Top

小澤昭博(ytvアナウンサー)『小澤昭博のゴルフナビ』

ブログ リニューアル

ブログをリニューアルしました。新しいブログはこちらから。
今後は新しいブログで更新しますので、応援よろしくお願いします。

http://www.ytv.co.jp/blog/ana/ozawa/

投稿者: 小澤昭博 日時: 2016年05月31日(木) | コメント (0)

「第11回スタジオアリス女子オープン」

いよいよスタジオアリス女子オープンが明日8日に、兵庫県三木市の花屋敷ゴルフ倶楽部 よかわコースで開幕します。





開幕に先がけて、ディフェンディングチャンピオンの成田美寿々プロ、昨季日本人プロとしては賞金ランキングトップの6位で、今季もここまで日本人トップの渡邉綾香プロにインタビューさせて頂きましたが・・・

成田プロは
「今年の大会は、グリーンコンディションが去年より柔らかくボールが止まりやすいので、
去年とは違って、スコアが伸びて行く展開になるかもしれません。初優勝を狙う若い選手が出てきていますが、負けたくないです!!」
と連覇への闘志を見せました。

更に、
「オリンピックには出たいです。目標は東京オリンピックでの金メダル。リオは通過点とは言いませんが、東京に向けオリンピックを経験しておきたいです。現在の世界ランクを考えるとオリンピック出場は厳しい状況ですが、優勝を続けてチャンスを掴みたいです。」
と、オリンピックへの思いを話しました。


渡邉プロは
「優勝したいです!!今年は何度も優勝争いに絡みながら優勝に届かない・・・。つまらないミスがあり、あと一歩届かないでいます。今年も外国勢が強いですが、私も早く優勝したいです!!」と優勝への強い思いを語りました。


また、「リオオリンピックに出場したいです!!その為にも、夏までに複数勝利をあげないと出場圏内にいる上位2人には届きません。最大の目標は、東京オリンピックで金メダル。」と、こちらもオリンピックへの率直な気持ちを聞かせてくれました。


1番ホールティー横では桜も綺麗に咲いてお出迎え。





この大会の決勝ラウンドの模様を読売テレビで中継します。


9日(土)は読売テレビ関西ローカルで14時~、実況は本野アナ、
10日(日)は読売テレビ・日本テレビ系全国ネットで15時~、実況は小澤が担当します。両日とも解説は村口史子プロ、ラウンドリポーターは山崎千佳代プロです。


今年はどんな戦いが待っているのでしょうか!?是非ご覧下さい!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2016年04月07日(木) | コメント (0)

「金本阪神開幕!!!」

いよいよ明日、プロ野球12球団が一斉に開幕します!!


金本知憲監督を筆頭に、元気な若手も揃い、新生・阪神タイガースが“超変革”で迎える門出です。





私もキャンプインからオープン戦と取材を続けて来ましたが、どんどんチームが生まれ変わっているのを感じています。





オープン戦を1位で終え、チームは絶好調。周囲からの期待も膨らむ中で金本監督に話を伺うと、意外にもリスク管理に慎重で、「期待と不安が半々です。」とプレッシャーを感じている様子。

明日の中日ドラゴンズとの開幕戦の先発予想は阪神・メッセンジャー、中日・大野雄大です。


オープン戦から快進撃が続いている、1番ルーキー高山俊、2番横田慎太郎、期待の若手コンビの開幕スタメン濃厚!私もワクワクしています。





読売テレビでは試合開始前の17時50分~、開幕戦を独占生中継します。
解説は川藤幸三さん、赤星憲広さん、実況は小澤です。


第2戦は12時54分~、遠藤章造さん、諸国アナによる開幕特番を、
14時~の試合中継は解説・岡田彰布さん、赤星憲広さん、実況・尾山アナでお送りします。


新生タイガースの開幕は読売テレビでお楽しみください!!!

日時: 2016年03月24日(木) | コメント (0)

「阪神キャンプ最終クール」

再び、沖縄・宜野座村の阪神キャンプへ。


第6クール初日の昨日は日本ハムとの練習試合。結果は7−1で阪神の圧勝でした。











先発の岩田稔は3回3安打1失点、2番手の能見篤史は2回1安打無失点、2奪三振。


二人ともストレートに磨きをかけることをテーマに臨んだ今キャンプ。


岩田本人は「もっとストレートで押し込めるようにしないと。変化球もまだまだ。」と厳しめの自己評価をしていました。


能見に関しては、金本監督が「ストレートもフォークも腕が振れていて良かった。能見の良い時はど真ん中でも相手の打者が空振りする。それに近い状態になっている。」と賛辞を送りました。


