読売テレビ ニュース

社会

槇原敬之容疑者 容疑を大筋で認める

2年前に覚醒剤などを所持していたとして逮捕されたシンガー・ソングライターの槇原敬之容疑者が、調べに対し、容疑を大筋で認めていることが分かった。

シンガー・ソングライターの槇原敬之容疑者は2018年、当時住んでいた東京・港区のマンションの一室で覚醒剤と危険ドラッグの「RUSH」を所持していた疑いで13日に逮捕された。

捜査関係者によると、槇原容疑者は逮捕された際、「2年前のことはよく分からない」などとあいまいな話をしていたということだが、その後の調べに対し、容疑を大筋で認めているという。

槇原容疑者が当時住んでいた部屋からは、薬物を使うためのガラス製のパイプも複数見つかっていて、警視庁は、入手ルートや当時の使用実態を詳しく調べている。