事件ファイル

事件ファイル
2018年8月11日(土)放送

第R77話 「ホームズ・フリーク殺人事件(前編)(デジタルリマスター)」

 ホームズ好きのコナンは小五郎、蘭に付き添ってもらい、ペンション「マイク・ロフト」オーナー、金谷裕之が企画したホームズフリークツアーに参加する。他にも体育教師の川津郁夫、駅員の藤沢俊明、図書館司書の清水奈々子、占い師の戸田マリア、大学生推理研究会会長の戸叶研人と研究会会員の大木綾子がツアーに参加していた。コナンたちがペンションに到着後、西の高校生探偵、服部平次も参加者として合流する。平次は東の高校生探偵、工藤新一に会えると思ってこのツアーに参加したという。

 毎年恒例になっている超難問推理クイズを実施するのは明日の夕食後。金谷は全問正解したらコナン・ドイルの「緋色の研究」初版本を進呈すると皆に伝える。金谷はその前に明日の夕食が提出期限のホームズカルトテスト1000問を実施すると説明。990点以上とった人のみ超難問推理クイズに参加できるという。参加者は不正防止のため、携帯電話とホームズ関係の書物をメイドに預ける事に。

 翌日、深夜0時になっても金谷は皆が待つリビングに現れず、参加者たちは次々に自分の部屋に戻り、ペンション従業員の岩井仁美も動揺する。リビングに残ったのはコナン、平次、蘭、戸叶、綾子、仁美だった。そして、深夜3時23分、戸叶は窓の外を見て、金谷が車を運転している事に気付く。車は崖に向かってゆっくり走り出し、コナンと平次は車を追いかける。コナンは車に近づき、車のパネルにかけられた毛布、エンジン音とは違う何かの音に気付く。この後、車は崖から落ち、崖下で爆発炎上する。

 戸叶は他殺かもしれないと発言する。戸叶は犯人が眠らせたか殺害した金谷を車のシートに乗せ、ギアをドライブに入れたと推理する。平次は車が途中でスピードを上げた事、車から風が出るような音がした事を皆に伝える。この後、コナンと平次は四つん這いになって崖上のタイヤの跡を調べる。

 ペンションに戻ったコナンたちは金谷の部屋を調べ、皆の携帯が壊されている事が判明。金庫に保管されていた初版本もなくなっていた。ガレージに残ったもう1台の車もガソリンが全て抜かれ、コナンたちは外部から孤立する形に。平次は最後までリビングにいた6人に犯行は不可能だと指摘。犯人はリビングにいなかった5人の中の誰かの可能性が高かった。この後、綾子は犯人とトリック、決定的な証拠に気付いたと皆に伝え、犯人が名乗り出るまで10分待つと言ってトイレに行く。

 だが、綾子は20分経っても戻らず、コナンたちはトイレに様子を見に行く。綾子は犯人がわかったのは勘違いだったと態度を急変させる。この後、綾子が行ったガレージから爆発音が聞こえてくる。そして、燃えた車の後部座席から黒焦げの綾子の遺体が発見される。皆は犯人が口封じのために綾子を殺害したと考える。さらに停電中のリビングで藤沢がアイスピックを持つ何者かに襲われる事件が起きて…。