読売テレビ ニュース

社会

新潟・小2女児殺害 被告に無期懲役判決

新潟市で去年小学2年生の女の子が殺害され、遺体が線路に遺棄された事件の裁判員裁判で、被告の男に無期懲役の判決が言い渡された。

この裁判で、検察は死刑を求刑していた。無期懲役の判決が言い渡された瞬間、被告の男は取り乱すことなく、裁判長の方を見つめていた。

無期懲役の判決が言い渡されたのは新潟市の小林遼被告(25)。
起訴状によると、小林被告は去年5月、新潟市で下校途中の小学2年生の女の子に車をぶつけて連れ去り、首を絞めて殺害。遺体を線路に遺棄したとして、殺人など7つの罪に問われた。

検察が死刑を求刑した一方、小林被告は殺意を否認していた。

4日の判決で山崎威裁判長は、「犯行に計画性が認められない。同種事件と比べて際立って残虐、執拗(しつよう)とはいえない」として、無期懲役を言い渡した。