読売テレビ ニュース

社会

小型飛行機から“レンズ”落下か 荒川区

17日、東京・荒川区で上空からカメラのレンズのようなものが落ちてくる事故があった。小型の飛行機から落下した可能性があり、警視庁は飛行機の特定を進めている。

警視庁によると17日午前9時半頃、荒川区東尾久で、住民から「空からレンズが落ちてきた。上を見たら小型の飛行機が飛んでいた」と通報があった。

警察官が駆けつけたところ、路上や周辺の敷地にカメラのレンズのような部品や破片が落ちているのが見つかったという。当時、周辺には誰もいなかったため、ケガをした人はいなかった。

飛行機から故意に部品を落下させた場合は、航空法違反となる可能性があるため、警視庁は、当時、上空を飛んでいた小型飛行機の特定を進めている。