Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7225「『暴風』のアクセント」

約1年前の2018年の10月1日にメモ書きしました。そのまま、ほったらかしにしている間に、また「台風」の季節が来ました。

その時に書いたメモは、

『暴のつく二字熟語は、平板が本来?

暴言、暴論、暴投、暴騰は平板、

暴力は頭高。

風フーが後ろにつく二字熟語のアクセントは?

台風中高アクセント。

強風は平板アクセント。

暴風は?』

というものです。

問題は「暴風」のアクセントは、

  1. ボ/ーフ\ー(中高アクセント)

  1. ボ/ーフー(平板アクセント)

のどちらか?というもの。

『NHKのアクセント辞典』は、以前は、

  1. ボ/ーフ\ー(中高アクセント)

しか認めていなかったのですが、2016年5月に出た新しいアクセント辞典では、

  1. ボ/ーフ\ー(中高アクセント)

  2. ボ/ーフー(平板アクセント)

の両方を認めたのです。

実は最近「(2)ボ/ーフー(平板アクセント)」で読むアナウンサーが増えているように感じるのですが、その理由の一つは、

「中高アクセントの『(1)ボ/ーフ\ー』だと、『暴風雨(ボ/ーフ\ーウ)』と区別がつきにくい」

という理由によるものだそうです。

たしかに、それもわかるけど、「暴風」は「台風(タ/イフ\ー)」と同じ、

「(1)中高アクセント」

を私はお勧めしたいです。あ、もちろん「暴風」は来ないでほしいのですが。

(2019、10、15)

2019年10月15日 20:05 | コメント (0)