Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7256「冬の足音が」

結構、冷え込むようになってきました。

昨夜(11月5日)は、帰路、駅のプラットホームに降り立った途端に、

「冬の匂い」

がしました。中島美嘉さんの『雪の華』の歌詞みたいですが、雪は降っていません。

私にとっては「冬の匂い」は、

「萱を燃やしたような、燻製のような匂い」

なんです。

その11月6日夕方の日本テレビ「news every」で、藤井貴彦アナウンサーが、

「冬の足音が大きくなっています。」

と言ったのが耳に留まりました。え?足音が、

「大きくなる」?

足音は、

「近づく」

とは言いますが「大きくなる」と言うのかな?

たしかに、物理的には、「足音」は「近づく」と「大きくなる」のですが。

その後の女性ナレーターが読んだ原稿は、

「徐々に近づく冬の足音」

になっていました。

グーグル検索では(11月6日)

「冬の足音」「大きくなる」=11万7000件

「冬の足音」「近づく」  =30万0000件

でした。

(2019、11、6)

2019年11月 6日 19:04 | コメント (0)