読売テレビ ニュース

関西

那智の扇祭り 火の粉に歓声 熊野那智大社

 和歌山県那智勝浦町にある世界遺産・熊野那智大社で14日、伝統の例祭「那智の扇祭り」が行われた。

 国の重要無形民俗文化財に指定されている「那智の扇祭り」は、熊野那智大社にまつられている神々が、年に一度、那智の滝に里帰りするのを迎え入れる神事だ。

 祭りでは、氏子たちが、重さ50kg以上ある大松明を担ぎ、燃え盛る炎で参道を清めて行く。そして、神々がのった高さ6mほどの神輿が現れ、那智の滝に続く参道を練り歩いて行った。

 訪れた観光客らは、大松明から火の粉が舞うと、大きな歓声を上げ、カメラで撮影するなどしていた。