ)

さやけき月は 水面(みのも)おし照る』

もありました。そのお歌を「吹き替え」で読む、林マオアナウンサーが、

「この『水面(みのも)し照る』の『おし照る』はどう読めばいいでしょうか?」

と質問してきました。

「おし照る」=「押し照る」

だと思いましたが、でも、もしかしたら「お」は実は、

「助詞の『を』」

で、「し」は、

「強めの『し』」

かもしれないとも思いました。しかし、その場合「し」は「名詞」に付き「助詞」には付かないだろうから、やはりこれは、

「押し照る」

であろうということで、『精選版日本国語大辞典』で「押し照る」を引くと載っていました。

*「おしてる(押照)」=(「おす」は日や月などの光が威力を一面に及ぼす意)光がくまなく照る。一面に照る」

として、8世紀後半の「万葉集」から用例が採られていました。

あ、そうか、

「おしなべて」「おし黙って」

「おし」ですね!漢字だと、意味的には「圧(お)し」かもしれませんが。

現在の「話し言葉(口語)」では、あまり出て来ない「おし」でした。勉強になりました。

が、この日はこのVTRは放送されませんでした...。

(2020、1、16)

2020年1月16日 18:24

新・ことば事情

7324「五エ門」

『ルパン三世』の作者である、

「モンキー・パンチさん」(本名・加藤一彦さん)

が、2019年4月11日に81歳で亡くなり、そして『ルパン三世』のアニメで初代「石川五ェ門」役を務めた声優の、

「井上真樹夫さん」

が、11月29日に80歳で亡くなったというニュースを見ました。

井上さんは「五ェ門」の声のほか、『巨人の星』では「花形満」役、『宇宙海賊キャプテンハーロック』の「ハーロック」役、『キャンディキャンディ』の「アルバート」役も務めた、渋いクールな声の声優さんでした。謹んで哀悼の意を捧げます。

さて、もうかなり前になるのですが、4月18日の「ミヤネ屋」で、モンキー・パンチさんの訃報をお伝えした際に、誤って、

「石川五ェ衛門」

とテロップを出してしまいました...。

「ェ」は「小さい」

というところには気付いて、大きな「エ」で発注されたテロップの「エ」を、小さく「ェ」に直したのですが、「衛」は見落としました...。これだと、

「ゴエエモン」

ですよね...。「エ」(衛)が1つ多い。本物の大泥棒は、

「石川五右衛門」

で「右」と書いて「エ」と読むのですから、ややこしいんですよ。

その翌日の4月19日『読売新聞』朝刊1面の「編集手帳」で、モンキー・パンチさんの訃報を取り上げていましたが、その中では、「ルパン三世」の登場人物、

「石川五右ェ門」

と「右」が入った名前になっていました。夕刊で訂正が出るかなあと思ったのですが、出ませんでした。そこで、元読売新聞・校閲部の関根健一さんにメールで伺ったところ、

「原作漫画では『石川五右ェ門』、アニメでは『石川五ェ門』です。

『編集手帳』は『原作漫画』のことを書いているので、『右』が入るのが正解。

出稿段階でごっちゃになっていることが多いので、校閲部では慎重にチェックしているとのことでした。」

というお返事を頂きました。なんと!「原作漫画」と「アニメ」でも違うのか!!

これは注意しないといけないですね。

井上真樹夫さんの訃報を伝えた『読売新聞』12月3日の記事では、

「人気アニメ『ルパン三世』の石川五ェ門役などで知られる声優の井上真樹夫さん」

と、ちゃんと、

「小さいカタカナの『ェ』」

でした。

ところが、「ウィキペディア」で「石川五ェ門(ルパン三世)」を検索してみたところ、こう記されているではないですか!

『シリーズにより名称には様々な表記がある。原作では「五右ェ門」。パイロットフィルムでは「五右ヱ門」。『TV第1シリーズ』では「五右ヱ門」(オープニング)/「五ヱ門」(エンディング、第5話サブタイトル)、『TV第2シリーズ』以降の作品では長らく「五右ェ門」表記が基本設定だった。しかし作品によって違いがあるが、TVスペシャルシリーズ以降のアニメ作品においては、ほとんどの場合に「五エ門」と表記されている。』

そんなにバリエーションがあるのですか!・・・あんまり考えていなかったんだなきっと。でも思った以上に長いシリーズになって、整合性がなくなっちゃったというあたりが正解ではないですかねえ・・・。

(2019、12、5)

