ピックアップ-PICKUP-

VTR企画で紹介した情報を掲載しています。

あさパラ!×ルックJTB特別企画
美ウィーンとチェコっと麗しの中欧7日間

2019年11月16日放送

あさパラ!×ルックJTB恒例の超お得な海外ツアー!
今回ハイヒールが向かったのは、ヨーロッパの中央に位置する「オーストリア」と「チェコ」。
中世の面影を残す美しい世界遺産の街並みやその歴史に彩られた芸術・文化を体感しに、
世界中から観光客が訪れる人気の国々です!

お問い合わせ

  • JTB西日本 旅の予約センター TEL:0570-074-489 年中無休 9:00~20:30

または、お近くのJTBグループ各店・JTB総合提携店・JTB商品取扱店へ
※詳細はルックJTBホームページをご覧ください。ホームページはコチラ

今回あさパラ!で紹介したツアー内容

あさパラ!×ルックJTB特別企画

中欧7日間 超お得ツアー!
添乗員がご案内する 美ウィーンとチェコっと麗しの中欧7日間

基本旅行代金 おひとり様(2名1室利用)

149,900円~
179,900円

■燃油サーチャージ込み
※空港税等(国内空港施設使用料等、国際観光旅客税および海外空港諸税)が必要となります

【出発日 ※出発日追加】
2020年
1月23日(木)・24日(金)・27日(月)・30日(木)
2月 1日(土)・ 3日(月)・ 6日(木)・10日(月)・13日(木)・20日(木)・28日(金)
3月 3日(火)・ 5日(木)・ 8日(日)・13日(金)・16日(月)・20日(金)・23日(月)

  • ※2名1室利用/エコノミークラス席/おとな・こども同額
  • ※往復ルフトハンザ ドイツ航空利用(ただし3/3.3/5発の往路、3/8.3/16発の往復はスイス インターナショナル エアラインズ 利用)
  • ※往復の日本発着便は並び席をご用意!
  • ※全出発日2名様より出発保証
  • ※食事:朝食5回・昼食3回・夕食3回

今回のツアーの豪華特典&注目ポイント

  • 2日目、「ウィーン」の人気観光地「シェーンブルン宮殿」に入場し、約20室を巡るインペリアルツアー 付き!
  • 2日目、世界遺産の「ウィーン歴史地区」を現地ガイドの案内付きで徒歩観光!
  • 3日目、音楽の都「ザルツブルク」で、「ゲトライデ通り」「モーツァルトの生家」を観光!
  • 4日目、“中欧の至宝”“世界で最も美しい街”と称される「チェスキー・クルムロフ」観光も!
  • 4日目の夕食には、チェコ「プラハ」で恒例のあさパラ!限定特別メニューをご用意!
  • チェコを代表するお土産「ボヘミアグラス」製の人気の爪やすりをプレゼント!(お1人様1本)
  • 安心の添乗員同行!出発地の関空から添乗員が同行します!

今回のロケで訪れた場所

(※一部、ツアー内容に含まれない場所もあります。)

プラハ(チェコ)

中世の面影が濃い美しい街・チェコの首都「プラハ」。
レンガ色の屋根が一面に広がり、街全体が世界文化遺産に登録されている景観は圧巻です。

・カレル橋

プラハ最古の石造りの橋で、ザビエルをはじめとした30体の聖人像が並びます。
彫像の多くは17~18世紀に設置されたもので、歴史的に有名な聖人や英雄がモデルとなっています。

・プラハ城

世界最大規模のお城で、その建設が始まったのは、なんと9世紀!数百年かけて完成しました。
一般的なお城とは違い、敷地内に教会や王宮などさまざまな建物が集まった複合体なので、 観光スポットが目白押し!プラハ城内の聖ヴィート大聖堂では、チェコを代表するアーティスト「ミュシャ」のステンドグラスを見ることができます!

