ytvウェブマガジン

毎週金曜日更新

2020.2.14

「既読スルー」を経験したすべての男女へ贈る男女7人の恋愛ドラマ

メインの画像

ドラマ『LINEの答えあわせ ~男と女の勘違い~』
古川雄輝さん特別インタビュー

年齢も職業も異なる男女7人が繰り広げる恋愛実践トレーニングドラマ『LINEの答えあわせ ~男と女の勘違い~』が好評放送中です!今や恋愛を進める上で欠かせないツールとなったLINE。しかし、男性と女性ではLINEに対するとらえ方が全く異なるようで…?
現在、ストーリーは第3話に突入。LINEにまつわる男女の勘違いは、世代問わず「なるほど」と納得したり「あるある!」と思わず膝を打つシーンがたくさん。今回は、若きITベンチャー社長・安井司を演じる古川雄輝さんにドラマの見どころを語っていただきました。

古川さん演じる安井司は、ITベンチャー企業の社長で高収入、しかもイケメンというハイスペックな男性です。しかし、ナルシストでキザなのが玉にキズ。演じる上で意識したこととは?

古川「このドラマは、話によって主人公が変わったり、男女関係に変化があって、僕が演じる安井司がメインで登場するのは1話と2話、そして6話です。基本的にはキザでナルシストなキャラクターなんですが、6話からはコミカルな部分も増えるため、監督と相談しながら6話を軸にして1話から役作りをしていきました。安井は一見、ハイスペックで隙のない男性なのですが、会社ではテンションが高かったり、なにかあったらすぐにドヨ~ンと落ち込むなど、コミカルな部分もあって。恋愛ベタでちょっと残念な社長さん、というキャラクターになったのではと思います。」

メインの画像

このドラマの特徴は、前半と後半で目線が切り替わるところ。例えば前半では男性の目線から描き、後半は女性の目線に切り替えて「あのLINEアイコン」「あのタイミング」「あのデートでの一言」が恋愛の勝敗を分けていた、というタネ明かしがある仕組みになっています。

古川「その演じ分けは、実を言うと意識していて、前半と後半で演技を少し変えていたりするんです。前半では、僕が言ったことに対して女の子は嫌な素振りをまったく見せず、すんなり受け止めてくれたように見えるんですが、後半のネタばらしでは僕が言ったことに対して女の子が眉をひそめて嫌がっている表情に変わっていて、本音が見えるようになっているんです。登場人物の表情の移り変わりもぜひ見ていただきたいですね。」

ナルシストでキザだけど、恋愛ベタで残念な面も持ち合わせる安井。古川さんが共感できる部分はあるのでしょうか?

古川「LINEのアカウントのアイコンを自分の写真に設定しているのは僕も一緒なので、そこは共感できるかな。僕は本人の顔が映っている方がわかりやすいだろうと思って設定したんですが、女性からの評判はあまりよくないです(笑)。女性ならアイコンを自分の顔にしても何も言われないけど、男性が自分の顔をアイコンにしていると「自分好きなのかな」って思われるみたいで…。アイコンって難しいですよね(笑)。」

劇中では、些細な出来事をこまめにLINEで送る“俺通信”、スタンプの連打、ハートの絵文字など、さまざまなLINEの特徴やその受け取り方が紹介されます。古川さんがこのドラマを通じて初めて知ったLINEの使い方はあったのでしょうか?

古川「まさに“俺通信”ですね。確かにプライベートのLINEのグループトークでも『今日これ食べた』と料理の画像だけが送られてくることがあるんですけど、僕は基本的に、用事がある時以外はLINEをしないので、“俺通信”は読むけれど既読スルーしちゃうかな(笑)。予定を立てる会話には参加するんですけどね。僕自身は“俺通信”が送られてきても、とくに嫌ではないのですが嫌な人もいるんだな、ということはこのドラマで知って勉強になりました。
それにしても女の子のジャッジって、けっこう厳しいな、と(笑)。アイコンを自分の顔にしていて、先が尖った靴を履いて、“俺通信”をしたらフラれちゃうとは、厳しいなぁ(笑)。」

メインの画像

中国版Twitter『Weibo』のフォロワー数が400万人を突破するなど、中国でも絶大なる人気を誇る古川さん。このドラマは、中国の動画配信サービス『bilibili』でも配信されています。中国のファンの皆さんの反応は?

古川「中国のファンの方にも喜んで頂けると思います。中国では日本の作品を観られないことも多いんですが、今回は中国のファンの方にもこのドラマをお届けできるのがすごくうれしいです。中国にはLINEがありませんが、LINEでの男女のやりとりも、興味深いのではないかなと思います。
また、安井は東京の港区が好きという設定なので、港区で撮影したシーンが多いんですが、実際に港区にあるおしゃれな店でロケをして、出てくる料理も実在するメニューばかり。東京の魅力、日本のよさが中国にも伝わればいいなと思います。」

では最後に、読者の皆さんにメッセージを!

古川「このドラマでLINEの恋愛テクニックをぜひ学んでいただきたいです。そして、大阪といえば、谷町四丁目!NHKの朝の連続テレビ小説に出演していた時、ずっと谷町四丁目で食事していて、おいしい店にたくさん行きました。今日も大阪城が見えたとき、すごく懐かしかったです。逆に、道頓堀やアメリカ村といった有名なところにはまだゆっくり行けたことがないので、すごく行ってみたいですね。」

プロフィール
1987年生まれ、東京都出身。7歳でカナダへ。 中学卒業と共に、単身カナダからアメリカ・NYへ渡る。2009年、ミスター慶應コンテストでグランプリに輝き、 2010年、キャンパスターH★50with メンズノンノにて 審査員特別賞を受賞し、芸能界入り。ドラマ「イタズラなKiss~Love in TOKYO」(2013年)に主演。その後も映画「脳内ポイズンベリー」(2015年)、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」(2016年)、映画「屍人荘の殺人」(2019年)など多数出演。
ドラマ『LINEの答えあわせ ~男と女の勘違い~』
毎週土曜 深夜0:58~ 放送(関西地区)
その他の地区の放送、ドラマの詳細は公式サイトにて

https://line-no-kotae.com/
おすすめ記事

Copyright©YOMIURI TELECASTING CORPORATION. All rights reserved.