2020年1月16日 18:21

新・ことば事情

7323「金星を配給」

1月13日大相撲初場所2日目、横綱・白鵬が平幕の遠藤に敗れました。それを報じたネットの「スポニチアネックス」は、

「横綱・白鵬が平幕・遠藤に切り返しで敗れて金星を配給した」

と報じていました。この、

「金星を配給」

という表現に注目しました。「金星」とは、

「平幕(前頭)力士が、横綱に勝つこと」

を言いますから、勝った平幕力士は、

「金星を挙げる」

と言えますが、敗れた横綱側から言うと、「金星を配給」となるのですね。ただ、これはよく、間違って、

「金星を献上」

と記されることがあります。しかし「献上」は、

「下から上」

ですので、「横綱から平幕へ」=「上から下」には使いません。

これに関しては新聞用語懇談会でも、過去に何度か話し合われているので、その結果を載せますね。

【2015年10月(関西地区用語懇談会)】

「横綱白鵬が大関照ノ富士を破り2敗を守る」

一見問題のない文章ですが、相撲原稿には、厳然たる「約束事」があるそうです。

「横綱が大関や平幕を『破る』とは言わない」

「地位が下のものが上位に勝った場合に『破る』、『撃破』などと表現する」

「番付を尊重し、上位のものが下位のものに勝った場合は、番付を尊重し、『退け』『下し』などと言い換える」

また「『守る』のは無敗か1敗。2敗や3敗は守る星ではない」ということです。原稿をチェックする校閲でも、適用しますか?

(共同通信)社内の決定事項は守るが、整理部内では今回の件については半数以上が「知らなかった」と。

(読売新聞)スポーツ部内で取り決めているので、任せている。

(共同通信)2年間、相撲担当記者だったことがあるが、自然にこのように書いていた。ルールとしては意識していなかった。対戦前の力士には取材に行かないなどの暗黙のルール(=「しきたり」)はあった。

(MBS)スポーツアナウンサーに聞いてみたが、「ランキング」の「上位」に対して「下位」が勝つケースでしか「破る」は使わないとのこと。また、高校野球(アマチュアスポーツ)では「ランキング」はないので「平等」に扱い、「破る」「下す」「金星」「番狂わせ」などは使わないようにしている。

(神戸新聞)ルールがあるのは知っているが、あまり気にしていない。地元(兵庫・神戸)出身力士を主語にして書くことが多いので、それが基準になる。

(産経新聞)「金星」には「破る」を使う。

(ytv)たしかに「番付上位の者」が「下位の者」を「破る」というのには違和感がある。「下し」「退け」が妥当だろう。しかし「2敗を守る」には違和感がない。ただしその場合の「2敗」は、「トップ」であることが条件。しかも「千秋楽ではない」ことも条件。

【2018年9月(用語懇談会放送分科会)】

(新聞協会・I専門委員)

新聞では絶対使わないのにテレビではよく耳にするのは、大相撲で、

「横綱が金星を『献上』」

という表現。「献上」は「下→上」なので、「平幕が横綱に勝つ」という「金星」は、「上→下」への「配給」が正しいのだが。

【2019年10月(関西地区用語懇談会)】

男子シングルス1回戦で、世界ランキング69位の西岡良仁(ミキハウス)が同41位のテニース・サンドグレン(米国)を下した。(※毎日新聞表記では「降した」)(下位の選手が上位の選手を破った際も「下す」「降す」でよいか)

・直す=4.5社 ・直さない=10社

(毎日)相撲では、番付が「上の者」が「下の者」を「下す」と言い、その逆はおかしいと。野球の場合は「下位のチーム」が「上位のチーム」に対して「下す」を使えるのか?校閲は意識していなかったが、出稿部から質問が出た。出稿部は意識しているようだが、校閲サイドでは問題ないという意見が多数で、直さない。

(ytv)「破った」「倒した」に直すだろう。ところで、ランキングの差が「1つ」しかなかったらどうなる?いくつ差があれば「下す」を使えるのか?

(MBS)高校野球では「下す」「破る」を使うと「上下関係はないので使うな!」と昔は先輩によく言われた。最近は「大阪桐蔭が〇〇を下した」などと使われるようになった。

(MBS)高校野球だと、「強い」と思われたチームが「弱い」と思われたチームに敗れる「番狂わせ」が往々にしてある。それもあったからか、先輩からは「使わないほうが良い」と言われた。

(毎日)同じく高校野球中継をしているABCさんは?

