次回予告 バックナンバー 地球便マップ ディレクターの取材こぼれ話 募集
今回の放送今回の放送

#060「カナダ/バンクーバー」 6月14日(日) 午前10:25〜10:55


■内容

 今回の配達先はカナダ・バンクーバー。この町でギター職人として働く川上祐介さんと、岐阜県・可児市に暮す同じギター職人の父・秀穂さん(67)、母・紀子さん(62)をつなぐ。

 秀穂さんのギター工房を訪ねた山口は、たくさんのギターや工具類に囲まれて興味津々。同じ道に進んだ祐介さんについて聞くと、秀穂さんは「楽器作りは難しい。独り立ちするのは無理だと思っていた」という。夫の苦労を見てきた紀子さんも「普通のサラリーマンになったほしかった」と祐介さんを案じる。

  バンクーバーへはおよそ8000キロ、15時間の旅。一年を通してほどよく乾燥した気候と、豊かな森林資源から、世界でもっとも木工製作に適した土地といわれる。7年前、「本場でひとりでやってみたい」と、日本屈指のギター職人である父の元を離れてこの地にやってきた祐介さん。現在は自らのブランドを立ち上げ、手作業にこだわったオーダーメードのギター製作をたった一人で行っている。工房では小刀を手に、ひとり黙々と木を削ってパーツの微調整を繰り返す祐介さん。お客さんひとりひとりに合わせて木材を選び、ギターの大きさや形を調整するため、1ヵ月で3本作るのが精一杯だという。

  もともとギター製作には興味がなく、サラリーマンになった祐介さん。だがある日、父の元にイギリスのロックバンド、ディープ・パープルのギタリストだったリッチー・ブラックモアから注文が入ったことが転機となった。ロックが好きだった祐介さん憧れのギタリストだった。あらためて父の偉大さに気づいた祐介さんは、「自分も物づくりが好きだったし音楽も好きだった」と、ギター職人という仕事に興味を抱くように。そして24歳で脱サラ、父に弟子入りした。ところが父が教えてくれたのは基本的な道具の使い方だけ。祐介さんはひたすら木工の基礎を練習し、父の技術を盗んだという。このとき叩き込まれた道具の使い方が、祐介さんのギター作りの基礎になっているのだ。

  日本にいれば一流のギター職人である父と一緒に恵まれた環境で働くこともできた。だが祐介さんは「日本にいれば楽だった。でもそんなところで作っている奴が、いいものを作れるはずがない」ときっぱり。「いつか絶対に父を追い抜きたい」と熱く語る。

  そんな祐介さんへ、父からの届け物は、ギター作りに欠かせない木工道具の小刀。父が自ら手作りしたもので、柄の部分には「迷いは一瞬、汚点は一生、作品は心なり」という言葉が記されている。それは、同じ道を歩む息子へ、初めて伝える職人としての心構えだった。そして添えられていた手紙には、東京で偶然見かけた、祐介さん製作のギターについての感想が。その言葉に祐介さんは胸を熱くする…。


 









MAP

目的の地域を拡大表示させたい時は?

アイコンを地図の中央に持ってきて
左の「+」ボタンを押すと地図が拡大し、アイコンの示す地域により近付く事が出来ます。
同じように、「−」ボタンを押すとより広範囲の地図を表示することが出来ます。

地図を動かすには?

左上の「↑」「↓」「←」「→」を押すことで、地図を上下左右に動かすことが出来ます。

目的の場所を空から見てみたい!

右上の「地図」「航空写真」「地形」をクリックすることで、地図の表示を変えることが出来ます。
例えば、「航空写真」をクリックすると目的の地域を衛星写真および航空写真で表示することが出来ます。