次回予告

#4757月8日(日)10:25~放送
アメリカ・シアトル

アメリカ北西部の大都市・シアトルで、そば職人として奮闘する相馬睦子さん(35)と、日本の家族をつなぐ。高校時代に美食サークルを立ち上げるほど料理好きだった睦子さんは、海外の食に興味を持ち、18歳でシアトルの料理学校に留学。そして、23歳で結婚した後は地元のフレンチレストランに就職し、料理長を務めるまでに。ところが、リーマンショックのあおりを受けてレストランが閉店。そんな中で、昔おばあちゃんが作っていたそばを思い出した睦子さんは一念発起して日本に帰国し、そば打ちを習得した。昨年オープンした現在の店は、西海岸では唯一となる手打ちそば専門店。2013年に一度開店したものの出産を機に休業していたが、新店舗での再開を決意すると、かつての常連客たちが開業資金を集めて手助けしてくれたのだった。睦子さんは伝統を守りながらも、まだまだなじみがないそばを広めるために週に1回新作メニューを開発。現状に満足せず常に新たな味を追い求める彼女のそばはシアトルの人々を虜にしている。こうして多くのファンや協力的な家族に囲まれる睦子さんだが、その充実した笑顔とは裏腹に、日本にいる母親との間には溝が生まれていた。きっかけは、最愛の父の死…。アメリカに渡って17年、母一人娘一人離れ離れの生活が続き、素直に言えなかった気持ちを抱えたままの睦子さん。そんな彼女の元へ、長い時と距離を越えて母の思いが届けられる。