読売テレビ ニュース

国際

パラグライダーの邦人男性落下…死亡 台湾

台湾でパラグライダーを操縦していた79歳の日本人男性が、約200メートルの高さから落下し、死亡した。

地元メディアなどによると、14日午後、台湾中部・南投県でパラグライダーを操縦していた日本人男性の佐藤克明さんが、高さ200メートルの上空から山林に墜落し、死亡が確認された。

佐藤さんはこの日、一人でパラグライダーを操縦していて、飛び立ってまもなく、突然、ベルトが外れ、頭から落下したという。目撃者は、上空で座り方を調整しているときに誤ってベルトが外れてしまった可能性があると話している。

佐藤さんは過去にもパラグライダーの経験があり、今月10日に台湾に入り、18日に帰国する予定だったということで、現地の消防などが原因を調べている。