Top

『道浦TIME』

新・読書日記 2016_015

『文化庁国語科の勘違いしやすい日本語』(文化庁国語課、幻冬舎:20165、12、15)

 

 

たまたま家の近くの本屋さん見つけた。こんな本が、出ていたんだ、全然、気付かなかった。しかも「幻冬舎から!」というのは驚き。

これはお勧めです!まさに「勘違いしやすい日本語」が列挙されています。まあ、私は当然、専門家なので知っていますけど、改めて確認できます。しかも、世の中の人が正しい意味のほうで使っているか、間違った新しい意味のほうで使っているかの「文化庁による調査結果」も載っていて、確認できます。コンパクトでインパクト。どんな言葉が載っているか、一部紹介すると、

「敷居が高い」「流れに棹さす」「枯れ木も山のにぎわい」「破天荒」「さわりだけ」「憮然」

「檄を飛ばす」などなど。

知っている人も多いとは思いますが、確かに「どっちの意味だっけ?」と思うことも多いはず。本書を読んで、勉強しよう!

 

 


star4_half

(2016、1、20読了)

2016年2月10日 11:25 | コメント (0)