関西

男が女性刺し拳銃で自殺 大阪・豊中

 23日午後1時前、大阪府豊中市で男が女性を刺した後、自らの頭を拳銃で撃って死亡する事件がありました。

 事件があったのは大阪府豊中市柴原町のマンションの前で、23日午後1時前、「男が刃物を持って、かなり暴れている」と近所の住民から府警に通報がありました。

 府警によりますと、男はその場にいた女性の腹などを刃物で複数回刺したとみられ、その後、持っていた拳銃で自らの後頭部を撃ったということです。

 近所の人「車がぶつかったようなバーンという大きな音がして、女の人の悲鳴が聞こえたから事故かなと。ぐったりした感じで動いていない感じだった」。

 2人は、いずれも60代から70代くらいで、男は搬送先の病院で死亡。女性は重傷とみられます。

 捜査関係者によりますと、男は元暴力団関係者とみられ、府警は現場から押収した拳銃の入手経路を捜査するとともに、2人の身元の特定と事件の経緯を調べています。