夢色パティシエール読売テレビ・日本テレビ系 毎週日曜日 朝7:00〜7:30放送
#54

「マリーズ・ガーデン 〜チャンスロスと廃棄ロス〜」

2010年10月24日(日)7:00〜7:30
バックナンバーリストへ

順調に進んでいたはずの安堂のお店が閉店の危機にある事を知ったいちごたち。友達として何か力になれる事はないかと考えるいちごだが、今は他人の心配までしている余裕はないと樫野とジョニーから厳しく言われ、大人しく仕込みを始める事に。そして、前回の失敗から今度はバリエーションを増やそうと遅くまで作業をしていたいちごの元に、突然キャラメルが泣きながら飛び込んできて、安堂が倒れた事を知らせる。おかげで大事には至らなかったものの、間違いに気付かずに焦る一方の安堂をジョニーが痛烈に批判。一人安堂を気遣ういちごだったが、そこへやってきた安堂の祖父・万吉もジョニーたちと同じ意見だった。自分一人の力で問題を解決しようとするあまり、一緒にお店を支えてきたかなこ達の心遣いまで邪険にする安堂に、万吉はお店を閉めろと言い放ち、店から出て行ってしまう。その後、自分たちのお店へと戻ったいちごたちだが、スイーツのバリエーションを増やしても状況は何も変わらず、やはり売れ残るばかり。しかし、安堂の失敗がいちごにある事を気付かせてくれる。

監修 / 青木定治(パティスリー・サダハル・アオキ・パリ  オーナーシェフ) 協力 / 社団法人 日本洋菓子協会連合会 (C)松本夏実 / 集英社・夢色パティシエール製作委員会 2009