Top

野村明大(ytvアナウンサー)『野村明大の徒然なる道』

徒然なる「メガネ」全日本のあの選手が!!

5月26、27、そして6月4日、5日、6日、7日のエントリの続き、、、、、、

でございます。

どうぞ、どーーーうぞ、、、、、恐縮ではございますが、、、、、、、

是非、5月26日分から、


ざっと、ご一読のほどを!!


さて、私の、

「傷だらけのレンズ」のメガネの話でございます。


完全な長期戦に突入しております。。。。。。

そのメガネ、約10年前に購入した、、、


ことまでは、お伝えしました!

10年前、、、、といえば、


「古臭いデザインなんでねぇの??」

という疑問に対しても、


「否、決してそうではなくて、


むしろ、10年前とは思えないくらい、


今かけてても、おかしくない

(少なくとも、僕は「おかしい」とは思っていない)


なかなか、洗練されたデザインなのです、、、、、フレームは。。。。。」

ということも、お伝えしてまいりました、、、、

問題は、その

「レンズ」


であります。

で、ようやく、

よーーーうやく!!


本題に入ります。


なぜ、そのメガネのレンズが、そこまで傷だらけなのか??


という話であります。


話は、10年ほど前に、さかのぼります。。。。。。


我が讀賣テレビでは、


毎年12月の、クリスマス前後の時期に、


「さわやか杯バレーボール大会」

という、


全国の中学生のバレーボール大会を、

放送しておりました。。。。

「中学生」とはいえ、


「全国大会」のレベルの選手達であります。。。。

もちろん、10年後の「全日本」クラスの逸材が、

ごろごろそこら中にころがっている、、、、(ころがっている、、、というのも「失礼」な表現ですが)


素晴らしいハイレベルの大会であります!!


当時、入社3-4年目だった わたくしは、


その年の「さわやか杯・中学バレーボール大会」の

女子決勝の「実況」!!

という大役を


仰せつかったのです!!


決勝での「実況」に備え、

一回戦から、


コートサイドで

「実況練習」と「チーム戦術の取材」に

余念がない、


若手アナ・野村明大。。。。。

その年の大会には、

ここ数年の「全日本」チームで大活躍する


あの選手も、、、、、あの選手も、、、、

出場していました。。。。。。


(明日以降に続きますーーー悪しからずご容赦のほどを!)

投稿者: 野村明大 日時: 2008年06月08日(日) | コメント (0)

アナウンサー