(ABC)「下す」には、それほどこだわりがない。「金星」には引っ掛かりがあるが。

(ytv)ラグビー日本代表がアイルランドに勝った試合の報道は「読売・朝日」が「金星」で、毎日・産経・日経は「大金星」だった。

(毎日)ラグビーはランキングがしっかりしていて、番狂わせが少ないので、日本がアイルランドに勝ったら「大金星」だ。

(毎日)地域面で、ある高校が強豪校に勝った際に「シード校に勝った」と報じたら、その大会、その強豪校は「シード校ではなかった」という確認ミスをしたことがある...。

(産経)ラグビーのアイルランド戦は「奇跡」という表現は避けた。「番狂わせ」か「金星」ということに。

(毎日)放送で、NHKアナウンサーが「もはや奇跡ではない」と。

(朝日)(TVO)=「破った」

(読売)上位・下位に関係なく、直さない。

(日経)「破った」「~に勝った」

(産経)校閲歴10年以上の部員全員一致で「直さない」で、そのまま。

(MBS)相撲など、序列が明白な場合は直す。微妙なので、「勝つ」「負ける」「敗れる」をなるべく使う。

ということだったのですが、なんと横綱・白鵬は、翌日の3日目(1月14日)も、平幕(前頭筆頭)の妙義龍の敗れてしまいました。それを報じた1月15日の各紙朝刊は、

【読売】

(見出し)白鵬バッタリ 連日の金星配給2年ぶり

(本文)2日連続で金星を与える

【朝日】

(見出し)足出ぬ白鵬 あっさり連敗

(本文)2日連続の金星配給。初日に続いて金星を与えた。金星配給の多さは。

【毎日】

(見出し)北勝富士 鶴竜撃破

(本文)両横綱が金星を配給。「金星を取っている場合ではない」。

【産経】

(見出し)白鵬ばったり 2日連続で金星配給

(本文)2横綱が金星を配給する波瀾。2日連続で金星を配給した。

【日経】

(見出し)白鵬、連日の金星配給

(本文)地震2度目となる2日連続の金星配給。

ということで「金星配給」という表現が多かったですが、

「金星を与えた」「金星を取っている場倍ではない」

といった表現も見られました。

なお、白鵬は4日目の1月15日から休場しました。

(2020、1、15)

2020年1月15日 20:47

新・読書日記 202_005

『風間教場』(長岡弘樹、小学館:2019.12.23)

1月4・5日にフジテレビで、2夜連続で放送されたドラマ「教場」の原作の一部。フジのドラマは木村拓哉さんが主人公の「風間教官」を演じていたが、佐藤浩市さんを髣髴させるような良い感じの演技だった。

もともと「2016読書日記014教場」「2016読書日記056教場2」で原作を読んでいて、その際の感想に、

「読めば読むほど『ドラマにならないかな』と思うぐらい面白いし、映像が浮かんでくる。」

と書いていた。これは、ドラマ化をにらんだ?その続編かな。前2作は短編を重ねていたが、これは一応「長編」。でも、もちろんいろんな出来事が絡んでくる。僅か半年の警察学校の生活が、いかに凝縮された中身の詰まった場であるかということを想像させる。

それにしても著者の長岡さんって、元・警察官なのかな?詳し過ぎるようなあ、警察学校の内情にも警察官の心情にも。

ラストは、同じ病を抱える私としてはショッキングでした。

「令和ことば事情7317私、どうにかしてた」もお読みください。


star3_half

(2019、1、12読了)

2020年1月14日 12:03

新・読書日記 2020_004

『定年消滅時代をどう生きるか』(中原圭介、講談社現代新書:2019、12、20)

私が会社に入った36年前は、「定年」は「55歳」だった。当時、22歳の若者である私から見たら、50歳を越えた人は「おじいさん」に見えた。(今の「60歳」は、いや「65歳」でも「おじいさん」には見えない。あの辛坊さんが、もうすぐ「64歳」ですからね。)それがすぐに定年が「60歳」となり、今や実質「65歳」。さらに「70歳」「75歳」に延ばされようとしている。いつまでも健康で働ければいいが、そうとは限らないことを考えると「いつまで働かせる気だ!?」と言いたくもなる。あるいみ「終身懲役刑」のようなものである。その一方、と言うか「定年延長の原因」は「少子化による労働力不足」と「年金支給の増大化対策」であることは明らか。そうなると「定年」という概念そのものが、今後、消滅するであろうと。

