次回予告

#5626月14日(日) 10:25~放送
海の向こうの大切な人は今… アメリカ・ニューヨーク
  • wr30a3jh321b2pabtzpbfyjbe5wcby.jpg
  • 9bbulaufd71i2se5kbj2zxe2szu4bh.jpg

これまで12年間、世界で奮闘する500人以上の人と日本の家族をつないできた『グッと!地球便』。海の向こうの大切な人は今、どこで何をしているのか? 今回は2018年に取材した書画家・田中太山さん(42)を紹介する。アメリカ・ニューヨークで、墨と筆を使って文字を絵のように描く「笑文字(えもじ)」というアートを手掛ける太山さん。「笑顔」をテーマに作品を作る太山さんの根幹には、「毎日笑っていればいいことがある」という小さい頃からの母の教えがあった。実は太山さんは書道も絵も習ったことはなく、すべてが我流。21歳でプロを目指すようになり、似顔絵を描きながら日本全国を放浪した。試行錯誤の末、現在の形にたどり着いた太山さんは、26歳で銀座に自分の画廊を持ち全国各地で個展を開くまでに。しかし35歳の時、このままでは余命1年との宣告が…。予期せぬ病気をきっかけに人生観が変わった太山さんは、売れっ子の地位を捨て、あえて自分のことを誰も知らないアートの本場・ニューヨークで挑戦することを決意する。最初は仕事がなく辛い時期もあったが、ようやく依頼が増え始め、原爆追悼イベントのアート展を任されるという大きな仕事も舞い込んだ。あれから2年。新型コロナウイルスで深刻な状況が続くニューヨークで活動を続ける太山さんが日本のぐっさんとリモート中継をつなぎ、メッセージとして作品を制作する。