今季もこの二人が、左投手の柱としてローテーションを支えていきます。開幕まで順調な調整を進めて欲しいものです。


打っては、3年目の注目株、金本知憲監督、掛布雅之2軍監督が揃って太鼓判を押す横田慎太郎外野手が「8番・ライト」で先発出場し、4打数3安打、4試合連続のマルチ安打の大活躍。開幕スタメンも見えて来ました。


そして、前夜に1軍キャンプに合流したばかりのドラフト1位ルーキーの高山俊外野手は7番DHでフル出場、4打数1安打。
「充実した一日になりました。ヒットは素直に嬉しいです!!」と1軍キャンプ初日を振り返りました。
試合後も居残り特打です。





高山と一緒に1軍キャンプに合流したドラフトルーキー6位の板山祐太郎外野手、育成選手の原口文仁捕手も1軍実践デビュー。


切磋琢磨しながら、ひたむきに汗を流す若虎達が眩しいです。


「初心忘るべからず」ですね。私も身が引き締まります。

日時: 2016年02月26日(金) | コメント (0)

「巨人キャンプ2016」

沖縄県那覇市のセルラースタジアムで行われている、巨人の2次キャンプへ。


高橋由伸新監督の下、
今年のチームスローガンは「一新 ~GIANTS PRIDE 2016~」





この日は広島とのオープン戦。





目に付いたのは、ドラフト2位ルーキーの重信慎之介外野手。


「俊足好打」を実践し、出塁すれば常に盗塁を狙う姿も魅力的で、赤星憲広さん以来のルーキーイヤー盗塁王の資質も十分にありそうです。巨人首脳陣も開幕スタメンを期待していることでしょう。


新人選手が大きく伸びるチームは必ず柱となる主力選手がしっかりした成績を残しています。阿部慎之助、村田修一、長野久義、坂本勇人といった主軸の働きも勿論大切になってきます。

高橋監督就任1年目のキャンプ、ここまでは選手個々が取り組んでいるテーマをそれぞれ実践させ、まずはそれを見守っている様子です。


同じく就任1年目のキャンプも、最初から積極的に動き、選手と対話してまた自ら雰囲気を演出している金本監督とは対象的な監督像。


どちらが良い悪いでなく、キャンプの組みたて方から異なる二人の新任指揮官がどんなチームを作り上げていくのか楽しみです。


日時: 2016年02月22日(月) | コメント (0)

「ガンバ新スタこけら落とし!」

Jリーグ、ガンバ大阪の新しい拠点となる“市立吹田サッカースタジアム”が万博記念競技場内に完成し、そのこけら落としマッチ、パナソニックカップのガンバ大阪VS名古屋グランパス戦を取材してきました。











結果は3−1でガンバの快勝!幸先いいスタートとなりました。
新戦力も加わり、チームも更に充実した様子です。


今週末に行われる“FUJI XEROX SUPER CUP 2016”に向けても、期待出来そうです。


今年もフジゼロックススーパカップ、サンフレッチェ広島VSガンバ大阪戦を2月20日(土)13時30分~、読売テレビ・日本テレビ系で全国生中継します。


実況・田辺研一郎アナ、小澤はガンバのベンチリポートを担当します。是非ご覧下さい!!


おまけ。


万博公園に隣接されている大型複合施設のEXPOCITYもオープン直後に偵察済み。





関西初出店のロンハーマンカフェで。


ガンバ観戦とセットで楽しめそうです。

日時: 2016年02月15日(月) | コメント (0)

「ハワイでゴルフ合宿」

ソニーオープン観戦の後は、絶好の気候のハワイでゴルフ合宿。


昨年は怪我の為日本ツアーを1年休んだH・リー(ハン・リー)プロ、ハワイ在住で元広島のキラ、巨人OBの水野雄仁さん、ハン・リー、キム・ヒョンソンら所属先の勘定浩司社長、お世話になっている奈良の中尾隆成さん、出石幸喜プロらと。









アマチュアも全員ブラックティー(最後方のティーマーク)からプレーしました。水野さんのクラブさばきのセンスの良さには驚きました。スイングのタイミングが少しずれても上手くインパクトを調整できます。その上、明るいトークで終始皆を楽しませてくれました。


