次回予告 バックナンバー 地球便マップ ディレクターの取材こぼれ話 募集
今回の放送今回の放送

#117「イタリア/フィレンツェ」 8月22日(日) 午前10:25〜11:25


 今回は1時間スペシャル。「ぐっさん」こと山口智充が、番組が始まって以来はじめて海を渡り、イタリア・フィレンツェへ。過去に番組で紹介した、この街で奮闘する日本人の職人たちを訪ね、その繊細な職人技を目の当たりにし、山口自ら家族からの届け物を手渡す。

 まず訪ねるのは、イタリアに渡り12年になる靴職人の深谷秀隆さん(35)。その靴作りへのこだわりは徹底しており、牛一頭の分の革から、たった1足の靴しか作らないというほど。彼の靴はイタリアで最も美しいと言われ、価格は最低でも35万円。そんな並々ならぬ靴へのこだわりをもつ深谷さんと、ようやく対面を果たした山口は「お会いしたかったです!来ちゃいました!」と大感激。

その工房で、山口は深谷さんが靴を作る工程を真剣に見守る。注文を受けてから納品までおよそ1年。足の木型から製作するフルオーダーで、1年に作れるのは40足ほど。元々ファッションデザイナーとして将来を嘱望されていたが、12年前、"自らの手でモノを作り上げたい"とすべてを捨ててイタリアへ。「最初は苦労されたでしょう?」と聞く山口。当初は貯金を切り崩しながらの生活だったという深谷さん。「少しずつイタリア人のお客さんが増え、1足で終わらず、2足3足と買ってくれるようになって、やっとこの街に馴染めた気がした」と振り返る。

 これからも靴職人としてイタリアで生きていく——。そんな決意を抱く息子へ、母からの贈り物が山口の手から直接届けられる。それは深谷さんが大好きだった母手作りのきゅうり漬け。そこにはレシピも添えられていた。実はこの漬け物、いくつもの工程を経て、作るのに丸1日もかかるこだわりの味なのだ。「父も母もすごくこだわる人。凝り性なところが僕に受け継がれているのかも」と深谷さん。だからこそ生み出される誰にも真似のできない靴。深谷さんは「イタリアだけでなく、ヨーロッパの人に認められるまで続けたい」と秘めた決意を語る。



 フィレンツェの街角には似顔絵描きやミュージシャン、パントマイマーなど、さまざまなパフォーマーがいる。山口自身も彼らと絡んでみたり、楽しみながら歩いていると、地面に聖母などの絵をチョークとパステルだけで描くアーティスト「マドンナーロ」の斎藤智輝さん(48)と遭遇する。10年前、絵の勉強をしにイタリアに来たとき、現地のマドンナーロと出会い、その虜になったという。絵の完成までおよそ10時間。やがては雨や風で自然に消えていく路上アートに無心で取り組むその姿に、山口は心を揺さぶられる。

 続いて訪ねるのは、ベッキオ橋近くに工房を構えるジュエリーデザイナーの檀純世さん。17年前にイタリアへ渡り、現在は恋人の金細工職人マルコさんと共に、フィレンツェ伝統の透かし彫りを施したジュエリー「トラフォーロ・フィオレンティーナ」を制作している。糸のこで手彫りされるその職人技の細かさは、山口も思わず「すごい!」と感嘆の声をあげるほど。3年前に工房を立ちあげ、二人三脚で頑張ってきた2人。山口が「もめることは?」と尋ねると、純世さんは「仕事以外も一緒なので、よくもめます(笑)」。前回の取材でも、こだわりの強い職人気質の2人が少々ぶつかっていたシーンもあった。前回のそんな様子を見た純世さんの両親からは「ぶつかることもあるだろうけど、そんな時はゆっくりお茶でも飲んで息抜きして欲しい」と、野点のお茶セットが届けられる。

 そして最後の配達先は、イタリアに渡って13年になる壁画修復師の前川佳文さん(36)。さっそく前川さんが修復を終えたばかりの教会へ。そこは前回放送の時に前川さんが修復をしていた場所。あの時ススにまみれて真っ黒だったフレスコ画は、1年経って500年前と同じ輝きを取り戻しており、山口も「色が鮮やか。全然違う」と感激する。現在は修復学校でも教えている前川さん。その教え子が修復作業をしている現場にも、特別に立ち入らせてもらい、洗浄作業を見守る。みるみるオリジナルの色が現れてくる様子に感激する山口。前川さんも「この瞬間がものすごく感動するんです」という。前回の取材では、「早く日本に帰ってほしい。孫の顔が見たい」と涙をこぼした前川さんの父。「お父さんへの思いは?」と聞く山口に、前川さんは「気持ちはよく分かる。でも心底この仕事が好きでここにいる。日本に絶対帰らないわけではないから、もう少し待っていて欲しい」と現在の気持ちを明かす。そんな前川さんに父から届けられたのは、前川さんが欲しがっていた炊飯器と、亡き祖母が最後に漬けた梅干し。そこには「息子の帰国を願うだけでなく、これからは理解して応援したい」という父の決意が込められていた…。


MAP

目的の地域を拡大表示させたい時は?

アイコンを地図の中央に持ってきて
左の「+」ボタンを押すと地図が拡大し、アイコンの示す地域により近付く事が出来ます。
同じように、「−」ボタンを押すとより広範囲の地図を表示することが出来ます。

地図を動かすには?

左上の「↑」「↓」「←」「→」を押すことで、地図を上下左右に動かすことが出来ます。

目的の場所を空から見てみたい!

右上の「地図」「航空写真」「地形」をクリックすることで、地図の表示を変えることが出来ます。
例えば、「航空写真」をクリックすると目的の地域を衛星写真および航空写真で表示することが出来ます。