次回予告

#5493月1日(日) 10:25~放送
オーストラリア・キャンベラ
  • 4ajdm0hj6czakun8jv3qbnq4b0jar5.jpg
  • 8my6tba4f9hhazlxt7474mnvxhd186.jpg

オーストラリアの首都・キャンベラにある日本大使館で公邸料理人として奮闘する高見直樹さん(46)と日本の家族をつなぐ。各国からゲストを迎えることもあり、会食に応じた国際的な目線が求められる公邸料理人。直樹さんは訪れるゲストの地元食材を使うことにこだわりながらも、ベジタリアンや宗教上食べられない食材がある人にも配慮し、和食をベースに相手に合わせたメニューや味付けを工夫する。調理場には妻のあいこさん(46)とメイドの3人で立ち、多い時には600人を超える会食にも対応。会食中はあいこさんが会場をチェックし、料理の減り具合や全体の雰囲気にも目を配る。鳥取県で板前の息子として生まれ、中学卒業とともに料理人を目指して大阪に出た直樹さん。いつか父と店を出すことを目標に、つらい修業に励んでいた。しかし父が病に倒れ、料理人を引退。一緒に包丁を握るという夢がなくなった直樹さんを支えたのが、修業時代に知り合い結婚したあいこさんだった。父との夢は夫婦の夢となり、40歳で独立。岐阜に店を構え繁盛していたが、あるとき店を訪れた大使から直々に公邸料理人として一緒にオーストラリアへ行かないかとオファーされる。あいこさんの後押しもあり、海を渡ることを決めた直樹さん。料理人として道半ばで倒れた父の分も背負い、妻と二人三脚で日本の外交を支える息子へ、父の想いが届く。