・旧市街

14世紀~19世紀の歴史的建造物が立ち並び、カフェやショップが多く、見所満載!
チェコの伝統的なお菓子「トゥルデルニーク」などのスイーツや、国民的飲料のビールも楽しむことができます。

・レストラン「プルゼンスカー・レストウラツェ」 

当ツアーでは、チェコ名物「グラーシュ(ビーフシチュー)」や、「ポーク・シュニッツェル(カツレツ)」、内陸の国チェコの絶品川魚料理「カワカマスのグリル」の3つの中から1つ、メイン料理が選べます!さらに、スイーツは3種類の盛り合わせ!ボリュームもたっぷりの『あさパラ!限定特別メニュー』をご堪能下さい!
(なお、3月20日発のツアーは、同建物内の別レストランにて同メニュー)

チェスキー・クルムロフ(チェコ)

チェコ・ボヘミア地方の深い森に囲まれ、ブルタヴァ(モルダウ)川に抱かれたように息づく街。お城を中心に、中世の街並みが広がっています。「世界で一番美しい街」のキャッチコピーでも人気急上昇中!

・ブルタヴァ(モルダウ)川

チェスキー・クルムロフの街を穏やかに流れる、ブルタヴァ(モルダウ)川。
この川とオレンジ屋根の家々、そして丘に建つ城・まるで絵本の世界の様な景色が広がります。夏場は船で下りながら楽しんでみると、また違った絶景が!

ザルツブルク(オーストリア)

モーツァルト生誕の地で、まさに“音楽の都”。旧市街「ゲトライデ通り」沿いに建つ「モーツァルトの生家」や、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の撮影地巡りなどで観光客が賑わいます!

・ゲトライデ通り

アルプスの山々に囲まれたザルツブルクのメインストリート。
通り沿いのお店はそれぞれ可愛い看板を掲げているため、どこを切り取っても“映えスポット”!

・モーツァルトの生家

ゲトライデ通りの中心にある、「モーツァルト」が生まれたとされる生家!
天才音楽家・モーツァルトが幼少期を過ごした部屋が展示室になっており、当時愛用していた楽器も見学できます!

・カフェ コンディトライ フュルスト

オーストリアの有名なお土産の一つ「モーツァルト・クーゲル」。このカフェは「モーツァルト・クーゲル発祥のお店」で、1890年頃から変わらない味を楽しむことができます!

・ミラベル宮殿の庭園

17世紀に大司教ヴォルフ・ディートリヒが自身の愛人を驚かせるために建設されたといわれる宮殿。
映画「サウンド・オブ・ミュージック」の“ドレミの歌”歌唱シーンはこの庭園で撮影されました!

ウィーン(オーストリア)

中世以来、ヨーロッパで強大な権力を誇った「ハプスブルク家」が暮らした帝都で、現在も宮廷文化の名残を感じさせ、優雅な雰囲気が残る、中欧文化の中心地。

・シュテファン大聖堂

ウィーンの象徴的な建造物で、モーツァルトの婚礼と葬儀が行われたといわれている。
モザイク柄でデザインされた屋根にはオーストリアの国章や、ハプスブルク家の象徴「双頭の鷲」が!

・フンデルトヴァッサーハウス

画家「フンデルトヴァッサー」がデザインした、まるでおとぎ話の世界の様な個性的な建造物で、現在は住居に。 この建物の真正面には、お土産物店も。実は、フンデルトヴァッサー、大阪・舞洲にある派手なゴミ処理場も、設計した人!

・カフェ・ザッハー・ウィーン

オーストリアで最も有名な5つ星ホテル「ホテル・ザッハ―」にあるカフェで、 世界に誇るチョコレートケーキの王様「ザッハートルテ」発祥のお店!

・シェーンブルン宮殿

マリア・テレジアン・イエローの外観が美しいハプスブルク家の夏の離宮。
この宮殿内には、なんと1441室もの部屋が!マリア・テレジアやエリザベート、歴代皇帝たちが暮らした居住空間があり、ハプルブルク家の暮らしぶりを知ることができます。(公開している部屋は約40室)

一覧はこちら⇒

ホームページ上に掲載された番組に関わる全ての情報は放送日現在のものです。
あらかじめご了承ください。