読売テレビ ニュース

関西

金魚の電話BOX撤去へ 著作権トラブルで

“金魚の町”として知られる奈良県大和郡山市の金魚が泳ぐ電話ボックスが、著作権をめぐるトラブルで撤去されることが決まった。電話ボックスの中で悠々と泳ぐ色鮮やかな金魚。大和郡山市の商店街で人気を集めている“金魚電話ボックス”。これは京都造形芸術大学の学生が制作した作品を再利用したもので、5年前に設置された。しかし、福島県の現代美術作家・山本伸樹さんが自らの作品とよく似ていて著作権の侵害にあたると指摘。管理する商店街は「著作権は侵害していない」として、山本さんと話し合いを続けてきたが、トラブルになっている状況を考慮し、近くこの作品を撤去するという。