防災への取り組み

防災特集 かんさい情報ネットten.
2021年8月放送

読売テレビでは、近い将来起きるとされる南海トラフ巨大地震や 近年、大きな被害をもたらしている水害について、いざという時にいち早く情報を伝えることができるように設備を整えたり、訓練を行ったりしているほか、平時にも、ニュース番組などを通じて、防災情報を発信するよう努めています。

ytv news アイコン
YouTubeチャンネル「読売テレビニュース」でご覧いただけます
https://www.youtube.com/channel/UCv7_krlrre3GQi79d4guxHQ

地震を学ぶ

近畿エリアに大きな被害をもたらすと考えられているのは南海トラフ巨大地震
や、阪神・淡路大震災のような都市直下型地震です。
それらの地震について知っておきましょう。

南海トラフ巨大地震サムネイル

いつ起きてもおかしくないと言われる 南海トラフ巨大地震。広い範囲にわたって、大きな揺れと東日本大震災のような巨大津波に襲われると想定されています。国や自治体の想定に基づいて制作したVTRで見てみましょう

阪神・淡路大震災サムネイル

南海トラフ巨大地震が近づいてくると、内陸でも地震が起きやすくなるといわれています。都市の直下で地震が起きると、どういった被害がでるのでしょうか?阪神・淡路大震災の映像を見てみましょう。

読売テレビでは、1997年、神戸市教育委員会と協力し、小中学生向け防災教材「しあわせはこぼう」のDVDを制作。
また、2013年には、台風や火山噴火など様々な災害を扱った防災教材「勇気をもって 災害を知り、いのちを守る」を制作し、全国の学校に寄贈しました。

水害を学ぶ

津波のように泥水が襲い、街や生活を一瞬にして飲み込む風水害は年々激しさを増しています。自分と大切な人の命を守るために水害にどう備えればよいか
知っておきましょう。

河川や地域の特性を解説

災害の危険性が高まる際にYTV報道局「災害班」が取材・分析している各河川や周辺地域の特性と最新情報に基づく避難呼びかけなどを放送・配信します。
関西2府4県には8水系あります。

■新宮川水系■
奈良・吉野郡から和歌山を貫き熊野灘へと流れ出る
■紀の川水系■
奈良・大台ヶ原を水源とし、奈良・和歌山を貫き紀伊水道へと流れ出る
■淀川水系■
琵琶湖から大阪湾へと流れ、淀川に桂川と木津川が大阪・京都の県境付近で合流
流域は6府県にまたがる(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・三重)
■大和川水系■
奈良の笠置山地に水源があり放射状に流れる河川と合流しながら奈良盆地を西へ大阪平野をさらに西に流れ大阪湾に注ぐ
■ 円山川水系■
兵庫・朝来市から養父市・豊岡市を経て日本海に注ぐ
過去、豊岡市街地や出石川沿いで氾濫発生
■加古川水系■
兵庫・丹波市を源に万願寺川など118河川を集めながら播磨灘へ注ぐ県下最大の河川
過去、闘龍灘など加東市で氾濫発生
■揖保川水系■
兵庫・宍粟市からたつの市、姫路市などを経て瀬戸内海に注ぐ
過去、たつの市や宍粟市で浸水被害発生
■由良川水系■
京都・滋賀・福井の県境「三国岳(みくにだけ)」から日本海へと流れ出る
過去、福知山市や舞鶴市で氾濫発生

川の防災情報ホームページで、お住いの地域の状況を確認しましょう。
https://www.river.go.jp/index

読売テレビの備え

読売テレビ社屋

読売テレビは、2019年8月、大阪市中央区の新社屋に移転しました。
新しい社屋は、免震機能と制振機能を備えた「ハイブリッド免震」と呼ばれる構造で、大災害の時にも、被害を最小限にし、放送を継続できるよう努めています。

国交省近畿地方整備局・大阪管区気象台・Yahoo! JAPANとの連携

命を守る行動を迅速・正確・分かりやすく呼びかけるため「川の防災情報ホームページ」「ライブカメラ」をともに構築、勉強会を定期的に実施しています。

国土交通省近畿地方整備局との連携イメージ
国土交通省近畿地方整備局との連携イメージ
国土交通省近畿地方整備局との連携イメージ
国土交通省近畿地方整備局との連携イメージ

水害対応訓練

構築したシステムを活かして、命を守る行動につなげる放送・配信の訓練を定期的に実施しています。

水害対応シミュレーション

阪神・淡路大震災サムネイル

水害対応訓練

水害対応訓練イメージ
水害対応訓練イメージ
水害対応訓練イメージ
水害対応訓練イメージ

地震対応訓練

南海トラフ巨大地震などの「海溝型」、大阪北部地震や阪神・淡路大震災などの「直下型」の対応訓練を随時実施し、迅速・正確な情報発信ができる体制を整えています。2020年10月から運用が始まった「南海トラフ地震臨時情報」の発表を想定した初動訓練も始めました。

地震対応訓練イメージ
地震対応訓練イメージ
地震対応訓練イメージ
地震対応訓練イメージ

防災番組アーカイブ

これまでに、防災・減災の重要性を訴える様々な番組を制作・放送しています。

防災番組アーカイブサムネイル
防災番組アーカイブサムネイル
防災番組アーカイブサムネイル

2014年3月8日放送『開局55年記念番組 ミヤネと学ぶ!南海トラフ超巨大地震 極限の選択マグニチュード9.1を生き延びろ!』が日本民間放送連盟賞 テレビ教養番組部門 優秀賞を受賞しました。

データ放送での自動表示

お住まいの地域に避難情報(警戒レベル4以上)・特別警報が発表されたらテレビ画面に「自動表示」を行い、いち早くお知らせしています。

トップへ戻る
Copyright © YOMIURI TELECASTING CORPORATION. All rights reserved.