Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

6808「知識を身に付けるか?着けるか?」

『ウェークアップぷらす』担当のS部長からメールです

「道浦さんがいつも送ってくれる『ミヤネ屋』の『きょうのスーパーチェック』のメールで、

×『知識をつけないと』→〇『知識を着けないと』

とあったのですが、オンエアで見ていて、私はてっきり『着けないと』が『間違い』だと思っていました。『読売ハンドブック』も『つける』の項目のなかに『知識・技術を身に付ける』とあり、感覚的にも『付ける』のような気がするのですが、テレビルールとしてこうなのでしょうか?」

細かい所まで見ていますねえ。

最初これは「つける」での発注だったのですが、私は「身につける」は「着ける」だと思っていたので、

「知識を(身に)着ける」

であろうとして直しました。記憶に頼ってやったので、メールを頂いてドキッとして、

改めて『新聞用語集2007年版』(これが最新)で「つく・つける」の項目を引いてみたところ、

「知識を身に着ける」

で載っていたので、ホッとしました。

しかし、読売新聞社の『読売スタイルブック2017』は、たしかに

、「知識・技術を身に付ける」

になっています。

手元にある他社の少し古いハンドブックを見てみると、

「毎日新聞」(2007年)=身に着ける

「朝日新聞」(2005年)=身に着ける

と両方「着ける」なのですが、新しい「共同通信記者ハンドブック」(2016)では、「使い分けに注意」として、

「身に付ける」=知識や技術

「身に着ける」=衣装や装身具

となっています。

元読売新聞・校閲のNさんに聞いたところ、

「たしか、前の前のスタイルブック(2011年)ぐらいから、『着ける』→『付ける』に変更されたように思う」

とのことでした。

新聞用語懇談会の関東幹事会で、『新聞用語集2007年版』の改訂作業をずっとやっているんですが、まだ次の『新聞用語集』発行のメドはたっていません。その中で、自社で独自のハンドブックを数年おきに改訂・発行している「読売新聞」や「朝日新聞」は、「関東幹事会」での討議の「果実」を一足先に自社ハンドブックに反映させているので、こういった事態が生じているのだと思います。

読売テレビは、基本的にキー局・日本テレビに従っており、日本テレビは『新聞用語集』を基本的に使用しているはずです。

私も基本は『新聞用語集』、そこに載っていない場合は『読売スタイルブック』を使うようにしています。

今回の「身につける」の場合の語感としては、

「着ける」=体全体を覆う

「付ける」=部分的にピタッと貼り付ける

という感じで、

「身に着けた知識」=体にぴったりフィットしている、一体となった知識。

「身に付けた知識」=付け焼刃でウィキペディアをコピペしたような上っぺらの知識。「外付け」のような感じ。

のように感じるというと、言い過ぎでしょうか?

「張る」と「貼る」の使い分けに似ているような気がします。(「貼る」の方が「はる面積」が狭い感じ。)

読売新聞の用語幹事で、用語集改訂の中心メンバーであるS氏に、このあたりの事情を聴いたところ、

「『知識を身につける』は、新聞はずっと『着ける』やってきた。2014年に国語分科会で『「異字同訓」の漢字の使い分け例(報告)』を作ったときも、私は新聞での扱いから『着ける』を主張した。ところが、学習指導要領では『付ける』を使っているということが分かり、『「異字同訓」の漢字の使い分け例(報告)』では、『知識を身に付(着)ける』と併記したうえで、それぞれの理屈を示した注釈を付けることにした。『指導要領での表記』を第一にしつつも、『新聞表記』も認めるかっこうにしたのだが、そうした経緯から、『指導要領に合わせたほうが良いのでは・・・』という社も現れたため、このような異同が生じている。」

とのことでした。

漢字の使い分け一つをとっても、このように大変細かな背景、差異があるのですねえ。。。

(2018、5、22)

2018年6月 4日 19:20 | コメント (0)