読売テレビ ニュース

社会

“ネット記事”もみ消しで1000万円恐喝

インターネット上にスキャンダル記事を掲載された会社社長に対し、記事がこれ以上、掲載されないよう働きかけるとして1000万円を脅し取った疑いで男2人が逮捕された。

警視庁によると、山田浩貴容疑者と松浦正親容疑者は去年10月、インターネットの情報サイトに女性とのスキャンダル記事が掲載された会社社長に対し、「あなたのネタをいくつも持っている」などと脅し、これ以上記事が掲載されないよう働きかける費用として現金1000万円を脅し取った疑いが持たれている。

2人は調べに対し、容疑を否認している。

この記事をめぐっては、会社社長から500万円を脅し取ったとして小林英雄容疑者ら2人も警視庁に逮捕されている。

警視庁は、会社社長のスキャンダルにつけ込んだ一連の恐喝事件について、実態解明を進めている。