Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7369「クロノスとカイノスと新型コロナウイルス」

きのう、風呂の中で、ふと考えました。

今回の「新型コロナウイルス対策」の「全校休校」「外出自粛要請」で、

「これから1~2週間が瀬戸際」

と言われたことに関して、

「時間の進み方」

の中の、

「『クロノス』と『カイノス』」

の問題についてです。「クロノス」と「カイノス」というのは

*「クロノス」=過去から未来へ一定速度・一定方向で流れる「物理的時間」のこと。

*「カイノス」=速度が変わったり、繰り返したり、逆流したり止まったりする、人間の内面を流れる「意味的時間」のこと。

ですね。つまり今回は「物理的時間」の「クロノス」によってしか進まない、

「ウイルスの感染拡大阻止・終息」

を目的として、「全校休校」「外出自粛」という方法で、

「『意味的時間』の『カイノス』を『止める』」

ことによって、

「相対的に、クロノス(の針)を進めようとしている」

のではないですかねえ。

風呂の中でだけに、

「エウレカ!」

と叫んだかと言うと、それほどの感動はなかったので、叫んでいません。夜中だったし。

これを一言で言うならば、

「やり過ごす」

ということなのですが。まあ、

「だから何なんだ?」

という話なんですが・・・。

(2020、3、6)

2020年3月 6日 18:45