Top

小澤昭博(ytvアナウンサー)『小澤昭博のゴルフナビ』

「松井の美学」

松井秀喜が20年の現役生活にピリオドを打ちました。


名立たるホームランバッターをも苦しめる甲子園球場の浜風も、松井に掛かれば何のその!右中間スタンドへ豪快にホームランを放り込む姿はあっぱれでした。


松井攻略の為に、「松井キラー」と呼ばれる“左のワンポントピッチャー”というポジションも出来たぐらいです。


「史上最強のホームランバッター」と言っても過言ではないでしょう。


松井の素晴らしさは野球だけではありません。これ程謙虚で、周囲を気遣うスーパースターはいないでしょう。


全国高校サッカー選手権で、私が星稜高校の初の準決勝を実況した際には、母校の星稜イレブンへの応援メッセージを預かりました。確か「大舞台に立つ喜びを感じて楽しんで下さい。応援には行けませんが、みんなの頑張りに期待しています。」という様な内容だったでしょうか。それを伝えたところ、選手達は大喜びでした。


2002年メジャーへの挑戦を表明した時も、最初に口にしたのはファンへの謝罪。「僕のわがままで申し訳ない。裏切り者と言われるかもしれないが、いつか『メジャーに行ってよかったな』と言ってもらえるように頑張りたい。決断した以上は命を懸けたい。」


ファンへのその気持ちをしっかりプレーで返してくれました。


世界中の憧れ、ニューヨーク・ヤンキースと契約、デビュー戦となる2003年の開幕戦ではいきなり挨拶代わりの満塁ホームランを放ち、しっかりとレギュラーの座を掴み、クリーンアップにも定着。2006年以降は怪我にも悩まされましたが、2009年のワールドシリーズでは3本塁打、8打点という大活躍でチームを9年ぶりの世界一へと導き、シリーズMVPも獲得しました。日本人のホームランバッターがメジャーで通用するということを世界中に知らしめました。


私もNYのヤンキー・スタジアムに松井の応援に行きました。




「ヒデーキ!ヒデーキ!」と地元のニューヨーカー達も熱心に松井を応援していて、同じ日本人であることを誇らしく思ったものです。





巨人の不動の4番として、世界一のヤンキースの主軸選手として私達に見せてくれた姿を、誰もが忘れないでしょう。私も目に、心にしっかりと焼き付いています。




38歳、まだやれるという声もありますが、これが松井の美学。本当に沢山の夢と感動を有難うございました。


さて明日15:50~は、先日行われた“阪神X巨人OB戦”が放送されます。将来松井さんにも是非出てもらいたいです。


そして年末年始は勿論“高校サッカー選手権大会”で、良いお年をお迎え下さい!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年12月28日(金) | コメント (0)

「ケンケン祝勝会!」

先日、明治大学ゴルフ部OB会、通称“白雲会”主催の久保谷健一プロ・日本オープンゴルフ選手権優勝祝賀会が開催されました。




こうやって2年連続でOB会と現役生が揃ってケンケンの優勝をお祝い出来て本当に嬉しいです!OB会としても張り合いがあります。


今シーズンはプロ入り後初めての7試合連続予選落ち(一度の棄権も含む)も経験してどん底も味わいましたが、周りのスコアや順位を気にせずに、とにかく自分自身の気持ちを切らさないように努めたとのこと。


日本オープンでも決して調子は良くなかったそうなのですが、努力は裏切りません。練習量は学生時代から今でもずば抜けていますから。


久保谷プロは壇上でいつものぼやきを封印し、「日本プロ、日本オープンと二つの日本タイトルを取ったことで欲が出て来ました。次は是非日本シリーズを取りたいです!!」と力強く宣言してくれました。40歳での日本一のタイトルに自信が戻った様子。三冠達成を期待しています。


大先輩のお祝いに、現役生の薗田峻輔プロや櫻井勝之プロも出席して会を盛り上げました。





来年は峻輔や勝之の番だぞ!!!


最後に出席者全員で肩を組んで校歌斉唱。




これぞ明治の体育会という感じですよね?このこてこて感、嫌いじゃありません。


解散後は同期で通称“黒雲会”へと繰り出し、新橋のサウナで夜を明かしました。年に一度の楽しみです!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年12月26日(水) | コメント (0)

「OZAKI20」

現在大阪で開催中の尾崎豊特別展“OZAKI20“に行って来ました!




