読売テレビ ニュース

関西

自民堺市議団の解任要求に府連会長が批判

自民党の堺市議団は、大阪都構想の賛否をめぐり内部で対立する大阪府連の渡嘉敷会長の解任を13日、求める方針だ。対して渡嘉敷会長は「選挙で負け続ける決定をすることだ」と批判した。
自民党大阪府連の渡嘉敷奈緒美会長は、4月の大阪ダブル選挙以降、維新に大敗し、堺市長選挙でも元自民党市議が敗れたこともあって、大阪都構想の住民投票に賛成する方向で党内をまとめたいとしている。これに対し堺市議団は「渡嘉敷会長にはついていけない」とし、13日、解任を求めることで一致する見通しだ。この動きに対し渡嘉敷会長は、「選挙で負け続けたいと意思決定をすることで、自民党は、改革する気がないと見られるということだ」と批判した。自民党内は都構想の賛否を巡り、府連と地元市議らとの溝が深まっている。