次回予告

#5708月9日(日) 10:25~放送
カンボジア・シェムリアップ
  • 72b5wrtaezl6m1c6q5pmfp8t3k1tj1.jpg
  • os2uqt7ibqumlgyip168kksa1s0dbi.jpg

カンボジアでクラフト工房を営む古白川真さん(35)と日本の両親をつなぐ。世界遺産のアンコール・ワットで有名な観光都市・シェムリアップ。真さんは市内の一角に工房を構え、財布やカードケースなど革製品を製作している。主に観光客向けに販売しているため価格は少し高めだが、欧米のヴィンテージ品のように、今作っているものがいつか「カンボジアンヴィンテージ」と呼ばれるようなものになればとの願いを込める。カンボジアに渡る前は人気バンドのギタリストで、将来のメジャーデビューも約束されていた。しかし、ケンカが原因で警察沙汰に。音楽をやめ、世界を放浪する中でシェムリアップの人々と出会い、優しい人柄に惹かれた真さんはカンボジアに移住。全財産をつぎ込んで会社を立ち上げたのだった。現在はレザークラフトに加えて、空になった弾丸の薬きょうからアクセサリーや食器を作っている真さん。いまだに地雷や不発弾が大地に潜むカンボジアの歴史を映すそんな作品を通して「人は生まれ変わることができる」というメッセージを伝える。音楽を捨ててたどり着いた“ものづくりの道”。カンボジアの未来に残る文化を生み出そうと奮闘する息子へ、両親が届ける想いとは。