Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7222「千曲川と阿武隈川」

今回の「台風19号」で亡くなられた方・遺族の方、家に被害を受けられた皆さん、お見舞い申し上げます。

年々、台風の被害が大きくなり、しかも、たびたび日本列島を襲ういうのは、やはり温暖化の影響なのでしょうか?

今回の豪雨で氾濫して甚大な被害を与えた長野県の、

「千曲川」

と、福島県の、

「阿武隈川」

ですが、この文字を「読んで」みて、ふとひらめきました。

「ちくま」「あぶくま」

共に語尾が、

「くま」

ではないですか!

もしかしたら、漢字は違うけど、この「くま」は「同じ意味」なのではないだろうか?と。そういえば九州には、

「球磨川」

がありますが、あれも「くま」だな、漢字は違うけど。もしかして「くま」という言葉は、

「曲がりくねった」

という意味なのではないか?

『精選版日本国語大辞典』を引いてみると、

*「くま【隈・曲・暈・阿】」

=(一)他と境界を接する地点、奥まった場所をいう。

  1. 道や川などの折れ曲がっている所。曲がりかど。

  2. 奥まったところ。物陰。かたすみ。

(以下略)

と載っていました。やっぱり!「曲がる」という意味があるんだ!

漢字も「隈」「曲」に「曲がる」という意味があり、また「阿武隈川」の、

「阿」

「くま」という読み・意味があるんですね!

そしてそれが「武」=「たけり狂う」ほど激しい川なんだ、「阿武隈川」は、きっと。新潟の「阿賀野川」の「阿」も、そういう意味かな?

そう考えて「川の名前」に注目すると、また見方が変わるかもしれませんね。

(2019、10、14)

2019年10月14日 19:35 | コメント (0)