情報ライブ ミヤネ屋

レシピ集「ミヤネ屋で過去に紹介したレシピ集。今日の献立にいかがですか?」

放送日:2016/3/30(水)
イワシのかば焼き丼

紹介した料理

見た目も味も完璧な「イワシのかば焼き丼」を作って家族を喜ばせたい!という奥様。以前のイワシのかば焼き丼は「タレに輝きがない」「イワシが薄いしょうゆに浸かってる感じ」「イワシの煮付けみたい」と言っていたご家族だったのですが…先生に教わった「イワシのかば焼き丼」を食べたご家族からは、「魚にタレがちゃんと絡んでる!」「これやったら何杯でもいける!」「おいしい!」とうれしい言葉が!

レシピ

材料
(4人分)
・イワシ 8尾

【かば焼きのタレ】
・酒 大さじ4 ・砂糖 大さじ4 ・みりん 大さじ8
・濃口しょうゆ 大さじ10 ・ショウガの搾り汁 20g分

・ごはん 丼4杯分 ・大葉(千切り) 4枚 ・粉山椒(こなざんしょう) 少々

・薄力粉 適量 ・サラダ油 適量
作り方
【材料の下準備】
(1)イワシ(8尾)の頭を取って、腹を切り内臓を取り出す。
    包丁の先でウロコを取り除く。
    塩を少し入れた冷たいため水の中で身を洗う。
★身を傷付けないよう、流水ではなく、ため水の中で洗う
★身が弱ってしまうので、必ず冷たい水で洗う
★塩を入れることで身が締まる
(2)骨を取る。1.指を中骨に沿わせて中骨と身を離れされる。2.中骨を折り、身がくっつかないように取り除く。
イワシ
     に塩(分量外、適量)を振る。
    ラップをして冷蔵庫で約10分置く。
★塩を振ることで、臭みを引き出す
【タレを作る】
(3)砂糖(大さじ4)、酒(大さじ4)、みりん(大さじ8)、濃口しょうゆ(大さじ10)、ショウガの搾り汁(20g分)を全て合わせ
    る。
★冷蔵庫で約10日間保存可能
【仕上げ】
(4)(2)で塩を振っておいたイワシの水分を拭き取ったら、薄力粉を両面に付ける。
    余分な粉を落とす。
    薄力粉を身に定着させるために、包丁の背を使い、1mm程度の間隔で、身を軽くたたく。
★塩を振って出てきた水分は臭みの原因なので丁寧に、拭き取る
★身が弱いので、薄力粉を付けるときは、できるだけ身を触らない
★薄力粉がなじむため、うまみが閉じ込められる
(5)フライパンの底に回るくらいサラダ油を入れる。
イワシの身のほうを先に下にして、中火で色付くまで焼く。
    両面がこんがり焼けたら、一旦取り出す。
(6)フライパンの余分な油を拭き取り、(3)で合わせたタレを加熱する。
イワシを戻してタレと絡める。
★タレを先に煮詰めることでイワシとよく絡む
(7)器にごはんを盛り、タレをかける。
イワシを2尾載せ、千切りにした大葉4枚を上に添える。
    粉山椒(少々)を振れば完成。
  • 前のページに戻る
  • ミヤネ屋レシピ集へ
TOPへ戻る

Copyright 2001-2012. YOMIURI TELECASTING CORPORATION. All rights reserved.