Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

7189「ブレーキを踏み間違えた可能性」

「可能性」

という言葉は、

「まだ、起こっていないことが、今後起きるのかどうか」

について語る場合に使いますね。

「景気が良くなる可能性」「AIが更に進化する可能性」「日本が優勝する可能性」

といった具合です。ただ、

「悪いこと」「都合の悪いこと」

に使うと、いささか具合が悪い。例えば、

「交通事故に遭う可能性」「台風が直撃する可能性」

といった場合です。こういう時は、「可能性」の代わりに、

「恐れ」

を使って、

「交通事故に遭う恐れ」「台風が直撃する恐れ」

と言うべきでしょう。

ただ、タイトルに掲げたような場合はどうか。つまり、

「ブレーキを踏み間違えた可能性」

これは「恐れ」にしなくてよいのか?

これは「可能性」で良いのですね。

たしかに、これは「事故が起きて、その原因を調べている段階」の一文ですので、

「事故は、悪いこと」

なのですが、「恐れ」にしなくてもよいと思います。理由は、

「すでに(事故が)起きているから」

起きてしまった「過去のこと」についての「原因分析」には「恐れ」は使わないのです。あくまで「恐れ」は、

「今後起きる可能性のある悪いこと」

について使います。「原因分析」は「真理を追求」するものですから「可能性」を使えるのですね。

(2019、7、9)

2019年7月 9日 17:21 | コメント (0)