事件ファイル

事件ファイル
2019年3月16日(土)放送

第934話 「サラブレッド誘拐事件(後編)」

 小五郎は脅迫された競走馬のホワイトスピリッツを守ってくれと3人の依頼人から別々に依頼される。小五郎はこの馬の馬主で会社社長の徳吉に会って事情を説明し、徳吉からも同じ事を依頼される。コナンは依頼人3人の正体は変装した調教師の長谷、厩務員の永浦、騎手の千鶴だと気付いていた。翌日、ホワイトスピリッツはレース出走のため、馬運車で競馬場に移送されるが途中でニセモノとすり替えられる。犯人は身代金1億円を要求し、徳吉は指示に従って1人で取引きに向かう。

 徳吉は犯人の指示通りに陸橋の上から1億円を入れたバッグを落とす。そして、犯人が現れないまま30分が経過。目暮警部、小五郎たちがバッグを確認しに行くと、バッグの中には雑誌が詰まっていた。小五郎は落とした直後に隠れていた犯人が中身をすり替えたと推理する。翌日、ゴミ集積所からホワイトスピリッツがまとっていたホースラグが見つかる。ホースラグには血が付着した馬のたてがみが絡みついていた。目暮たちは匿名の通報があり、このホースラグを発見する。

 この後、ホースラグに付着した血はホワイトスピリッツのものと判明。目暮はこの馬がすでに殺害されている可能性もあると考える。マスコミは人気競走馬の事件を大きく取り上げ、同時に小五郎や目暮の失態も報じる。小五郎は徳吉が協力してくれたらこんな事にならなかったと愚痴る。コナンはすでに誰が犯人かに気付いていて、事件の全容を明らかにするため、もう一度事件を洗い直す事に。

 コナンは移送中にホワイトスピリッツとニセモノがすり替えられた脇道にやってくる。妻子を人質にとられた運転手の塩見はこの脇道でニセモノが載った馬運車に乗り換えたと証言。コナンはすり替えられた場所で2色の絡み合った馬の毛を発見する。そして、コナンは2台分並んだ馬運車の轍を調べ、事件の核心に近づいていく。この後、コナンは近くにあるコンビニの防犯カメラに注目。コナンは小五郎のフリをして高木刑事に連絡し、コンビニの防犯カメラが見たいと頼む。

 コナンはコンビニにやってきた高木と共に防犯カメラの映像を確認する。コナンは馬運車が映っている映像の日付を見て驚く。この後、コナンは高木とTOKUYOSHI厩舎を訪ね、見習い厩務員の井原敏司から話を聞く。井原は3日前からもう1台の馬運車が戻っていないと告白。ホワイトスピリッツの予備の馬具やグルーミング用の道具も見当たらないという。馬房の柱には血が付着していて、井原はホワイトスピリッツがささくれに身体をこすってケガをした事を明かす。幸い大したケガではなく、獣医が診て治療も終えているという。話を聞いたコナンは今回の事件の真相に辿り着いて…。