放送内容

6 月 30 日(水)の放送内容

◆まるトクZIP!:「話題のホットプレートレシピ特集」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

エディオン もりのみや店

  • 住所:大阪府大阪市中央区森ノ宮中央2丁目1番30号 セントラルスクエア森ノ宮店2階
    TEL:06-6920-6511
    営業時間:11:00~20:00
    HP:https://search.edion.co.jp/e_store/spot/detail?code=0000011893

BRUNO

  • BRUNO コンパクトホットプレート レッド

    価格:9680円(税込)
    HP:https://idea-onlineshop.jp/BRUNO/

料理家 かめ代。さん

  • ブログ:https://kameyogohan.blog.jp/
    ホットプレート料理 レシピ本
    ・「ホットプレート黄金レシピ」 イカロス出版 かめ代(亀山泰子) 1320円
    ・「ホットプレート黄金レシピ2」 イカロス出版 かめ代(亀山泰子) 1320円

「ペッパーライス」のレシピ(4人前)

  • ① 牛こま切れ肉(300g)は一口大に切ります。
    ② ポリ袋に①、下味の材料《料理酒(大さじ2)、しょうゆ(大さじ2)、すりおろしニンニク(小さじ1)》を入れて揉みこみ、冷蔵庫で15分漬け込みます。
    ③ 熱したホットプレートにサラダ油(大さじ1)をひき、中央にごはん(400g)、その周りに②をのせます。
    ④ ③のごはんの上にコーン(100g)と小ねぎ(大さじ3)をのせ、その上に有塩バター(20g)をのせます。
    ⑤ 牛肉に焼肉のタレ(大さじ3)をかけ、加熱します。牛肉に火が通ったら黒こしょう(適量)をふって完成です。

たこ焼き器で作る「小籠包」のレシピ

  • ① 豚ひき肉(200g)に調味料《醤油(大さじ1)、酒(大さじ1)、ごま油(大さじ1)、生姜チューブ(小さじ1)、オイスターソース(大さじ1)、塩コショウ(適量)》を入れ、混ぜて半日置いておく。
    ② お湯(100ml)、鶏がらスープの素(小さじ1)、ゼラチン(5g)を混ぜて冷ます。冷めたら2~3時間冷蔵庫で冷やし、固める。             
    ③ ②が固まったら細かく刻んでお肉と混ぜる。
    ④ 薄力粉(小さじ1)と水(大さじ2)を混ぜ合わせておく。
    ⑤ 餃子の皮に餡を乗せて④をつけてひだを作りながら包む。
    ⑥ たこ焼き器を温めてサラダ油(適量)をひく。
    ⑦ 小籠包を乗せ、強火で熱し、焼き目が付いたら水(適量)を加え蓋をし弱火で蒸す。
    ⑧ 皮が膨らみ水分がある程度飛んだら完成。
    ⑨ ネギと白ごまをお好みで適量かけたら完成。

「ツナとトマトの簡単煮込みスパゲッティ」のレシピ(4~5人前)

  • ① たまねぎ(1個)は薄切りにする。水菜(1わ)は5cm幅に切る。にんにく(1かけ)はみじん切りにする。
    ホットプレートにオリーブ油(大さじ2)とにんにくを入れて250度で熱し、香りがたったらたまねぎを入れてよく炒める。
    ② ツナ缶(140g)・トマト缶(800g)・しょうゆ(大さじ1)・塩(小さじ1/2)を入れて混ぜ、ホットプレート全体に広げ、2/3程度の量になるまで250度のまま加熱する。
    ※まろやかなオレンジ色に変わったら炒め終わりの合図。
    ④ ③をホットプレートの端に寄せ、中央にお湯(5カップ)の中に塩(小さじ1)を入れたものを入れる。沸騰したらスパゲッティ(400g)を広げて入れ、全体に水分が行きわたるようにほぐす。蓋をして200度にし、6分加熱する。
    ※途中何度かスパゲッティをほぐす。水分がなくなりそうだったら湯を少しずつ足す。
    ※スパゲッティは乾1.6mm、茹で時間7分のものを使用して下さい。
    ⑤ 水菜を入れて蓋をし、さらに1分加熱する。
    ⑥ 味を見てスパゲッティが好みの固さになったら保温にし、全体を混ぜて塩(適量)とコショウ(適量)で味を調え、粉チーズ(適量)をかける。生の水菜を散らしても美味しい。

「くるくるダブルチョコバナナクレープ」のレシピ(2本分)

  • かめ代。さん公式ブログでも紹介中:https://kameyogohan.blog.jp/archives/37126954.html
    ① 薄力粉(40g)とココアパウダー(大さじ1)をふるっておく。
    ② ボウルに卵(1個)と砂糖(10g)を入れて泡立て器でよく混ぜ、牛乳(1/2カップ)・薄力粉とココアパウダー・溶かしバター(10g)も入れてよく混ぜて生地をつくり冷蔵庫で30分以上寝かせておく。
    ③ バナナをまっすぐにする。
    ※バナナの皮をむき、サランラップで包んで・・・Uの字になるように置く。
    中央に手を置き、親指は上に向かって、他の指は下に向かって。
    中央から端に向かって手を移動させながら、優しく少しずつ押しながらまっすぐにする。
    ③ お使いのホットプレートに合わせて(縦の長さの半分)両端をカットする。
    ④ すべての準備を完了してから、ホットプレートを予熱してはじめてください。
    ⑤ ホットプレートを140度で熱して、ペーパータオルで全体に薄く油(分量外)をなじませる。生地を流し入れて全体に広げ、蓋をして電源を切り1分ほどおく。
    ※しっかりと予熱してからはじめてください。
    ⑦ 耐熱のヘラで生地の真ん中に端から端まで横に切り込みを入れ、板チョコ(1枚)を切り込みの向こうと手前に横に2列ずつ並べる。蓋をして1分ほどおき、チョコを溶かす。 
    ⑧生地の右端にバナナ(1本)を置き、生地をへら等でプレートから少しはがしてバナナに巻き付けてくるくる端まで巻いていく。残りも同様に。
    ※一般的な4~5人分の平面プレート(約 幅50.5cm × 奥行31.0cm × 深さ2.1cm)のホットプレートを使用しています。ホットプレートの大きさにより生地の量は加減してください。
    ※チョコを並べる時は、上下や巻き終わりの部分はあけて置いてください。チョコがはみ出ずにきれいに仕上がります。
    ※巻き始めは生地がはがれにくいので、大人の方がヘラではがしてバナナに少し巻きつけてあげてください。最初がまけるとあとはコロコロと手で巻けます。
    ※火傷しないよう、プレートはさわらないよう注意してください。お子さまが調理するときはきれいな軍手等をはめてくださいね。