過去の放送内容

第70回 4月14日 放送

  • へぇ~!そうだったのか!? 県民熱愛グルメ 極 【愛知県】

    「ひつまぶし」愛知県

    ・ひつまぶしは、細かく刻んだうなぎをご飯に敷き詰めた“愛知グルメの絶対王者”。
    ・名古屋市内にはひつまぶし提供店が200店舗以上あり、人気店は「うな富士」「うなぎのしら河」「あつた蓬莱軒」など。
    ・ひつまぶしはお祝いの席のマストグルメ!
    ・正調のひつまぶしの食べ方は、1杯目はそのままの味を楽しむ。2杯目は薬味(わさび、ネギなど)をトッピング。3杯目はだし(カツオ)をかけてお茶漬けに。4杯目はお好みの味でシメる。
    ・愛知のうなぎ店では、うな肝(内臓)の蒲焼が定番!
    ・おひつの中でまぶすから、その名を「ひつまぶし」と命名したという。

  • 上京ケンミンに告ぐ!東京には気をつけろ!~大阪編~

    ・東京では…、店員さんのノリが全然違うから気ぃつけや!
    ・東京では…、お好み焼き上手プレッシャーに気ぃつけや!
    ・東京では…、声のボリュームに気ぃつけや!
    ・東京では…、しゃべりづらいオーラが出てるから気ぃつけや!
    ・東京のタクシーは…、会話が盛り上がらないから気ぃつけや!
    ・東京では…、大阪府民=面白いと思われるから気ぃつけや!

  • ヒミツの歓迎会 極 【鹿児島県】

    「鹿児島県枕崎市では、歓迎会で新任の先生が鰹の背皮を被る!?」

    ・枕崎市は全国有数の鰹の産地で、鰹節の生産量日本一の地としても有名。鰹の背皮被りは、枕崎市の春の風物詩となっている。
    ・元々は新人鰹節職人が自己紹介をする際に行っていた風習で、約30年前にPTAの方が新任先生の歓迎会に取り入れたという。
    ・新任先生の歓迎会では、鰹の背皮を被りながら、枕崎市のおもてなし料理「鰹のビンタ料理」を手づかみで食べる!?

ケンミンスター

次回のケンミンSHOWは

5月19日 夜9:00~放送!

  • 横浜シュウマイ王国の秘密に迫る!横浜中華街の名店&崎陽軒本店に潜入
  • シリーズ企画「雪国ケンミンと春」最終章!青森・山形・福島・新潟編
  • 春到来、桜も笑顔も満開!待望の春を喜ぶ雪国ケンミンに密着&春の山菜採り
出演
司会:久本雅美(大阪)、田中裕二[爆笑問題](東京)
ケンミンスター
じろう[シソンヌ](青森県)、渡辺えり(山形県)、ミッツ・マングローブ(神奈川県)、西山茉希(新潟県)、よしこ[ガンバレルーヤ](愛知県)、西川きよし(大阪府)、貴島明日香(兵庫県)、まひる[ガンバレルーヤ](鳥取県)、ryuchell(沖縄県)
トップへ戻る