読売テレビ ニュース

関西

未成年の娘を持つ親 性別変更を申し立て

 男性に生まれ、未成年の娘を持つ性同一性障害の親が、戸籍上の性別を女性に変更するよう求め、裁判所に審判の申し立てを行った。

 兵庫県内に住む52歳の申し立て人は、男性として生まれた一方、体の性と実際の性が一致しない性同一性障害で、親の勧めで女性と結婚し、8年前に娘が生まれたが、その後離婚して今年、性別適合手術を受けた。

 3日、戸籍上の性別を女性に変更する審判を裁判所に申し立てたが、法律で「未成年の子がいないこと」が条件となっているため、未成年の娘を持つ申立人は、この条件が幸福追求権や法の下の平等を定めた憲法に違反していると訴えている。

 申立人は会見で、「生まれたときから女性と感じていた。この法律を変えたい」と話している。