イントロダクション

13人の子どもたちの白骨死体が見つかった、通称″灰川邸事件〝。現場に残された謎のマークが、7年の時を経て、再び姿を現す。不可解な共同生活、″父〝と呼ばれる容疑者、事件の6人の生存者、幾重にも隠された真実。降り積もる謎が予測不能な結末へ誘う、ヒューマンサスペンス!2024年、若者たちが社会や家族からの逃げ場所として、たむろしている都内某所。そこで、突如1人の少女が失踪する事件が…そして、遡ること7年。2017年、とある洋館で少年少女監禁死体遺棄事件が起きた。遺体の数は13体。刑事・冴木仁が事件の解明に乗り出した。被疑者は、屋敷の主・灰川十三。消息不明の謎の男だ。彼が犯人かと思われたのだが……かつて一緒に洋館に住んでいた子供たちは、灰川の犯行を否定する。そんな中、現れたのは灰川を父と慕う謎の女性・蓮水花音だった。事件を追う冴木と花音。そして、次第に明らかになっていく真犯人の存在……過去と現在をつなぐ事件の真相とは、いったい―――かつて一緒に洋館に住んでいた子供たちは、灰川の犯行を否定する。そんな中、現れたのは灰川を父と慕う謎の女性・蓮水花音だった。事件を追う冴木と花音。そして、次第に明らかになっていく真犯人の存在……過去と現在をつなぐ事件の真相とは、いったい―――はたして、事件の真犯人は…!?謎が新たな謎を呼び、過去と現在が交差する、クライムエンターテインメントの幕開け――
13人の子どもたちの白骨死体が見つかった、通称″灰川邸事件〝。現場に残された謎のマークが、7年の時を経て、再び姿を現す。不可解な共同生活、″父〝と呼ばれる容疑者、事件の6人の生存者、幾重にも隠された真実。降り積もる謎が予測不能な結末へ誘う、ヒューマンサスペンス!2024年、若者たちが社会や家族からの逃げ場所として、たむろしている都内某所。そこで、突如1人の少女が失踪する事件が…そして、遡ること7年。2017年、とある洋館で少年少女監禁死体遺棄事件が起きた。遺体の数は13体。刑事・冴木仁が事件の解明に乗り出した。被疑者は、屋敷の主・灰川十三。消息不明の謎の男だ。彼が犯人かと思われたのだが……かつて一緒に洋館に住んでいた子供たちは、灰川の犯行を否定する。そんな中、現れたのは灰川を父と慕う謎の女性・蓮水花音だった。事件を追う冴木と花音。そして、次第に明らかになっていく真犯人の存在……過去と現在をつなぐ事件の真相とは、いったい―――かつて一緒に洋館に住んでいた子供たちは、灰川の犯行を否定する。そんな中、現れたのは灰川を父と慕う謎の女性・蓮水花音だった。事件を追う冴木と花音。そして、次第に明らかになっていく真犯人の存在……過去と現在をつなぐ事件の真相とは、いったい―――はたして、事件の真犯人は…!?謎が新たな謎を呼び、過去と現在が交差する、クライムエンターテインメントの幕開け――

キャスト

  • キャストイメージ
    冴木さえき じん
    成田 凌

    富士山北警察署に勤務する刑事。正義感が強く、そのせいで組織からはみ出した行動を取ることも多い。
    事件の捜査中に生き別れた弟が容疑者の関係者として浮上する。

    COMMENT
    やる気満々です。
    素晴らしすぎる原作で、プレッシャーは相当ありますが、原作とはまた違った面白さを感じていただけるよう、最高に楽しんでいただけるよう、スタッフ、キャスト全員で毎日を丁寧に、士気高く、頑張っています。スタッフやキャストの溢れるほどの熱で、暑い熱いあっつい夏になりそうです。

    日曜の夜が楽しみになりますように。
    本当に見てほしい!
  • キャストイメージ
    蓮水はすみ 花音かのん
    吉川 愛

    親から育児放棄された過去があり、心に傷を隠し持っている。灰川に保護され6年前まで屋敷に住んでいた。
    灰川を心から慕っており、灰川の無罪を主張しに警察を訪れる。事件の真相を冴木と一緒に追う。

