読売テレビ ニュース

社会

厳しい現場で35年…女性海上保安官の挑戦

昭和の終わりから30余年、平成の海を守り続けてきた女性海上保安官がいる。大型巡視船で乗組員の食事の調理などを担当し、若い保安官たちのお母さんのような存在になっている。今では2人の孫もいる50代の彼女が挑む“異例の大抜擢”とは?