特集動画

過去の放送内容

    2021年12月

    該当月に選択したコーナーの動画が存在しません

    • 2021年12月20日

      ノゾキミ

      大阪・西成の子ども食堂“居場所が無い”子どもたちのために奮闘する女性に密着

      大阪市西成区で、ひとり親や共働き世帯の子どもたちに無料で温かい家庭料理を提供している「にしなり☆こども食堂」。食堂を切り盛りし、時には子どもたちの相談にのり、また、時には、学習の場も提供しているのが、川辺康子さん。さらに支援を広げようと奮闘する川辺さんの熱い日々に密着しました。

      「にしなり☆こども食堂」
      大阪市西成区中開3—3 ひらき住宅1—102
      開催:毎週月・火 17:00~19:00 毎週土 学習10:00~14:00
      電話/FAX:06—7709—5432
      HP:kodomo-siyokudou.jp
      ※「にしなり☆つながりの家」の寄付やサーポートなど問い合わせも上記番号へ

    • 2021年12月17日

      その他の特集

      誕生から40年…苦難乗り越え美景路へ「メタセコイア並木」知られざる歴史

      四季折々の表情が訪れる人々を魅了する、滋賀県高島市のメタセコイア並木。約2.4kmに渡り幻想的な光景が広がる、滋賀県の観光名所です。しかし実は40年前、苗木から成木へと成長していく過程では、住民から苦情の声が相次いでいました。絶景が誕生するまでの知られざる歴史と、”名所”となるきっかけになった思わぬ出来事、その歩みを紐解きます。

    • 2021年12月15日

      その他の特集

      「行きたい場所にいく」「やりたいことをやる」障がい者とか健常者とか関係なく… 車いすのマネージャー“自分の可能性”とは

      滋賀県長浜市の高校の野球部に、脳性まひのため手足が自由に動かせないマネージャーがいます。山本陸くん。「僕には出来ないことがたくさんある。でも出来ることもある。誰かの協力さえあれば僕は自分の可能性に挑戦できる」 高校3年生の彼が、野球部の活動を通して見つけた“将来の目標”と“自分の可能性”を信じて進む姿を追いました。

    • 2021年12月14日

      その他の特集

      模索続ける高齢者の孤立支援 ~コロナ禍だからできること~

      コロナ禍の外出自粛で懸念されている、一人暮らしの高齢者の孤立。大阪府豊中市ではこれまで、住民の孤独死を防ぐため、見守りや交流など様々な支援を行ってきましたが、その活動ができない事態になってしまいました。助けられた人たちを助けられない…途方に暮れる中、あるスタッフのひと言で一念発起!支援を再開し、“今だからこそやるべきこと”を模索する人々の姿を追いました。

    • 2021年12月14日

      ゲキ追X

      【マルキの闇】パワハラ疑惑の「A隊員」法廷へ 兵庫県警機動隊 連続自殺、真相は明らかになるのか―

      2015年、兵庫県警機動隊・通称「マルキ」で起こった、隊員2人の連続自殺。当時24歳の巡査が残した遺書には、先輩である「A隊員」に向け『あなたの思い通りにになってよかったですね。もうこれ以上、あなたに関わることはないですよ。』と記されていた。遺族は、自殺の原因がパワハラだとして県警側を提訴。その裁判が3年ぶりに開かれ、「A隊員」の証人尋問が行われた。

      これまで沈黙を貫き、初めて遺族の前に姿を現した「A隊員」は、果たして何を語ったのか?自殺の真相は明らかになるのか?ゲキ追しました。

    • 2021年12月13日

      ノゾキミ

      立ち止まっているわけにはいかない!火災からの復活目指す“つまようじ工場” 女性社長の日々とは

      ※クラウドファンディングの受付は12月15日までです。
      大阪府河内長野市で、かつて祖父が営み「祖父の想い」がこもった“つまようじ工場”を引き継いだ女性。もらい火による突然の火災を乗り越え地場産業の“灯”を絶やすまいと、復活を目指す日々をノゾキミしました。

    • 2021年12月10日

      ゲキ追X

      【マルキの闇】兵庫県警機動隊 連続自殺 塗りつぶされた「真相」、立ちはだかる“組織の壁”…そして遂に「A隊員」が証言へ― 問い続ける遺族の6年

      2015年10月、兵庫県警機動隊・通称「マルキ」で、2人の機動隊員が自ら命を絶った。1週間ほどの間に起こった「異例の連続自殺」。当時24歳の巡査は、A隊員を名指しした遺書を残して―。

      「パワハラがあったのでは?」遺族は警察に、調査結果の開示を求めた。しかし、兵庫県警から手渡されたのは、たった4枚の黒塗りだらけの調査結果。その後遺族は、「自殺はパワハラが原因」だとして、県警側に損害賠償を求めて提訴。すると裁判で警察は、数百枚もの聞き取り調査結果の内部資料を開示。そこには、厳しい指導の実態が記録されていた。

      まもなく3年ぶりに公開の裁判が開かれ、遺書で名指しされた「A隊員」ら先輩隊員が、始めて法廷に立つ。
      自殺から6年。今もなお、真相を求めて闘い続ける遺族の日々をゲキ追した。

