Top

『道浦TIME』

新・読書日記 2015_138

『タモリ論』(樋口毅宏、新潮新書:2013、7、20第1刷・2013、7、25第3刷)

 

 

この本が出た2年前、本屋さんでは見かけたけど、買いませんでした。なんかこれは読んではいけないような気がして。内容が、どうなんだろうな・・・という気もしていました。著者の樋口さんって人を知らないし、奥付(と言うか裏表紙)を見たら、私より10歳も若い人だし、正直言って「信頼がおけない」感じでしたから。

先日、新古書店の「100円均一」の棚でこの本を見つけ、つい買ってしましました。安い。そしてこの本が、タモリさんが「笑っていいとも!」を辞める(というか「笑っていいとも!」が終了する)前に書かれた物だと知って、ある意味「予言の書」だなと思い興味を持ったのです。(まあ誰が見ても、いつ終了してもおかしくないぐらいの長寿番組ではあったのですが。)そして、帯にあるように「やっぱり凄い!」と思いました。

タモリさんがテレビで生きて来たこの30~40年という時期、これはタモリさんについて書かれた本なのですから「タモリ史」であると同時に、「テレビ史」でもあり、また「昭和~平成の時代史」でもあるのです。

そう思っていたら、今度は本屋さんで、出たばかりの『タモリと戦後ニッポン』(近藤正高、好男子現代新書)という本も見つけ、こちらも読んでしまいました。

そして改めて、「ああ、タモリさんと同時代に生きていてよかったな」と思いました。会ったことはないけどね。

 

 


star3

(2015、9、27読了)

2015年10月24日 10:12 | コメント (0)