「定年」の前提には「終身雇用制度」があった。「正社員」を「新卒採用」して、しっかりと「会社」を育てていくという中での制度。それが「派遣社員」「契約社員」「成果主義」など、新資本主義の働き方がじわじわと浸透して、「正社員」の「終身雇用制度」は、もはや維持できなくなってきたことは明らかだ。今後もこの方向で行くのが良いのか悪いのかは別にして、流れを止めることは、かなり難しい。AI導入の流れも早い。働かなくてはいけないが、多くの人にとって「できる仕事」は限られてくるかもしれない。

この本に書かれていることには、かなり「?」を挟まざるを得ないところがあったが、その中で「これは確かにそうだな」と思ったのは、

「AIが導入しても絶対に廃れない求められる能力は、思考力である」(188ページ)

ということだった。


star3_half

(2020、1、8読了)

2020年1月14日 12:01

新・読書日記 2020_003

『宇宙兄弟36』(小山宙哉、講談社:2019、8、23)

漫画です。

月に取り残された兄。かつて月面に立ったものの、死に直面する事故に遭遇してトラウマを抱えた弟が、再び宇宙を目指すため訓練に励むロシアの地。そこで、尊敬する先輩宇宙飛行士の娘で17歳のオリガとの愛。

再び、宇宙へ行くことが決まる。

兄弟の思い、バレリーナを目指すオリガとの愛。うーん、雄大な物語だ


star4

(2019、1、4読了)

2020年1月14日 12:00

新・読書日記 2020_002

『「広辞苑」をよむ』(今野真二、岩波新書:2019、12、20)

2016年7月に亡くなった柳瀬尚紀さんの著作に、

『広辞苑を読む』(文春新書・1997)

という、音で聞いたら、この本と「全く同じタイトルの本」があるが、当然、今野先生はそれを分かった上で、本書のタイトル表記を決めた(そして「広辞苑」にカギカッコを付け、「よむ」を「平仮名」にした)のだと思われる。

著者の今野先生は、あの「あ」から「ん」まで「13巻」という膨大な『日本国語大辞典・第二版』も「読んだ」。そして気付いたことを本にしている。それに比べれば『広辞苑』なんてオチャノコサイサイではないか。

この本も、いろいろ『広辞苑』を分析してその特徴・特長を明らかにした一冊だが、「日本語」について考えるというよりは、

「『広辞苑』という辞書を解剖・研究した一冊」

と言える気がした。このあたり、2020年1月12日の読売新聞の書評とは意見が異なるが。

(☆3つ半)


star3_half

(2020、1、5読了)

2020年1月14日 11:59

新・読書日記 2020_001

『「言葉」が暴走する時代の処世術~コミュニケーションに悩む全ての人へ』(山極寿一・太田光、集英社新書:2019、12、22)

京都大学総長でゴリラの研究で有名な山極寿一氏と、「爆笑問題」の太田光氏の対談。表紙には、二人のカラー写真が。そして、

「人間関係の基本、それは愛を求めないこと。」

と縦書きで記されています。「甘えるな」「求めるな」さらば与えられん、かな。

山極氏によると「ゴリラは戦わないが、負けない」

「『勝つこと』と『負けないこと』は違う。サルは勝ちにいくが、ゴリラは勝ちにいかない。」

そうだ。この辺りに、「人間」というサルも学ぶべきではないか?

そして、

「ケンカの目的は、和解にある」

なるほど。

さらに「『伝える』のではなく『寄り添う』」

いろいろ勉強になる「金言」がありました。


star3

(2020、1、2読了)

2020年1月14日 11:57

新・ことば事情

7322「セレベス」

百貨店の野菜売り場で、こんな表記を見つけました。

202001141.jpg

「セレベス」

見たことも聞いたこともない名前の野菜。「お芋」のような感じです。

調べてみたら、やはり「芋」で、

「里芋の一種」

のようです。「旬の食材百科」というサイトによると、

https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/Celebes.htm

『セレベスはインドネシアのセレベス島(現スラウェシ島)から伝わったとされる里芋で、その島の名前がつけられています。芽が赤いのが特徴で、「赤芽芋」又は「赤目芋(アカメイモ)」とも呼ばれている他、「大吉芋」とも呼ばれています。地上部は赤紫の茎で背丈が高い。このセレベスの系統で「赤目大吉」という品種もあります。親子兼用品種で、子イモも大きく、収量が多い事でも知られています。』

なのだそうで、「旬は11月~1月」ということです。

ちなみに、この「セレベス」は「海外産」ではなく、

「宮崎県産」

でした。最近は、こんなものまで作っているんですねえ。

2019、1、13

2020年1月14日 10:53
/************* DO NOT Sitecore **************/