読売テレビ ニュース

社会

飛行中の小型機からカメラのレンズが落下

17日午前、東京・荒川区で、飛行中の小型機からカメラのレンズが地上に落下する事故があった。警視庁などは、誤って落としたとみて当時の状況を詳しく調べている。

警視庁と国土交通省によると、17日午前9時半ごろ、荒川区東尾久の上空を飛行中の小型機から、カメラのレンズが地上に落ちたという。近くの民家の植木には、レンズの一部とみられる部品が引っかかっているのが確認できた。当時、周辺に誰もいなかったため、ケガをした人はいなかった。

国土交通省によると、小型プロペラ機に乗って上空から写真を撮影していた人が、交換用のレンズを誤って落としたということで、警視庁などが当時の状況を詳しく調べている。