次回予告

#54012月22日(日) 10:25~放送
ハワイ・オアフ島
  • jju5fci8vzjofpitynxttelj7888vm.jpg
  • vngliibmr0lloutr51o1z0wpa1p7pt.jpg

ハワイのオアフ島で家具工房を営む家具職人の山内聡さん(35)と日本の家族をつなぐ。家具の聖地・岐阜の飛騨高山で職人として働いていた聡さん。日本育ちのアメリカ人ハーフであるマーシャさんと結婚し、長男の出産を機にハワイに移住した。6年前、2人で小さな家具工房をオープン。モンキーポッドなど材木の自然の風合いをデザインに活かしながら、カスタムオーダーで客の要望に合わせて世界でひとつの家具を作り出している。その美しいデザインとクオリティの高い家具は、個人のみならず飲食店や企業からも注文が殺到。ハワイで3本の指に入る高級リゾートホテルのロビーでも採用されるまでになった。現在は最短でも6カ月待ちという人気だが、開業して2年間は全く仕事がなく、聡さんがアルバイトで稼いだわずかな収入でギリギリの生活をおくっていた。そんな状況を変えるきっかけとなったのが、飛騨高山で磨き上げた職人の技と妻の支え。マーシャさんは聡さんを製作に専念させるため、作ること以外の作業をすべて受け持つことに。さらに、SNSを使って夫の卓越した技術を英語で発信。こうした妻のプロデュースによって埋もれていた聡さんの腕に日が当たり、仕事も軌道に乗り始めたのだった。ハワイに渡り6年。夫婦二人三脚で道を開いた息子へ、両親の想いが届く。