尾崎豊が“15の夜”でレコードデビューをしたのは、私がちょうど15歳を迎えようとしていた中学3年生の冬。


尾崎の歌を初めて聞いたのはそれから暫くしてですが、その歌詞に大きな衝撃を受けたのを今でも覚えています。


盗んだバイクで走りだす?校舎の裏煙草をふかして?夜の校舎窓ガラス壊してまわった?


周りに“不良”がいなかった私にとって、尾崎が歌う世界は未知の世界。とても刺激的で、あっと言う間に尾崎ワールドに引き込まれていきました。ただ、私には真似をする勇気はありませんでしたが。


今でもカラオケに行けば尾崎の歌は外せません。15の夜は勿論、17歳の地図、卒業、I LOVE YOU,OH MY LITTLE GIRL、シェリー・・・聞かされる側の迷惑も意に介さず、腹式呼吸で大熱唱です。


そんな私達世代の憧れの的だった尾崎が26歳の若さで逝ってしまったのは残念でなりません。


その死から早20年、“OZAKI20“では本人直筆の創作ノートやカセットテープに残された肉声、等身大の写真などが初公開されています。


中でも、青山学院高等部中退後に同級生達が開いた“中退記念パーティ”で、尾崎が涙を流しながらアカペラで歌った“街の風景”の音声が印象的でした。自主退学した尾崎が何を思って泣いたのでしょうか?


会場内では、私の入社前の1984年に読売テレビの“きんきTODAY”という番組で放送されたという、バナナホールでの尾崎の大阪初ライブを追いかけた貴重なドキュメンタリーも流れていました。


尾崎を追いかけていたのは何と、石黒新・元アナウンス部長!「このドキュメンタリーは石黒新記者の熱意により制作されました」のテロップも。当時、まだ有名でなかった頃の尾崎を追いかけた石黒さんの先見の明には驚きました。


気付けば2時間程いました。久しぶりに尾崎ワールドにどっぷり浸かれました。20年経った今でも心に沁み入ります。


帰りの車中、尾崎豊メドレーを大熱唱したのは言うまでもありません・・・。


メリークリスマス!!





投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年12月24日(月) | コメント (0)

「ドクターKと!」

プロ野球もプロゴルフもシーズンオフに入り、私のコンペシーズンが到来です(笑)!


今年も“小松屋杯ゴルフコンペ“に参加してきました。


毎年各界から豪華ゲストが勢揃い。日本人メジャーリーガーの先駆者、野茂英雄さんも参加されています。




この日は風が強く、時折雪も降り、体感気温は氷点下かというような寒さで、スタートから数ホールはグリーンもカチカチに凍っていました。


グリーンにオンしても、ボールはほとんど転がって外に出てしまいます。


私も凍ったグリーンに手こずり、スタートからボギーを連発。ショットはさほど悪くなかったものの、スコアは82と大苦戦。


条件が厳しいとは言え、納得出来ず・・・でした。


阪神タイガースOBで現・一軍マネージャーの東辰弥さんと一緒にラウンドしたのですが、元プロ野球選手だけあってさすがにスイングスピードは桁違い。


「私にもあんな筋力があればなぁ」と羨ましく思いました。


スコアは二の次!各界で活躍される方々の貴重なお話も沢山聞けて、充実した一日でした。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年12月21日(金) | コメント (0)

「天皇杯セレッソ戦!」

週末久々にセレッソ大阪戦を実況しました。第92回天皇杯の4回戦、清水エスパルスとの試合です。


2年前までセレッソのレギュラーシーズンを実況していた頃とは主力選手の顔ぶれもガラッと変わっていたので、また一からの勉強でした。


試合は4−0でセレッソの圧勝。


この試合一際輝きを放っていたのが、17歳のMF・南野拓実選手。
南野のプロ入り初の先制ゴールでセレッソが試合の主導権を握りました。


南野は大阪・興国高校の3年生。セレッソ大阪の下部組織に所属しながら、トップチームの試合にも出場している期待の選手です。来季からのトップチームとの契約も決まっています。


「最近自分のサインが完成したんです!学校の授業中に友達と一緒に考えました。(笑)」とのこと。練習後も元気よく自転車でグランドを後にする姿に初々しさを感じました。自転車通勤のJリーガーなんてあまり見ませんから。


「夢は海外のビッグクラブでプレーすることです」と海外で活躍するセレッソの先輩、香川慎司選手や清武弘嗣選手の姿を夢見ています。また追いかけたい選手を見つけました。是非とも世界へ大きく羽ばたいて欲しいものです。


準々決勝はガンバ大阪との大阪ダービーです。こちらの一戦も楽しみです!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年12月18日(火) | コメント (0)

「神戸ルミナリエ2012」

現在神戸でルミナリエが開催中です。18回目の今年も行って来ました!





