読売テレビ ニュース

社会

新潟小2女児殺害・遺体遺棄 無期懲役判決

新潟市で小学2年生の女の子を殺害し遺体を線路に遺棄したとして男が殺人の罪などに問われている裁判員裁判で、新潟地方裁判所は、無期懲役を言い渡した。

無期懲役を言い渡されたのは、新潟市の小林遼被告(25)。起訴状によると小林被告は去年5月、新潟市で下校途中の小学2年生の女の子に車をぶつけて連れ去り、わいせつな行為をした後、首を絞めて殺害。遺体を線路に遺棄したとして殺人や強制わいせつ致死など7つの罪に問われた。

裁判では、検察側が死刑を求刑する一方、弁護側は小林被告に殺意はなく傷害致死罪が適用されるとして、重くとも懲役10年が妥当だと主張していた。

4日の判決公判で、新潟地方裁判所は、無期懲役を言い渡した。