" /> Top

『道浦TIME』

新・ことば事情

5393「歪む」

 

佐村河内守さんの「偽ベートーベン問題」というか"ゴーストライター"問題。

先週金曜日(3月7日)の会見で出て来た言葉の中に、

「(音が)歪む」

がありました。この漢字は常用漢字ではない(表外字)ですが、読み方は、

「ゆがむ」

でしょうか?それとも、

「ひずむ」

でしょうか?どちらの読み方もあります。でも使われる場面が違うと思います。

「音」 に関しては「ひずむ」

「映像」に関しては「ゆがむ」

と読む気がします。

「聴覚」=ひずむ

「視覚」=ゆがむ

ともに「本来ある形ではない形」になっている場合です。

「きく」(KIKU)→「ひずむ」(HIZUMU

「みる」(MIRU)→「ゆがむ」(YUGAMU

ということで、「きく」が「ひずむ」となるのは「き」と「ひ」、ともに「イ段」の音ですが、「みる」が「ゆがむ」になるというのは、「イ段」が「ウ段」になっています。これは何か関係があるのかな?

「ひずむ」「ゆがむ」ともに「む」で終わっているのも、何か関係があるのかな?

2音目が「ず」と「が」というともに「濁音」になっているのも、何か関係があるのかな?

「歪」という漢字に「和語」の「ひずむ」「ゆがむ」を充てたということは、やはり共通した特徴があるということでしょう。

なんとなく関連がありそうな、2つの言葉でした。

(2014、3、11)

2014年3月13日 12:44 | コメント (0)