Top

『道浦TIME』

新・読書日記 2019_131

『反社会的勢力』(夏原武、洋泉社新書:2011、12、21)

吉本興業のお笑いタレントの、いわゆる「闇営業」で話題になった、

「反社会的勢力」

という言葉。今回は「振り込め詐欺グループ」という犯罪者集団だったわけだが、この本は2011年に出ていて、ここでいう「反社会的勢力」とは、ズバリ「暴力団」である。そしてその暴力団の「シノギ」(稼ぎ)を担当する「フロント企業」だ。

暴力団撲滅に燃える警察はここ10年、法律の網で暴力団が「シノギ」が出来ないようにして、解散・壊滅に追い込もうとしている。その包囲網は確実に成果を上げている。

そうするとどうなったか?従来は暴力団が支配していたところに、暴力団以外の「ワル」がシメシメと乗り込んできて、我が物顔にふるまっている。「反グレ」等も、そういった存在だし、振り込め詐欺グループなどというのも「弱体化した暴力団」のスキを突いて忍び込んで来た、「ハイエナ」のような存在だろう。

悪い奴って、絶対になくならないのかな...と悩んでしまう。


star3

(2019、9、11読了)

2019年9月16日 18:09 | コメント (0)