読売テレビ ニュース

社会

女性教師が飲酒運転で逆走、軽自動車と衝突

13日夜、広島県尾道市の国道バイパスで49歳の女性教師が飲酒運転で逆走し、軽自動車と衝突。2人がケガをした。

事故があったのは、広島県尾道市の国道2号バイパス高須トンネル。警察によると、13日午後10時55分頃、県内の公立学校に勤める49歳の女性教師が運転する軽自動車がトンネル内を逆走。27歳の会社員男性の軽自動車と正面衝突した。

この事故で、女性教師が腰や胸の骨を折る重傷を負い、病院に運ばれた。また、27歳の男性会社員も軽傷。

女性教師からは基準値のおよそ3倍のアルコールが検出され、警察が詳しく調べている。

この事故で、西瀬戸自動車道と松永道路の一部区間がおよそ1時間通行止めとなった。