読売テレビ ニュース

社会

「眠ってしまい気づくと溺れ…」男児暴行死

東京・江東区のマンションで3歳の男の子に暴行を加え死亡させたとして、同居する34歳の男が逮捕された事件で、男が事件直後、「自分が眠ってしまい、気がつくと風呂で溺れていた」などと説明していたことが分かった。

傷害致死の疑いで3日に逮捕された渡辺雄二容疑者は、今年9月、江東区豊洲のマンションで同居する女性の長男で当時3歳の山田隆太郎くんに暴行を加え、死亡させた疑いがもたれている。

渡辺容疑者は自ら119番通報していたが、その後の捜査関係者への取材で、「別の子どもを寝かしつける間に自分も眠ってしまい、気がつくと風呂で溺れていた」などと説明していたことが新たに分かった。

しかし、その後、警視庁が隆太郎くんの遺体を調べたところ、頭に出血があったほか、舌をかんだような痕も確認されたという。警視庁は、渡辺容疑者が事故による溺死を装った疑いがあるとみて調べている。