    • 2021年12月10日

      その他の特集

      【SDGs】「詰め替えパック」を「詰め替えパック」に再生せよ!ライバル企業が手を組む“水平リサイクル”への挑戦

      『SDGs』今回の特集は“産業と技術革新の基盤をつくろう”と“つくる責任、つかう責任”。

      シャンプーや洗濯用洗剤など、様々な商品で利用されている「詰め替えパック」。使用後は捨ててしまうことがほとんどですが、神戸市と16の企業が今、この“ゴミ”をもう一度集め、同じ「詰め替えパック」として生まれ変わらせる“水平リサイクル”に取り組んでいます。しかしそこには大変な苦労と数々の課題が…。ライバル会社が垣根を超え、未来に向けて手を組んだ、一大プロジェクトへの挑戦に密着しました。

    • 2021年12月8日

      その他の特集

      【記者メモ:顕著な大雪情報】雪をあなどるな!都市部に住む人も知っておくべき、大雪の危険性と必要な対策

      日々、様々なニュースと向き合い、最前線で取材を続ける報道記者たち…。現場を走り抜け、書き溜めてきた【取材メモ】から見えてきたものとは。
      2018年、福井市で起きた記録的な積雪による大規模交通障害。これをきっかけに、今年12月から滋賀・京都・兵庫の3府県で、大雪に関する新たなアラート「顕著な大雪に関する気象情報」の運用が開始されました。本格的な冬に向けて、豪雪地帯だけでなく都市部で生活する人にも重要な、知っておくべき大雪の危険性と必要な備えとは?中谷キャスターと紐解きます。

    • 2021年12月8日

      その他の特集

      【記者メモ:仮面就職活動】学生も企業側も“仮面”を着けて説明会!? 意外な効果と、裏にある切実な思いとは

      日々、様々なニュースと向き合い、最前線で取材を続ける報道記者たち…。現場を走り抜け、書き溜めてきた【取材メモ】から見えてきたものとは。
      11月、大阪府と南海電鉄が主催した就職説明会。それは、学生側・企業側が全員“仮面”を着けて参加する、というものでした。この奇抜な説明会を選んだ、学生たちの狙いは?そして開催の背景にある、中小企業が抱える深刻な課題とは?中谷キャスターと紐解きます。

    • 2021年12月8日

      その他の特集

      巡る季節、生きる人々~まほろば明日香の春夏秋冬

      「すばらしい場所」を意味する“まほろば”。その代名詞ともいえる、奈良県明日香村。1400年以上に渡り引き継がれてきた美しい“原風景”と、この地に生きる人々の営みを、一年に渡り追いました。

    • 2021年12月7日

      ゲキ追X

      精子がない“無精子症”100人に1人  利用者急増の海外精子バンクに望み託した日本人夫婦の思い

      今、体外受精で生まれる子どもは年間6万人。14人に1人を数えます。不妊の原因は女性に限らず様々で、精子がない“無精子症”に直面する男性は今、100人に1人いるといわれています。精子の数が少なく、動きの悪いケースも含めれば日本人男性の4人に1人が不妊のリスクを抱えているのです。検査で初めて「無精子症」と分かり、「自分と血はつながっていなくても、妻と血がつながっていれば、子供がほしいと思えるようになった」と、第三者からの精子提供を決めた夫婦もいます。しかし、日本ではドナーが不足している上、匿名での精子提供が多く、身元が明らかなドナーが多い海外の“精子バンク”を利用する夫婦が増えています。利用者が急増す世界最大の精子バンク「クリオス」。その実態と、海外で精子提供を受ける道を選んだある夫婦の思いを取材しました。

    • 2021年12月6日

      ノゾキミ

      大金飛び交うブランド買取店 <高く売りたい客 vs 安く買いたい店>エルメス・シャネル・ロレックス…白熱の攻防戦

      今年もクリスマスを前に、高級ブランド品を買い取ってもらおうと様々な客が訪れるリサイクルショップ。客「165万円で!」店「150万円ぐらいで…」客「165万円!」店「気持ちで155万円!」店員と客が、互いの腹を読みつつギリギリのラインを探り合う激しい交渉バトル。渦巻く欲望と飛び交う大金…そのリアルな人間模様を、ノゾキミしました。

    • 2021年12月3日

      カラクリ

      最先端の“技術”や“アイデア”を駆使!店にも客にも嬉しい「無人店舗」を実現!

      いま増えている、店員がいない「無人店舗」、将来さらに広がると言われています。しかし…、商品が盗まれたりしない?接客しなくても大丈夫?など気になります。今回は、そんな無人店舗のギモンを解決してくれる“最先端の技術”と“驚きのアイデア”に迫ります!

    • 2021年12月1日

      その他の特集

      人の言葉が分かる!?東日本大震災のあとに関西にやってきた人気者、トドのハマが届ける笑顔と元気

      東日本大震災のあと、福島県から関西にやって来たトドのハマ(メス11才)。彼女の特技は「人間の言葉が分かる」こと。なんと40種類の言葉を聞き分けることができるのです!今日もたくさんの子どもたちが、ハマに会いにやってきます。さらに、長野県の病院とオンラインで繋いだリモートショーも!果たしてハマは、入院中のみんなに元気を届けられたのでしょうか?

    • 2021年12月1日

      その他の特集

      人々を見守る大銀杏 ~映像で綴る 移りゆく四季~

      兵庫県丹波篠山市にある古刹・弘誓寺(ぐぜいじ)の境内に凛とそびえ立つ、樹齢500年の大銀杏。集落に生きる人々の営みを静かに見守る大銀杏の、移りゆく四季を映像で綴ります。