次回予告

#5227月21日(日)10:25~放送
ブータン

ブータンで音楽教師として働く松丸美紀さん(56)と日本で暮らす一人娘をつなぐ。ヒマラヤ山脈の南に位置する“幸せの国”ブータンは、長らく海外旅行客を受け入れていなかったこともあり近代化が遅れ、公立小学校には音楽や図工、体育といった科目がないという。美紀さんが勤める小学校は感受性を養うことが大切だと考え近代的な教育方法を取り入れる数少ない私立小学校で、全クラスの音楽の授業を美紀さんが1人で担当。日本での経験を活かして、学年ごとにカリキュラムを一から考え実践している。さらに美紀さんの発案で2年前に結成されたのが、鼓笛隊。音楽教育がなかったブータン史上初の鼓笛隊は式典などで演奏を披露し、今では鼓笛隊に憧れてこの学校に入学する児童もいるほどだとか。美紀さんは、娘が中学生の時に離婚。夫から逃げるようにして家を出た後は、生活費を稼ぐため音楽教師から夜勤のアルバイトまで昼夜を問わず休みなく働く日々が10年以上も続いた。そんな中、ある出来事をきっかけに同志ともいえる存在だった娘との関係が悪化していったという。娘が成人して自分の時間を持てるようになった頃、憧れの場所だった“幸せの国”ブータンで音楽教師の募集をしていると知り、一大決心。娘の後押しもあり53歳で移住した。ある想いを秘めてブータンで第2の人生を歩み始めた母の元に、娘から届け物が…。