    COMMENT
    蓮水花音を演じます、吉川愛です。
    本作を実写化するにあたって原作を読ませていただきました。
    読む手が止まらず、一瞬で読み終わってしまいました。
    こんなにも大胆で、かつ繊細で、面白い作品に携わることができて、嬉しさと緊張が高まっています。
    花音の纏う雰囲気、何を本当は考えているのか分からないようなミステリアスさ、
    そんな彼女を演じきることができるのか、少し不安です。
    でも、花音の強さや弱さを私なりに読み取って、精一杯演じたいと思います。
  • キャストイメージ
    灰川はいかわ 十三じゅうぞう
    小日向 文世

    豪邸である屋敷の持ち主。灰川が行方不明の中、屋敷の地下室で13人の餓死した子供たちの遺体が発見された。
    その灰川邸事件の容疑者。顔の左半分に大きな痣がある。

    COMMENT
    台本を読んだ時点でとてもミステリアスな、ちょっと不気味な感じの印象がありました。
    灰川には『もしかしたら子供たちを集めて罪を犯すんじゃないか』という匂いもあり、どういう人物像なのかが非常に謎めいています。子供たちとのシーンや回想シーンが多く、なんとも言えない独特な感じなので、監督と灰川の表情や動きを確認しながら演じています。
    一話から一気に急展開していて、おもしろく、引き付ける力のある本だと思いました。
    できるだけたくさんの方に見て頂き、興味深く最後まで応援していただける作品になればと思います。
  • キャストイメージ
    五味ごみ 明日香あすか
    黒木 メイサ

    冴木の先輩である女性刑事。ぶっきらぼうな言動が目立ち、冴木と対立することもあるが、実は冴木のことをよく理解している。まっすぐ芯のある優秀な刑事で、灰川邸事件を解決するために冴木とともに捜査していく。

    COMMENT
    お芝居をすること自体が、6年ぶりなので、少し緊張しています。
    15歳からお仕事をしてきて、仕事やプライベートで色々な人生経験を積んできた今の私が作品に向き合った時に、今までとは違う視点から物事が見えるのではと思い、演じるのが楽しみです。
    成田さん演じる冴木の先輩役として、どしっと構えているけれども、たまに見せる事件に対する熱い想いもしっかりと演じ、冴木の頼れるパートナーとして心地よく居られたらと思います。
    現在と過去が交錯しながらストーリーが進む中で、予想を裏切られるシーンが出てくると思いますので、楽しんで頂けたらと思います。
  • キャストイメージ
    瀧本たきもと 蒼佑そうすけ
    萩原 利久
  • キャストイメージ
    鈴木すずき じゅん
    佐藤 大樹
  • キャストイメージ
    川相かわい 総一そういち
    野間口 徹
  • キャストイメージ
    沖島おきしま マヤまや
    仲 万美
  • キャストイメージ
    川口かわぐち さとる
    松本 怜生
  • キャストイメージ
    神代かみしろ 健流たける
    杢代 和人
  • キャストイメージ
    あずま 優磨ゆうま
    カカロニ 栗谷

原作

  • 書影イメージ
  • 書影イメージ
  • 書影イメージ
  • 書影イメージ
  • 書影イメージ
  • 書影イメージ
原作
井龍 一
漫画
伊藤 翔太

「降り積もれ
   孤独な死よ」 (講談社「マガジンポケット」連載)

COMMENT
今回は実写ドラマ化に際し、原作が未完結という事もあり思う存分にオリジナルの展開にして下さいとこちらの方からもお願い致しました。制作陣の方にとってはチャレンジングな事だったと思いますが、企画から脚本までを拝見した限りとても原作にリスペクトを持って、より面白いものを作るぞという意気込み&熱量が感じられる内容になっていると思います。何より物語の根幹に関わるテーマはちゃんと引き継がれていますし、正直このネタ原作でも使えないかなぁという箇所もチラホラあります。
主演の成田凌さんをはじめキャストも素晴らしい方々に集まって頂きました!ドラマ版「降り積もれ」楽しみしかありません。皆様にも、これを機会に原作漫画も手に取ってもらってドラマとの違いを見比べながら、2度、3度と楽しんで頂けたらと思います。

原作者・井龍一

スタッフ

  • 脚 本
    橋本夏
  • 演 出
    内藤瑛亮
    二宮崇
    高杉考宏
  • 音 楽
    Jun Futamata
  • 原 作
    原作:井龍一 漫画:伊藤翔太
    「降り積もれ孤独な死よ」
    (講談社「マガジンポケット」連載)
  • チーフプロデューサー
    岡本浩一
  • プロデューサー
    中山喬詞
    清家優輝(ファインエンターテイメント)
  • 制作協力
    ファインエンターテイメント
  • 制作著作
    読売テレビ