関西

都構想賛成 公明・山口代表が初の街頭演説

 大阪都構想の賛否を問う住民投票で、賛成派の公明党の山口代表が18日、大阪市内で初めての街頭演説を行った。

 公明党は維新と合同で街頭演説を行い、山口代表が都構想への賛成を訴えた。

 山口代表は「サービスの質を守って、これを維持することができる。だったらこの都構想は前へ進めようということで、この度皆さんに賛成をお願いしているわけであります」と述べた。

 前回反対だった公明党の支持者の間には、いまだに反対意見が根強く、山口代表の演説で理解を得る狙いがあるとみられる。

 一方、反対派の自民党は、横浜市や京都市など全国の政令指定都市の議員が大阪に集まり、政令市の大阪市は存続させるべきだと訴えた。

 自民党の平山貴大・京都市議は「最高の権限と財源、そういったものを持った大阪市を廃止して、半人前以下の自治体である特別区を設置することは、今回大阪市民のみなさんにとって損することはあれ、得することはほとんどない」と訴えた。

 住民投票の投票日は来月1日。