今年のテーマは「光の絆」


東日本大震災などの災害によって被災した地域との“絆”を深める行事として開催することを開催趣旨の一つとして掲げているそうで、神戸の大学生が中心となって、色々な催しが行われていました。


東北までこの希望の光が必ず届いているはずです!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年12月09日(日) | コメント (0)

「世界的名医と!」

日本、アメリカ、ヨーロッパと世界を股に掛けて活躍されている腫瘍内科、感染症、アンチエイジングの専門医で、“体温を上げると健康になる”や“ゴルフで老いる人、若返る人”などベストセラーの著者でもある齋藤真嗣ドクターと、今シーズン初のてっちりを食べに行って来ました。






齋藤先生の交友関係には驚かされます。ビル・ゲイツ、ビル・クリントン、ベッカム、アレックス・ロドリゲス、オノ・ヨーコ・・・などなど世界のセレブ中のセレブを診察されています。


贅沢なことにこれらのセレブと並んで、普通なら講演料や問診料を払わなければ聞けない様な医学的に貴重な話や自分や家族の健康相談を、マンツーマンでして頂きましたが、話題の半分以上は二人の共通の趣味であるゴルフの話。4時間近く、とても楽しく得難い時間を過ごしました。


齋藤先生とは伊澤利光プロを介しての縁です。「私達は伊澤三兄弟です。伊澤さんが長男、小澤さんが次男、私が三男です。」と齋藤先生は言って下さるのが本当に嬉しいです。


齋藤先生からまた良い刺激を貰いました。会えば「自分ももっと精進しないと!」と思わせてくれる方です。


最近東京のFMで月曜から金曜まで毎朝“健康スイッチ”というレギュラー番組も始められたそうで、更に大忙しのご様子。一体いつ休んでいらっしゃるのでしょうか?東京の方はZIPを観ながらラジオを聞いて健康について考えてみて下さい。


仕事が出来るのも、ゴルフが出来るのも健康であってこそ、健康第一だとしみじみ思う今日この頃です。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年12月06日(木) | コメント (0)

「三連覇&賞金王!」

今シーズンの国内男子ツアーも終わりました。


最終戦の“ゴルフ日本シリーズJTカップ“を制したのは、4日間首位を独走し、2位に5打差を付けて大会初の3連覇を果たした藤田寛之プロ。今シーズン4勝を挙げ、通算15勝目、自身初の賞金王にも輝きました。


41歳で初めて賞金が1億を越え、43歳で初めての賞金王。普通なら体力も下り坂の40歳を超えてから強さが増し、更に進化し続けています。


優勝インタビューで「自分が王者の名に相応しいのか分かりませんが、完全優勝ということで、ここは王者と呼ばせて下さい。」と最後まで謙遜していましたが、誰がどう見ても、藤田プロ以外に王者の称号は考えられません。


そう言えば今から20年ほど前、藤田プロがまだプロになり立てのシーズンによみうりカントリークラブでの試合で上位に入ったことがありました。


試合後に話を聞くと、「自分が勝つにはまだ全てが足りません。今回は勝たなくて良かったです。もっと実力を付けてから優勝を経験すべきですから。」と振り返っていましたが、あれから20年、こつこつと努力を積み重ね、賞金王に相応しい実力を付けました。


今シーズンの開幕戦の際に話しを聞くと、「年々衰える筋力をどう維持していくか。そういう年齢になりましたね。数値は測っていませんが、筋力の維持は出来ています!」と力強く話していましたが、その言葉以上の活躍です。


藤田プロとは学生時代にリーグ戦でしばしば対戦しました。私と同じ1969年生まれの43歳ですが、学年にすると私より藤田プロが1年下になり、一応先輩ということでいつも私を立ててくれます。


私が灼熱の関西オープンで他のプロのキャディをやった時も、「こんなに暑いのに大丈夫ですか?無理しないで気を付けて下さいね!」と気を遣わせてしまいました。


藤田プロを見ていると本当に勇気が沸いてきます。身近にこんなに凄い同年代がいたら、もう年齢を言い訳には出来ませんね・・・。


ビッケ、本当におめでとう!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2012年12月04日(火) | コメント (0)

アナウンサー