Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

6259「『ビリギャル』に出て来た慶應義塾大学の校舎に」

映画「ビリギャル」(「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」)に出て来た慶應義塾大学の校舎に、

「ラテン語の文字」

が刻まれているのが見えました。録画していたので停止させて書き取りました。こんな文字でした。

HOMO NEC VLLVS CVIQVAM PRAEPOSITVS NEC SVBDITVS CREATVR

(ホモ・ネク・ウールス・クウィークアム・プラエポシトゥス・ネク・スブディトゥス・クレアトゥール)

ラテン語の「V」は「U」なのですよね。そう思って見ると、「ローマ字読み」で読めなくもない。

これはどういう意味なのか、調べてみたところ、なんとあの「福沢諭吉」の、

「天は人の上に人を造らず 人の下に人を造らず」

のようなのです!そうだったのか!慶應の人は、みんな知ってるのかな?

「ヤフー知恵袋」(2014年12月24日)の質問に対して「ベストアンサー」に選ばれた「elegant_tasty_new_coffeeさん」の回答によると、

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13139789623

単語の意味は、

homo=人間」

nec...nec.=〜でも〜でもない」

ullus=どんな」

cuiquam quisquam(誰か)の与格」

praeposituspraepono(上に置く)の完了受動分詞」

subditus subdo(下に置く)の完了受動分詞」

creatur creo(創る)の接続法受動相三人称単数現在形」

だそうです。

勉強になりますね!

(20176、2、15)

2017年2月18日 18:43 | コメント (0)