夢色パティシエール読売テレビ・日本テレビ系 毎週日曜日 朝7:00〜7:30放送
#39

「消えたレシピ」

2010年7月4日(日)7:00〜7:30
バックナンバーリストへ

僅差で『チーム天王寺』に敗れたものの、いちごたちはその実力を認められ、パリで行われる世界ケーキグランプリに、日本校のBチームとして出場できる事になった。
その為にも、まずは保護者の同意を貰う必要があり、準備も兼ねて各々実家に帰るいちごたち。しかし、両親からいまだパティシエになる夢を反対されている樫野は、サインを貰おうにも仕事が忙しいという理由で会う時間さえ作って貰えない。
一方、天野家では、普段は誰よりもいちごの帰りを喜ぶ父親のしげるが浮かない顔。家の中では溜息をついてはどこか寂しげで、買い物に出掛けても気の無い返事ばかり。
見かねた母親の杏子がしげるを呼び出して問い詰めると、しげるはドジないちごが心配でパリ行きには反対だと本音を漏らす。そんな二人の会話を、偶然にもいちごが聞いてしまうのだった。パリへ行くのは諦められないが、父親の気持ちを放っておくわけにもいかないと考えるいちご。
そんなとき、ヒカル伯父さんが家を訪ねて来る。いちごのパリ行きを祝いに来たヒカルは、おばあちゃんが映っている一本のビデオテープを見せてくれる。

監修 / 青木定治(パティスリー・サダハル・アオキ・パリ  オーナーシェフ) 協力 / 社団法人 日本洋菓子協会連合会 (C)松本夏実 / 集英社・夢色パティシエール製作委員会 2009