テーマトーク

ytvアナがテーマについて
ゆるっと語ります。

メインイメージ

一体どんな子?新人・佐藤佳奈アナを大解剖!先輩たちから明かされる意外過ぎる素顔とは?

萩原章嘉森若佐紀子吉田奈央佐藤佳奈

2019年7月18日

今年の新人・佐藤佳奈アナがテーマトークに初登場!今回は、そんな佐藤アナの真の姿に迫るべく、先輩たちが意外なエピソードを暴露します!一人で焼き肉?実はおばけ好き?その体格でそのスポーツを!?意外なエピソードが満載です。

【萩原】佐藤はアナウンス部に来る前と後の印象が違うと思わない?採用試験の時は、リポートもしっかり時間内に収めるし、すごくしっかりしたイメージで。でも、入社してから全くアナウンス部に顔を見せないもんだから、「本当に読売テレビに来たかったのかな?」と思ったよ(笑)

【佐藤】すみません!もちろん、すごく来たかった場所です!でも、「ご挨拶は正式な配属後でいい」と聞いたので…。

【森若】いきなりお説教から入ります!?(笑)

【萩原】いやいや、僕は心配だったんだよ~。だって、千葉県出身で関西に縁もゆかりもないから「後悔してないかな?」と思って。

【佐藤】全然寂しくないです!先日は仕事の後に一人でラーメン屋さんでビールを飲みながら夕飯を食べました。お寿司や焼き肉も一人で平気なんです!

イメージ

【森若】それはすごいね!じゃあ、出身地・千葉県と言えば?

【佐藤】東京ディズニーランドです!あとは、梨が有名なんです。出身地の市川市には江戸川があって、『江戸川区花火大会』を間近で見られるのが自慢です!

【吉田】あの花火大会は有名だよね。あと、ホラーが好きだと聞いてビックリしたんだけど。

【森若】そうそう、「怖い話をしたら、夜に一人でお風呂に入るの怖くない?」って聞いたら、楽しいって言ってなかった?

【佐藤】はい!“シャンプーをしている時に、後ろに誰かいるかもしれない、コワっ!”って考えるのが楽しいんです(笑)

【吉田】すごいですよね?この雰囲気とギャップがあり過ぎる!(笑)

【森若】確かに。小柄だしほわんとしてそうだけど、しっかりしてるよね。

イメージ

【萩原】うん、物怖じしないのは採用試験の時から分かってたよ。研修中でも、分からないことがあればふっと話に入ってきて聞けるのは大したもの。「分からない」ときちんと言えることは大事なことだからね。

【吉田】しかも、『ギューン!』のロケで先輩が食べていたゲテ物を、わざわざ休みの日に食べに行ってたよね?

【佐藤】はい。コオロギは思っていたよりカラっとしていて美味しかったんですけど、サソリはちょっと苦手でした(笑)

【吉田】番組でどんな企画がきても驚かなさそうですね(笑)。じゃあアナウンス部に入る前と入った後でアナウンス部の印象は変わった?

【佐藤】入る前は厳しくて気軽に話しかけられる空気ではないと思ってました。でも実際は先輩方が気さくに話しかけてくださるので、少し人見知りだったんですけど最近はよく話せるようになりました。

イメージ

【萩原】いま初鳴き(※)に向けて研修中なんだけど、かなり努力家。「ここにマイクがあれば、もう任せられるかもしれない」と思えるような感じだよ。ここ10年で一番、一生懸命自主練習をしている新人です!

【森若】以前からコツコツ努力するタイプなの?

イメージ

【佐藤】ずっとスポーツをしてきたので、自主練習をやるのは好きな方です。中学ではバスケットボール、高校3年間はサッカーのゴールキーパーをしていました。(※写真参照)
あと、大学で3年間、東京ドームでビールの売り子のアルバイトをしていました。ダンスサークルにも入っていて、アイドルのダンスのコピーをしていたんです。全国大会で優勝を目指していたんですけど、3位でした。

【吉田】いろいろと熱中していたんだね!じゃあ最後に、いま困っていることや聞いておきたいことはある?

【佐藤】いつもカジュアルな服装なので、アナウンサーらしい服を持っていないことに焦りを感じています。

【吉田】服は困るよね。自前の服でテレビに出ることが多いから、先輩の色と被らないように気を付けて選ぶと、私も新人の時はカラフルな服が多かったなぁ。

【佐藤】いつもジーンズとTシャツが多いので、そろそろ買わないとだめですね。また教えてください!

【萩原】カジュアルな服装も似合ってるし良いんだけどね。なにはともあれ、無事にアナウンス部に来てもらえて良かったです!(笑)。もうすぐデビューの初鳴き。頑張ってね!

【佐藤】はい、頑張ります!


※「初鳴き」とは新人アナウンサーが放送で初めてニュースを読むことです。インタビューは初鳴き(7月13日)以前に実施しました。

  • イメージ

バックナンバー