Top

尾山憲一(ytvアナウンサー)『スポ根劇場尾山の大将』

252 ( 番組他 ) 

最近執筆が滞っておりましたが、今回は珍しく映画の話題。。。


伊藤英明さん主演の映画『252生存者あり』が昨日公開初日を迎え、
その舞台挨拶の司会を務めました。

映画の内容は横須賀アナのブログをご覧下さい。

大地震のあとに発生した巨大台風による災害救助物語という設定ですが、
私は入社2年目に阪神淡路大震災を経験しているのと、
2人の子を持つ父の立場がシンクロしてしまい、久々に号泣してしまった作品です。

色々考えさせられるので、是非劇場でご覧下さい!!!


さて、主演の伊藤英明さんは、皆さんご存知の通りの超イケメン。
私が挨拶すると、伊藤さんから手を差し出され、いきなりのシェイクハンド!!!
同姓ながら、握手しただけで、照れてしまいました。
そりゃ~女性ファンが多いわけです…

さらに伊藤さんは周りへの気配りも忘れない方でした…

伊藤さんから、
1年以上苦楽を共にした水田監督と映画宣伝担当者にサプライズ!
暖かいダウンジャケット&コートのプレゼント!!

「本当は僕も欲しかったけど、
親父から‘自分が欲しいと思った物を他人にもあげろ’って教わってきたから…
これまで本当にありがとうございました!!!」
と粋なセリフ…

同じ男として‘格好いい’と思わざるを得ませんでした。


舞台裏で話す内容も熱い伊藤英明さん。
映画「252生存者あり」は涙なしでは語れない必見の映画です!

投稿者: 尾山憲一 日時: 2008年12月07日(日) | コメント (0)

アナウンサー