ヒョンソンとも行きました。






ブラックティーからヒョンソンはパッティングの調子が悪く70、小澤はパッテイング絶好調で76でした。


ヒョンソンは私があまりにパッティングの調子が良いので、「先輩のパターを貸して下さい。」と、何度も私のパターで打っていました。


最後には負けず嫌いのヒョンソンが「今日は先輩に負けたのと同じです・・・」と敗北宣言。私を持ちあげてくれました。


ハーフではアンダーパーの“34”も出て、心身共に気持ちの良いハワイゴルフ合宿でした。


それから、PGAツアーでは松山英樹が世界ランク4位のリッキー・ファウラーをプレーオフ4ホール目で破り、2勝目を挙げました。松山の世界ランクも12位に上昇。


4年前のソニーオープンで、当時学生でアマチュアの松山と一緒に小田孔明プロのギャラリーをしたのが遠い昔のようです。


3勝目、4勝目、そして、メジャー制覇へと期待しています!!

日時: 2016年02月11日(木) | コメント (0)

「プロ野球キャンプイン&男子ゴルフ開幕」

プロ野球12球団が昨日一斉にキャンプインしました。


今年は読売テレビが阪神担当の幹事局の為、スポーツアナウンサーも交代で、全局を代表し、金本知憲新監督や選手らのインタビューなどを担当します。


キャンプイン前日には那覇空港での歓迎セレモニーと、ビジター用のユニフォームの発表会が行われました。








キャンプ初日は生憎の雨。キャンプインにあたって金本監督が挨拶し、室内練習場での練習がスタート。





早速、金本監督が直々にバットを持ち、江越選手に熱血指導。選手の中に入っても、体つきも構えも何の遜色ありません。





練習後、金本監督は初日を振り返り、「思っていた以上に選手の動きが良かった」と、まずキャンプ前の各選手の準備に合格点。


ゴメス選手については「しっかり絞ってきている。スイングもいいし、去年のキャンプインとは違う。過去2年は何をやってたんだ!?と聞いてやった。黙ってたけどね(笑)。」と、


新外国人内野手のへイグについては、「身体やスイングの準備は出来ている。日本野球の文化を誰かに聞いて勉強してきたんだろうね。」と、外国人二人の初日の動きには及第点。


「ブルペンで一番目立っていたのは!?」の質問には ・・・


「残念だけど球児が一番目立っていた。残念というのは、もっと若手投手が目立って欲しかったということ。球児のストレートは回転も良く、球の質が良い。自分が打席にいるつもりで見ていたけど、打ってもファールになりそうな良いストレートだったよ!」と藤川球児投手の調整の良さにも満足げ。


更に「中継ぎで考えたとしても、後ろの方(抑え投手を含めて)を任せられる感じ。今は先発投手としてもやれるように調整してもらっているけど、それが上手くいけば下柳みたいに40歳を越えてもやっていける。やっぱり球児はタテジマのユニフォームが似合うね。去年までのアメリカでのユニフォームは似合わなかったもんな・・・」と目を細め、現時点の藤川に大きな期待を寄せていました。


雨も何のその、監督も全般的に手ごたえを感じている様子のキャンプ初日でした。


そして、日本男子ゴルフツアーもアジアツアーとの共同開催、“SMBCシンガポール”で開幕し、宋永漢(ソン・ヨンハン)24歳が、現在世界ランク不動の1位のジョーダン・スピースの猛追をかわし、見事な初優勝を果たしました。





4日連続で雷の為にサスペンデット。スピースとの勝負は5日目に持ち越しとなり、相当なプレッシャーも掛かったと思いますが、童顔の可愛い顔の奥に秘められた強い精神力は世界一にも負けていませんでした。また日本でゆっくり話を聞きたいです。


ヨンハン、岡本キャディ、おめでとう!!!


球春到来です。

日時: 2016年02月02日(火) | コメント (0)

「ソニーオープン2016」

今年もPGAツアーの“ソニーオープン・イン・ハワイ”に行って来ました。







(16番ホールグリーン奥にある、Wをかたどったヤシの木)


今年は多くの日本人選手が決勝ラウンドまで進み、中でも片岡大育プロは3日目終えて6位タイ、最終結果33位タイと健闘しました。


片岡大育プロに付いて回りましたが、堅実なプレーで、攻めるホールと守るホールのメリハリを付けた戦いをしており、何よりもパッティングのタッチが抜群でした。初めてのワイアラエで手ごたえを感じたのではないでしょうか。


新選手会長の宮里優作プロとはホテルも一緒で、「今年は色々な面でまたお世話になると思いますが、よろしくお願いします。」と、既に選手会長としての責任も感じているようでした。片岡プロも同じホテルの宿泊でした。


