次回予告 バックナンバー 地球便マップ ディレクターの取材こぼれ話 募集
今回の放送今回の放送

#106「ニュージーランド」 5月30日(日) 午前10:25〜10:55


 2016年のオリンピック正式種目に選ばれたこともあり、今世界中の注目を集めているラグビー。今回は、世界最強との呼び声も高いラグビーの本場ニュージーランドで、女子ラグビーに打ち込む高校生・武藤さくらさん(17)と、神奈川県横浜市に住む父・誠さん(50)、母・早苗さん(47)をつなぐ。ラグビー留学のため、15才で日本を離れて約1年半。両親は「娘は元々体が弱く、すぐに風邪をひいては熱を出し、病院には一番多くかかっていた。それだけに心配は多い」と、一人親元を離れて暮らす娘を案じている。

 さくらさんは女子ラグビーも盛んなニュージーランドのロトルアにある公立女子校のラグビーチームに所属している。チームは地元でも有数の強豪校。今年は全国制覇を目指しているだけに、練習はハードそのもの。体重48㎏と小柄なさくらさんだが、倍以上もあろうかという大柄なチームメートと渡り合い、レギュラーの座を勝ち取った。体格のハンデを克服するため、チーム練習とは別に自主トレも欠かさず、人一倍努力を重ねているのだ。

 今、ニュージーランドは冬のシーズン真っただ中で、週に一度は公式戦が行われている。「自分の欠点とか、試合の中でしか見つけられないことも多い。試合がたくさんできるのは嬉しい」とさくらさん。世界大会で優勝経験もある敏腕コーチは「彼女はパスもうまいし足も速く、高い技術を持っている。でも一番の武器はタックル。どんな大きな相手にも勇敢に突っ込んでいく」と、さくらさんの実力を高く評価する。 

 13歳の時、弟の影響で地元のラグビーチームに入ったさくらさんは、たちまちその魅力の虜に。だが次第に日本での練習に物足りなさを感じ「本場で学びたい」と留学を決意。昨年はチームで一番活躍した選手に贈られる「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれた。さくらさんは「夢は日本代表になってオリンピックに出場し、金メダルを取ること」と大きな目標を掲げる。

 平日は普通の高校生として授業を受けているさくらさんだが、今の一番の悩みは、まだ英語が思うように話せないこと。ラグビーでは果敢にタックルを決めるものの、元々シャイな性格で、友達の輪になかなか入っていけない。それでも友達とショッピングに行ったり、交流を持とうと努力を続けている。また、日本にいる頃は好き嫌いが激しく、食も細かったが、今ではホームステイ先のお母さんが作る料理をなんでも食べるようになった。

留学当初は言葉も通じなくて、誰にも悩みを打ち明けられず、ひたすら日記に想いを綴る日々が続いたという。「日本に帰りたくて、夜になると涙が止まらなかった。それまで厳しい父に反抗していたけど、こっちに来て親のありがたみが分かるようになった」というさくらさん。そんな言葉に、両親は「体だけでなく、精神的にも大きく成長したようで嬉しい」と娘の成長に涙をこぼす。

 あえて過酷な環境に身を置き、生傷の絶えない激しいラグビーにひとり打ち込むさくらさん。そんな娘へ母からのお届け物は、手作りのネック・ウォーマー。子供の頃から体が弱く、しょっちゅう風邪を引いていた娘のために、心を込めて縫い上げたものだ。添えられていた手紙には、「夢に向かってひとりで頑張るさくらのことを誇りに思っています」と綴られていた。母が初めて伝える想いに、さくらさんは「期待に応えられるように頑張りたい。言ったことはないけど、感謝しています」と涙をこぼす…。 


MAP

目的の地域を拡大表示させたい時は?

アイコンを地図の中央に持ってきて
左の「+」ボタンを押すと地図が拡大し、アイコンの示す地域により近付く事が出来ます。
同じように、「−」ボタンを押すとより広範囲の地図を表示することが出来ます。

地図を動かすには?

左上の「↑」「↓」「←」「→」を押すことで、地図を上下左右に動かすことが出来ます。

目的の場所を空から見てみたい!

右上の「地図」「航空写真」「地形」をクリックすることで、地図の表示を変えることが出来ます。
例えば、「航空写真」をクリックすると目的の地域を衛星写真および航空写真で表示することが出来ます。