最終日に進めなかった石川遼プロも練習場で暫く見ていましたが、練習での状態は悪くありません。試合の中でのドライバーショットの精度が、スコアの鍵を握りそうです。


13位タイのチャールズ・ハウエル三世と。



爽やかな笑顔でファンのサインに応えるアダム・スコットは56位タイでした。



28位タイのケビン・ナ、ヒョンソンは予選落ちでした・・・



(右から、キム・ヒョンソン→ナム・ヨンウ→ケビン・ナ)


何処を見ても錚々たる顔ぶれ。PGAツアーはやはり雰囲気から違います。仕事を離れ、いちゴルフファンとして魅了されてしまった1週間でした。

日時: 2016年01月31日(日) | コメント (0)

「人生の約束」

明けましておめでとうございます。お陰様で読売テレビは2年連続で年間視聴率3冠を獲得しました!!本年もよろしくお願い致します。


さて、今朝のす・またんでもお伝えしましたが、映画、“人生の約束”の試写会に行って来ました。





ドラマ「池中玄太80キロ」などで知られる巨匠・石橋冠監督が、「人生で1本だけ映画を撮りたい」と長い間探し求め、ようやくたどりついたのが、人間関係が希薄になったこの時代に、監督の第二ふるさとでもある、富山県射水市新湊地区で1650年から365年以上続く曳山祭りを通して、人と人との“つながり“の素晴らしさをテーマに描いたこの映画でした。


主演で冷徹な東京のIT企業社長役の竹野内豊さんが、新湊出身の親友の死によって、地元漁師役の江口洋介さん、地元の町内会長役で石橋作品にはやはり欠かせない西田敏行さん、親友の娘役の高橋ひかるさんらと出会い、つながり、本来の自分を取り戻して行く姿を、曳山祭りを通して温かく描かれています。


高さ約8メートル、重さ3.5トンもの曳山が13本も連なり、昼は花山、夜は提灯山へと模様替えして、町中を練り廻る様はそれは壮観です。








日本海越しの雄大な立山連峰や、“日本のベニス”とも言われる内川の穏やかな風景も心に残りました。


番組では竹野内さんと江口さんに、撮影裏話も話して頂きました。
撮影が休みの時には二人で釣りに行って魚をさばいて食べていたそうで、漁師役の江口さんは自ら角刈りにし、撮影時も撮影後の食事会の時でも寝る時も一日中ジャージで、まるで漁師にしか見えなかったそうです。


番組恒例の無茶ぶりには竹野内さんは苦笑い、江口さんは頭を抱えられ・・・





映画“人生の約束“は明日1月9日全国公開です。読売テレビも制作協力しています。是非ご覧下さい!!


映画の舞台、新湊の名物、かぶら寿司を今年もお正月に頂きました。美味しかったです。




日時: 2016年01月08日(金) | コメント (0)

「澤選手、有終の美」

女子サッカー界の宝、INAC神戸レオネッサの澤穂希選手が、今日、皇后杯での優勝をもって現役を引退されました。


アルビレックス新潟との決勝戦、0−0のまま迎えた後半33分、川澄奈穂美選手からのコーナーキックを頭で合わせて1−0、自らの決勝ゴールで有終の美を飾りました。


15歳から日の丸を背負って22年、これまでこのブログでも澤選手と女子サッカー界については色々と書いてきましたが、不遇の時代から先頭に立って日本女子サッカーを引っ張り、時には影から支え、悲願の世界一へと導きました。


女子のサッカーチームが無く、女子が男子のチームで練習せざるをえなかった時代や、スポンサー不足で廃部が相次いでいた時代には考えられなかったことです。


以前独占インタビューをさせてもらった時に、澤選手の言葉で一番印象に残っているのが、


「100回やれば出来る事を99回で諦めるのが一番勿体ない。」


正に澤選手を表す言葉です。長きに渡る選手生活の中で、人知れず100回、200回の努力をしてきたのでしょう。努力は裏切りません。


現役は引退されても、サッカー界から引退されるわけではなく、これからも、サッカー界、スポーツ界の“道標”となってくれることでしょう。


優勝インタビューの最後に澄み切った笑顔で話された「これからも女子サッカー界を応援して下さい!!」という一言に全てが込められています。


日本だけでなく、世界中が澤選手から沢山の感動と勇気をもらいました。


ひとまず、お疲れ様でした。





す・またんファミリー最強コンビは永遠に不滅です。吉田紗保里選手もリオ五輪代表決定おめでとうございます。

日時: 2015年12月27日(日) | コメント (0)

アナウンサー